一歩外に出たら 1

IMG_5335.jpg

冬休みですね。体調が悪くて寝込んでいるのでおとなしく、「学力」の経済学を読んでおります。

気になったのは、
『勉強は本当にそんなに大切なのか?』という章の非認知能力について。

詳細は割愛させていただいて、様々な実験からわかっていることをあげると、
学力テストでは測れない非認知能力が、人生の成功において極めて重要であること。
おそらく、学校は非認知能力を培う場所であること。
ということが米国の調査結果でいえることだそうです。
本をお読みください、実験の詳細を読んだ方が納得がいきます。

非認知能力とは・・・11n.jpg
◎目標を達成するための「忍耐力」「自己抑制」「目標への情熱」
◎他者と協力するための「社会性」「敬意」「思いやり」
◎情動を抑制するための「自尊心」「楽観性」「自信」

つまり、やり抜く力がある。自信がある、やる気がある。粘り強い、根気がある。意志が強い。自分の状況を把握する。自制心がある。リーダーシップがある。社会性がある。すぐに立ち直る。うまく対応する。工夫する。好奇心が旺盛。協調性がある。誠実。というスキルのことで、要するに文科省のいう≪生きる力≫に繋がるのだそうです。

1歩学校の外に出たら、学力以外の能力が圧倒的に大切なことは、社会人ならみな感じていることで、上のような力を振り絞って、みな切磋琢磨して生きているはず。そこを鍛える子育てが、子どもの人生の成功につながるという話に大納得でした。

(雑にまとめたなぁ・・・)
スポンサーサイト

ふぇあげーべん

Chance geben IMG_4769.jpg

Vergebenというのは、ドイツ語で、日本語に訳すと 「許す」「赦す」と使うのが一般的です。
深く考えるとなかなか、難しいことで、人生の中での多々あるテーマの1つなのかもしれません。

  Fruehstueck  IMG_4650.jpg  


        意外にも難しいのは、自分を赦すこと。

        人を許せない というのも、難しいのですが、
        もっと難しいのは自分を許すこと。

        怒りを手放しなさい・・・  というフレーズによくいきつくのですが
        私が思うに、感覚的に難しい。なので、
        「私には、弱ってもいい権利がある。」
        「私は、そのまんまでも、愛される人間である。」     
        と、無理やり自分に言う必要があるのかな。 
    
        まず、自分が自分を愛すことができれば、他人を許容できるのかな。

        最近、ドイツ人の女性友人とこれを話していて、最後には
        「私はあなたが好き」と言い合ってお互いの自尊心の低さを
        実感しながら、笑いました。変な関係ではありませんが。。。
        

   

春鬱

春は鬱病患者が増えるそう。ドイツ語ではFruelingsmuedigkeitなんて言う。
わたしの低いテンションがもっと低くなっているような気がする・・・ 家に篭るとやばいかも。
 IMG_4750.jpg    IMG_4749.jpg
アイスの季節?   肌寒くてもブランケットをかぶって外カフェ。ビタミンD不足。 

       IMG_4755.jpg
甲状腺機能障害や、気象の関係で血液循環が悪くなったり、それに伴って疲れや困憊、

       IMG_4767.jpg
体の調子自体が優れないので、仕方ないこともあるそう。病気ではなく現象といったほうがいいかもしれないのだそうです。日本ではこれに加えて新学期や新環境、移動、転勤、ストレスが多いのかも。ドイツはその点ストレスが少ないと思いきや、やはり月間自殺率は高いのだとか。不思議。それでも予想外だそうですが、精力は衰えないことも調べられており、2-4月生まれの子供は、他の月出生数平均よりも10%増だそう。人間は不思議な生き物だ。    

       IMG_4762.jpg
この時期にライン川下りのスイス客船が停泊中。この時期にドイツ旅行するのだから、オプティミストだな~それとも安かったのかな~なんて思う。だって太陽はほとんど無いぞ。豪華客船なので安いことはないんだろうな。ライン川下りは私自身、魅力には感じないのですが、それでも、ローレライを通過するときはさすがに感慨深いかな。揚子江下りの方が感動したな~、「三国志」は、ルーツを感じるかも。「いつかナイル川下りをしたい!!」「ドイツ生まれはそうきたか・・・」

れーげん

うちの猫ちゃんたちは、窓に鼻や肉球をくっつけて、雀TVを観るのです。なので、窓の内側もたっぷり汚れるので、窓拭きをしたのですが、今日は雨・・・がびん。
IMG_20160327_121607.jpg  鴨のぬいぐるみが最近のお友達。DSC_0352.jpg 


昨日は、大掃除。ドイツではにやるのが慣例なのです。理にかなっていますよね。一冬越すととんでもなく汚くなる家の外周。なんなんでしょう。庭石や門塀などの苔や、黒ずみ、窓の汚れ様もひどい。年末にやらず(いや・・寒すぎて動く気にもなれない真冬)、なんとなく汚れたまま年を越すシミッタレ感があったのですが、郷に入ったら・・でしょうか。春に穢れを洗い流すという感じも悪くない。

あと、この時期、洗車場のデラックスバージョン洗車がセールになる。約1500円ほどになった時を狙い、洗車するのも慣例。下もしっかり洗っておかなければ、冬に撒かれた凍結防止の塩が、車を錆びさせるからなのです。


    5 (9) 5 (18)
       最近、味覚がもどって来たのか、美味しいと感じるようになった。
       魚ばっかり食べているんだけれど、ノルウェーの鮭は脂がのってますな・・・

RUさん コメントをありがとうございます。嬉しかったです。どうぞよいイースターを

日々の暮らし


               
   暮れにPCが 故障してしまいました。
   猫ちゃんの大運動会で体当たりされ机下へ落下。 ぶびび・・・っとモニターが。

   やっと買ったのが、タブレットにもなるノートパソコン。時代はタブレット? 
   
    感想: いまいち使い勝手が・・・・。  
    自分への批評:安物買いの銭失い

   ゲーマーでもないし、動画ファンでもないし、サーファーでも無いのに
   タブレットは不要だったのでは?  これじゃ仕事できないのね。
   自分でもわかっちゃいるけれど、欲しくなったのさ・・・。
   要らなかった要らなかった・・・ひたすら反省。
         
   電気通信機器 というものに 乗り遅れてはいかん!
   と、焦ってしまったのです。 見回したらみ~んな持ってる。

   私が渡航して来た頃のヨーロッパのPC環境はひどかった~と
   話して優越感に浸っていた私ですが、(いや~ひどかった
   そろそろ20年近く昔の話になってくると、誰も相手にゃしない。
   ましてやちょっと前までオシメして泣いてた息子にレクチャーを受けてる現実。
   「母ちゃん、DOSわかるで~!」とわけわからん誇示なんて試みる。

   携帯電話やタブレットを眺めながら会話する家庭にだけは、したくない。
   でも子供たちは、普通にネット内容について会話するというのが交友に
   なっている。それどころかYOUTUBERだとか、夢の職種も登場。
   馴染めませんなぁ。私は古い人なのでしょうか。

   今日はオチもないので、この辺で。
   

                              



イタダキマシタ。IMG_20151030_061646.jpg

におい


  他愛無い話  (心が疲れたら・・・・・・)

  ミラノ万博モロッコパビリオンで  IMG_3147.jpg

 大人になってから、すこーしだけ 気にしている 嗅覚の存在。

 「かたつむりの匂いがする。」と言った私に友人が笑い転げたことがある。
 雨の降り始めの匂いなのですが、かたつむりを見た登下校を思い出しただけ。
 陽だまりの匂い、箪笥の防臭剤の匂い、本の匂い、
 大好きだったおばあちゃんちの匂い。

 この間はドイツの叔母がクリスマスのハーブ香に目をトロンとさせていた。
 三つ子の魂 百までなんだなあ・・・
 ドイツにいても、私にはまだ異国の匂いがする。
 憧れていたパリは案外 匂いではなく臭いだったし。
 
 心が疲れたら、嗅覚をほぐすのも悪くないかも。
 自分が心地よくなる匂いというのが発見できたらいいかもなと思う。
 ついでに家族の情緒も匂いで少しマニピュリーレン(操る)できると最高。
 いや先ずは自分が臭くならないように努めなきゃならないか・・・・きゃ~。  
 
images (2) Inhalierstift Wick いんはりあーしゅてぃふと(吸引スティック)
       
       ちなみに これは私の必需品。リップスティックの鼻バージョン。
       偏頭痛、鼻づまり、新しい空気に敏感な人、アレルギー持ち
       気分も変わるし、夜中の車の運転にも気持ち・・役に立つ。
       鼻粘膜の弱い人の気だるさの気分転換という感じでしょうか。
       全て義母の情報。ありがたや~~~   

さきました



      ドイツでいろんなところで咲いている。
      可憐なチューリップ
    
      IMG_2689.jpg

     ちょっと 目新しい球根を植えてみた。
      白い中に緑の筋 

   IMG_2695.jpg

     ヒラヒラがいい。これ、立派に大輪で咲きました。
     

   IMG_2696.jpg


     実際は中が黒くてちょっとワイルドな感じ。
     写真になると、やっぱり可愛い。   

     冬に穴を掘るのが億劫で、横着して
     小さいところに所狭しと寄せ植えしてしまいました。
     大雑把というのがバレバレです。 
     
       IMG_2692.jpg
      垣根の刈り込み作業をしています。インドア娘が
      初めはどうしてこんなこと・・・・と泣いたけれど、 
      何でもやり出すと結構楽しくなる。楽な性格でよかった。
      今年はラディカルな刈り込みでご近所に大好評。
      ってか、みんな監視してんのねーー

 
      田舎暮らしで慣れたけれど慣れないこと・・・
      庭に出て3時間のうち、2時間はお喋り。
      誰かが通りがかりに何か喋っていく。
      冬眠から覚めた動物のようなんだな。  

 

ぱぱのおなか


男性も40代で体質が変わってくると聞くが、夫の嗜好も変わってきたらしい。

IMG_2376.jpg

ニッカのオールモルトは美味しかった様です、もうちょっと稼いだら、もっといいやつ買ってもいいよ。手作りの食後酒をプレゼントしあうドイツ人、ボトルコーナーにはアルコール度の高いものがずらずら・・・・

ういーーーっく IMG_2385.jpg

ビールは飲むのでやっぱりビール腹なんだけれど、ビールは冷えるし、夜中のトイレが近いし、量が飲めなくなってきた・・なんて健康オタク夫。友人らに薦められて飲みだしたウイスキーにはまったそう。お気に入りはアイリッシュ・ジェイミーソン。


あんだるしあ


コンサートに行ってきました。スペインクラッシックギタリスト
Stephen Marchiondaさん。

この曲以外にもクラッシック風優しいフラメンコ曲を演奏。
フラメンコギターと聞いて、汗かくような激しいものかと思っていたら
繊細なフラメンコ。この寒空でアンダルシアは無いもんなー
ドイツの観客に合っていた。こう聴くと、アラビアの響きが素敵。
日常で聴くアラビア曲はトルコ人の若者の携帯の着信だからねー

そして歌ったのは この方。マイクで歌ったのが残念だったけれど
大きなホールで仕方が無いか・・・。アンコール曲だけマイク無しで
歌ってくれた。オレ!とか掛け声無しでごめんね・・・
田舎のおじーちゃんおばーちゃんばかり。ノリ悪いのよね。


Roció Marquezさん。

個人的に演歌は苦手だけれど、モル・短調の曲は嫌いじゃない。
この方が歌うのを聴いているとその土地の心を感じる。
全身全霊で歌う姿が綺麗でした。情熱だなぁ~
スペインに生まれていたら、私の憧れのフランスの隣国だとしても
そこから外国にはでていなかったかも・・・とか思わせる音楽でした。

ここでも

 寒い時はすぅーぷ IMG_2131.jpg



 定例会議って、時々 意味ないよ・・・
   上司の講演会、女性上司の感情ウサ晴らし場・・・
   はああ~~。 

 だからって、誰彼構わずキレちゃダメだよ・・・
   顔 怖いってば。 


年功序列もあるし、イジメもある。語弊はあるけれど、陰湿さもたっぷりあるし、(オープンさもたっぷりあるけれど)、ここは何処?位のサービス残業だってあるしーーー。協調性とか無いから肘鉄食らわしながら「オレオレ」もすごい。ここだってストレス社会、大変なのだ。

不平不満の度合いは、懐の潤い具合によるのかなとも思う。
人間最後は、金かぁ・・・  虚しいな。

ブロキュパイ(資本主義社会への反対団体)が、デモをしましたが、
警察署を襲ったり?! デモ衝突というよりは、暴動。
こうなってしまうと主張がぶれる。

アメリカからドイツへ駐在に来た知人が一言
「ドイツ人って、こんなに動物的だったんですね、知らなかったぁ。」

的なんですね。  に座布団10枚

そろそろ外へ、いや凍ってる

     なんとなく最近、お店の広告は「春」「庭仕事」空気。
     いやいやいや、地面は凍っておりますぞ・・・
     寒冷地ならではの草花があります。
     カンパニュラ   乙女桔梗    

    IMG_2157.jpg

     ずーっと欲しかったこの可憐な花。
     シャル子ちゃんも気に入ったか、鉢の横にゴロリン。
     この種は、日独共に ホワイトワンダーと言うのだそう。
     寒い国だから、地植えでもいけるそう。おー
     日は当たるけれど、夏も暑くならないんだけど・・・     
     庭は、まだまだ工事中

  IMG_2062.jpg

      こっちも桔梗の仲間。
      これも「地植えいけるんじゃない?」と隣人のアドバイス。
      庭の草花を南仏風?とか北欧風?とか空想しているけれど
      庭は、まだまだ何も植えられない・・・工事中
      

はるちかし

  00000000_20150223202034883.jpg
        みぞれ雪、宇治金時、小豆金時・・・

  00000000a_20150223202036483.jpg
               すくっと  な

  00000000c_20150223202039273.jpg
               にょきっと  な  

  00000000d_20150223202040921.jpg
       陽だまりのクリストローズはもう1月から咲いてる

 湿気た寒さは、めっちゃ寒いんです。体の芯から冷える寒さ。
 ずーーっと外に出ていない(車や電車に飛び乗る)暮らしで
 まだまだ母の冬眠は続きます。

 

しゅうとめ/町の様子

姑の話になると、日本では「嫁」が対立関係にあるのが普通。

ドイツでは、姑問題の対立関係に来るのは、男性。

ドイツで、姑ジョークはいくつもある。
で・・笑えない。 オチは早くあちらへいって欲しいというものばかり。
これをブラックジョークと言うと「寛容じゃないな~」と反撃してくる。
なので「貧相な言葉力ですね」と上から目線で窘めることにしている。
するとキュインと黙る大男たち。こういうのが男女関係なのか


     000000b_201501300310420aa.jpg


うちの夫の姑ジョークはこう、

  
  今日は37度で暑いから、鍋にしよう。
  (冷え症専門の姑の口癖から)

  明日は遅くまで寝たいからポリ袋をシャカシャカさせないで。
  (ドイツに遊びに来た姑が、4時に起きて、
   身の回りを整えていた様子から)

  ビール(珈琲・砂糖・肉)をどうぞ!少々毒ですが、すみませんねぇ。
  (食品にうるさい姑の口癖から)

  まあ~美味しそう!わぁ、美味しいのよね グッドね グッドね グッ・・。
  (小食の姑が、ドイツでNoが言えず断れずに困っている様子から)
 

  彼と姑、私の実母、言葉もそんなに交わしてはいないのに
  よく特徴を掴んでいる。寝食共にするとわかるもの?
  いえいえいえ、ドイツ男性の姑ジョーク
  姑を通して、妻の文句を言ってるんだなぁ~
  母に似てくる私、自覚はしてるんだけど、ごめんねー


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           
心配はしないでね
テロとか人質事件のことなどで、急に欧州の様子が知らされていますが、ペギーダにしてもシャルリーにしても肯定派も反対派もいて、ドイツなんて人種差別デモ避けアプリというものもある。そういうデモ隊に出くわさない迂回マップアプリ。民主主義というのは言論の衝突なので、活発に交わされていて、社会記事なので「動き」は動き、「事実」は事実という報告です。日本のメディアのように感想文を聞かされると不安ばかりつのりますよね。
 うちの町の新聞でも、「どっち寄りなのか!はっきりさせよう。」なんて記事、教会や町の自治会やら民衆の声やらを取り上げて、人種差別と見られる落書きや張り紙を一斉除去、掃除する運動がありました。
 

体力/寒冷地アルコール/サボ

    ベルリンフィルの方が、この仕事を続けるには
   「演奏よりも体力って才能が要る」と言われていました。
   冬です  寒いデス。 造血作用が無いです
   生きてていつも貧血の私です。   
   体力がある・・・これって本当にタレントだなぁ、羨ましい。
   貧血に慣れてはいるけれど、完治や劇的対策も無いってのがね。
   お付き合いしながら生きてきたので、いいんだけれど・・・・。
      

   お疲れ様~~  IMG-20150118-WA0000.jpg

   ポンっ と開けるこの瓶ビール。夫君のお気に入り。
   量は要らないそうなので、ウイスキーに方向転換中。

   知人でも飲酒運転で捕まり、免許証をなくした人、
   アルコール中毒でテラピーしている人、
   アル中すれすれの人の不可解な行動、
   飲酒自転車乗りで、捕まった人

   そんなことがあるのか??と実際聞く話に、驚いてしまう。  
 
   飲みすぎると、ドイツ人もやっぱり性質悪いよぉ~~  
   腹八分な食し方を家庭で学んで無いと自制出来ないのかな。
   ストレス社会なのかなぁ。


   000000_201501191651067a9.jpg  うちの娘

  猫の女子も冷えるの?・・シャル子ちゃんは直接暖房の上で寝ています。
  時々、忘れて寝返りをうって、落ちちゃう・・・・。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  マニアックな OnePiece ワンピースの話。

    サボの登場。


  がーーーーっ          


 辛かったなぁ、ルフィー君 よぅ がんばったなぁ。
 すみません、これ・・・・涙が出るほど嬉しい展開なもので。

もどるところ

知り合い三人の話に、それって、あり?なし?と思ったこと。

IMG_0112.jpg


その1
数年すったもんだの末離婚。その1年後に復縁、再婚。

その2
友人男性、彼女と別れたのをきっかけに元妻と20年ぶりに縁りを戻し再婚。
その建物内に腐れ縁の男性友人も引っ越してきた。


その3
30年前に仏女性を追いかけて離婚した友人、今はバツ2独り身。
最近元妻のアパートの別階に部屋を借り、引っ越した。
元妻は3階に今のご主人と暮らしてる。別階には元妻の
もう一人の元旦那も住んでいる。元妻もバツ2。


      IMG_1629.jpg
      息子のクリスマスプレゼント工作。 今年はこれを配る。
  


本人らが「映画みたい がっはっはー」と話してくれてる。


付かず離れず、時々ご飯を一緒に食べたり、世話をし合ったり、
一緒に飲んだり、共通の友人を呼んだり・・・・
話を聞く限りでは、楽しそう、それまでのカオスな人生もとんとんか・・・・。


後者二人は50代後半の人たちなので、老人シェアハウスのノリなんだろうか?とか夫と話した。独り身だったらいろいろ考えるのかな。親しい人らとくっつきもっつきという老後は確かに心強いかも。あり?なし?
   

まったり午後日記


オバちゃんの話題は天気か病気。冬将軍に熱中脱水症と日本の気候がめちゃだと聞きました。それに比べて、11月にしては暖かいし、落ち着いているドイツですが、太陽をとんと見ていない気がする。もう何ヶ月も・・・。

   IMG-20140822-WA0000.jpg 車に食べられる息子・・・


夫がケルン出張でケルンビールを買っていると、飲料店にワラビーが飛び込んで来たそうです。お隣が動物病院で、動物病院駐車場の車から逃げてきたそう。夫が抱っこしても大人しかったけれど、逃げるかもしれないので、そのまま動物病院まで運んであげたそう。

     
    んで、夫くん 嬉しくて記念撮影。 IMG-20141018-WA0000.jpg

ワラビーと言ったって、≪はいはいはい、またまた~野生うさぎでしょ≫と私に言われると、少し考えたらしい。小鹿くらいのデカ野うさぎっているしね・・この飼い主さん、7匹?頭?飼っているそうです。広大な庭をお持ちだそうで・・・。


   20141118_141454.jpg   みんな上手。

美術が得意な女の子がいて、エライ達筆にバランスよく美文字を書くのです。

   中国レストランに飾ってある、字みたい・・・

   うー嬉しくない褒め言葉かも・・ちょっと微妙・・・

  安さが売りの小汚い中華軽食料理屋しか知らない田舎の子たちには
  中国ユネスコ無形文化財の書道がかすんで伝わっているぞよ・・・  

  一人抜きん出た子がいると、それに続けと言わんばかりか
  みんな中国四千年みたいな字になってきた・・・・なんて素直なんだ・・・

冬支度


 一応、クリスマス前は忙しいドイツ。

    バタバタ  バタバタ・・・・

なぜ、バタバタ(ドイツ語でヘクティッシュと言う)するのかと言うと、
私が思うに「寒いと人間の活動は遅くなる  故に効率悪く活動しているだけ」。
億劫と言ってしまうとそれだけの話だけど。

田舎の私たち主婦友の間の傾向・・・・
南米出身者、南アジア出身者の友人らは、ほとんど冬眠に入る。
私も、日本のエーゲ海出身者(はいはい・・瀬戸内海とも言います)、
晴れの国人の汗腺の多さを理由に、冬眠態勢。

まだ動けるプラスの気温のうちに
庭の木々、鉢植えなど冬支度、窓・ドアの隙間風対策、衣装
防寒具置き場を備え、雪用ブーツ、雪かき用道具などを出せるように配備。

私のいそいそ冬支度を「まだ冬じゃないのにー」と笑うご近所さん。
向かいのA君は「温かすぎる」と石塀をセメントで悠長に固めてるし、
Bさんは、0度までなら「鉢植えは動かさない!」と言い切る。

私には無理無理無理。
必要最低限以外は動かない。買い物だって、まとめ買い。
3月くらいまでは見通しをつけて引き篭もる。
ジャガイモとキャベツと缶詰と冷凍食品で生きるぞ・・・。
あ、時々気持ちを持ち上げるチョコレートを大量購入して・・・。

今年はまだ暖かい(最高10度)ので、まだ凍っておりませんが
そろそろ私自身は凍結すると思うな・・・。

     IMG_0233.jpg

Zukunft ist gut fuer alle


    Die Zukunft wird gut.

IMG_0536.jpg

    Blogをお休みします。
    いつも訪問をありがとうございます。
    


どいちぇらんどでオモテナシ

日本から友人親子の訪問がありました。うちまでよく来て下さいました。

IMG_0145.jpgIMG_0148.jpg
 「辿り着いた~~~~~!」         はい パチリ

IMG_0156.jpgIMG_0162.jpg
ぼくが選んであげる!注文だってしちゃう!ドイツでは これ!スパゲティーアイス!
   

  IMG_0170.jpg
          可愛い町!木組みの家が傾いてる~


   IMG_0190.jpg
       小学校訪問。どんな勉強をしているの?   


      IMG_0171.jpg
        ぶらんぶらん 旧市街 ドイツって感じ~


IMG_0198.jpgIMG_0199.jpg
    息子のおススメ ドイツ料理。ソーセージとジャガ団子

ぶんと/カラフル

        美味しいケーキを戴きました。
  
        20140322_133247.jpg
         20140322_133320.jpg
         20140322_135036.jpg

    画材の卸屋さんに行って来ました。
    アーティストの叔父が、買うところ。

    ちょっと感動した・・・。
    久しぶりに日本っぽいと思ったから。
    大倉庫に所狭しと飾られた文房具。
    ドイツって合理的なのか、ホント品揃えがどこ行っても一緒。

    中国人の友人がよく言う「ドイツは退屈、ショッピングに楽しみが無いもん」
    全く同意見、だけど、探せばあるもんだ・・・。
    紙の種類や絵の具やクレヨンの多彩な色が綺麗だこと。
    
    ドイツはやっとパステルな明るい淡い色の服や物が売られてる。
    金髪に合う色合いはまた、日本人には似合わない
    緑とかピンクとか柄ものが多いんだけど、。
        
    気分が変わるとこんなに世界の見え方も違うのか
    私の視界も色がついてきたかも。

    最近、カラフルに生きてる友人らを見て憧れています。

    

テンペラメントの違い?

最近機嫌の悪い隣人夫婦。仕方が無いかも・・・杖無しじゃ歩けないかもしれないという怪我をしてしまって、数ヶ月自宅療養だからむしゃくしゃしているらしい。3日間歌ってた時もあったらしい・・おいおい。

でもあまりにも、私たちにまで、あからさまに不機嫌な態度。
大きい子供だなァ・・・ 甘えたさん。


試みてるのは小まめに声をかけ、すぐ去るコミュニケーション。
ピンポンダッシュの要領すな。うしゃしゃしゃ・・
(だってちょっかい出さなきゃ不貞腐れられ、長くいると文句の対象になる。)

昨晩、ピンポンダッシュ挨拶(ケーキを持っていった)をしたら、「中に入って。」

  ひえ~~~~ 

嫌味を言われるのかと思いながら、怖いもの見たさで誘われるまま中に。

 「今、私たち、喧嘩してたのよ。」 ポツリ。


  ひょ~~~~~~ こわい~~ってば。

すんごい形相でお二人、睨みあってる。

「え~ ちょいと小話を・・」

ベラベラ何か喋ったら・・途中から隣人夫婦も調子が出てきてわいわいわいわい!!

  ふう~~~  いい調子だ・・・。
  途中からドイツの教育システムは間違っている!と叫びだした旦那ウヴェ。

「そんなに興奮しなくても~!うしゃしゃー」

ウヴェ「興奮?はん?興奮なんかしてないよ!普通に話してるだけだ!」

    怒鳴らなくてもぉ 怖いってば・・・・・。
    



  暖冬ですね  20140124a.jpg  薄着です。

10みつかりますか?

平仮名で書くと

  がめら とも読めそう・・・カメラね、カメラ。

いーっつも持ち歩くカメラの調子が悪くって、最近写真が撮れないのです。
と言っても、お恥ずかしい写真をよく載せております、自覚して¥おります。
プロでは無いのでいいかな、だけど、絵日記がぁ


子猫たちが、何でもオモチャにしてて、カメラも何度机から落とされたか・・・
とうとう蓋が閉まらなくなってきた。レンズにも傷、充電も接地点が悪くて
バッテリーを押さえながら・・・。があーーーーーー

  20140121c.jpg

 被写体が、こういうことをしてくれるからまだ撮れるしー。
   
 夫の友人が撮った写真を見せてくれました。アマチュアですが、
 庭で見つけた昆虫の顔や肢?のズーム。  なんでそれ・・・?

 どんなカメラを持ってるン??聞くと、20万円相当の一眼レフの・・とか。
 息子の鼻の穴の中まで、撮る必要は無いんだけど、一眼レフカメラ、買おうッかな。
 
  最近、カウンセラーの先生に言われたのです。
 「欲しいもの、やりたいこと10 見つけてきなさい。」

 うーーーーーーん うーーーーーーーん 一つ見っけ、カメラ。 後・・・無し。

 欲しいもの、やりたいことが10見つかりますか?
 
 

はーふぁーみるく作るか

  夫が、「ハーファーミルクを飲む」宣言。

  ハーファーという麦の一種を溶かしたもの、
  日本人の感覚では豆乳みたいなものです。ラクトーゼフリードリンク。
  ドイツにも豆乳はありますが、ほとんど水味。にがりを加えても固まりません。
  なんでも良いから動物性たんぱく質は、なるべく控えたいそうな。

 「これって作れるね!!作ってみよう~~~」

 「誰がするんですか・・・私飲みませんし、私作りませんよー」
 「ぼくも絶対に飲まないーーぐるぐるはしてあげるーーー」

簡単でした。水5に対して1のハーファーを4時間置き、ミキサーで混ぜる。お好みで塩。
作ってあげるけど(あなた台所をメチャにするんだもの)私は牛乳飲むからね。

 生姜湯に凝っている夫。いつも台所が生姜の残骸だらけ・・・

 20140121a.jpg 20140121b.jpg

   とか、言いながら、こういうの食べてて 意味不明。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くじらの生肉など、肉を主に食べるイヌイットの食生活を見直そうと、野菜料理などを勧めたら、イヌイットの人たちの体調が崩れたという説を聞いて納得したことがある。そこの土地の食習慣は、尊重しなければ、とよく思う。でも脂肪や糖分などが旨みになっているドイツ料理全般を残念に思う。ちゃんと香草や原始野菜などあるのにな~。

思いっきり「子供舌用旨み料理」と馬鹿にしていると、夫が見つけてきた下の本。
「よく見なさい!!のんあぶら!」
「私はいいけどねー あなたのヨーヨーエフェクトは知らないわよ。」

ヨーヨーエフェクト = リバウンド

ストイックになりすぎて、別のものを過剰摂取・・・・めちゃ心が弱いぞー夫=。

Vegan for Fit: Attila Hildmann's 30-Day Challenge; Vegetarian and Cholesterol Free for a New Healthy BodyVegan for Fit: Attila Hildmann's 30-Day Challenge; Vegetarian and Cholesterol Free for a New Healthy Body
(2014/03)
Attila Hildmann

商品詳細を見る

この方、若いのに栄養についても研究熱心で、料理もお洒落。テレビでも大活躍。

なんで〇〇な夫じゃなかったんだ


 なんで、うちの夫はピアニストじゃ無かったんだろう・・・。

 なんで うちのパパは、Ipad開発者じゃなかったんだろう・・。

    おいおいおい・・・・

いえ、今の夫に満足しております、夫の教え子がこれを弾いてくれたので・・。ちと感動したのでありました。生ピアノはいいですね。

     
    


   20140108a.jpg   20140108b.jpg
      箱だわ・・入っちゃうわ・・     うふ きっと 誰にも見つからないわ


   20140108e.jpg   20140108d.jpg
      うわっ なんだおまえーー       はぶー 参ったかーー

みんな似たり寄ったり


・・・・・・・・と 言い切ってはいけないけれど。さっき聞いた話。(投稿前夜)
忘れないうちに書いておこう。

お世話になっている女性と話中、彼女の成人した3人の子供達があまりにも立派なので、彼女の子育てを真似たいなーと話していると、


私は失敗ばっかりで、真似るようなことは無いわよ と謙遜。


子供達が思春期の頃に、離婚も経験し、でも思春期中に父親がいたなら、殺しあってたかもなんて笑って話してくれた。(誇張です。)過保護で意固地な実母を反面教師にしてきたけれど、自分も似ているのだとか、実父のこととか、人生を語ってくれた。

他人の人生って、外側から見ると、なんだかキラキラしてるんだけど
それぞれに苦労やドラマがあるんだね・・・。お気楽な私。

得に、元旦那は、また私からすると、
「こんなえーーー人とどして別れタン?」な いい男。

実はかなりの曲者だったらしい。
でも彼女、再婚してわかったのは、「私もね、曲者なのよ」と。

相手の言うことを理解しようとしなかった、と。

相手が変わって、自分の弱さに気づいた今、
同じことを言われても「そうね」と尊重することにしたんだとか。

様々な相談をいつもしているのだけれど、
そういうことは、誰にでもあるのか・・という安堵感をいつも教えてくれる。
 
多分、苦労していない人はいないし、みんな頑張ってるんだなァ。
最近、人疲れをしてしまっていたので、また栄養補給になりました。

病人と/泣/笑/怒

内輪の隣人の話・・

私の仕事帰り、夜の演奏仕事に出掛けた夫からの電話、
「隣人Aのところに行って、声をかけてあげて」
夫が、またいつものように隣人女性Aをからかったら泣き出したとか・・。
あの気丈なAが・・・??  だんな~~~

何かと思ったら、Aの旦那のUが、自転車横転で大腿骨複雑骨折、人工骨を入れる手術をしないと歩けなくなりそう。携帯電話も持たずに自転車でちょっと散歩と思って人通りの少ない道をかっ飛ばしてて、コケタらしい。動けなくて数時間。こんな寒さで物好きな別のチャリオジサンがたまたま通りかかったから助かった。誰も通らなかったら凍死だよ。

A宅訪問、声をかけたら
彼女の今の一番の悩みは、「Uのフラストレーション」だとか。
だははは女同士の会話はそっちか~。
彼の不機嫌は全て彼女に。
ネズミのように動きまくる彼が動けない・・・なんてそりゃたまらないだろうな。
とりあえず、私たちも彼の気分転換に来るからガンバレーーと励ましてると、
夫からまた電話。
「真向かいのGも慰めてあげて~~顔出しといて!」

真向かいのお兄ちゃんGは数時間前に庭で泣いてたらしい。(30歳の青年が庭で泣いてるって・・想像したらちとコワイ)夫が声をかけたら、ここ6ヶ月一人手作業でやってた塀が完成した1日後にセメントごと土砂崩れ。やけになって人目構わずおいおい泣いたんだとか。

ビイビイ泣く男の子は、可愛い・・・。(ごめんごめん、他人事だと思って)

夫がすぐに慰め、手伝ってあげると少し元気は快復したそうだけど、立腹にはかわらない。

「キミも声をかけてあげておいで」
「うん」

「奥さんに慰めてもらうのよ!」
と声をかけたら、G「彼女はそれどころじゃないんだ」

奥さんはアキレス腱を切ってトド状態とか。
G「彼女がフラストレーションたまっててさ~~ 泣」

ひゃ~~~ どこかで聞いたような話~~~~


五体満足・健康の有り難味をしみじみと痛感しております。
病人・けが人になってもあんまり家族を苛めないでよねェ。

同郷の友


     ココ、田舎に住んで7年目にして、
    10キロ圏内の日本人の知り合いが片手で数えられるほど増えた。
    車で20分で日本人に会えるなんて。健康保険くらい大事かも。


      うれしい うれしい 
  (とってもテンション低いけれど、実はルンルンしてる)

   でも、その方たちが、偶然だけれど、
  
      み  ん  な

  今週、バラバラに、日本へ飛んでってしまった

  数値的に確率的にサビシイ感 倍増。 (狭すぎる社会)

     
 自分も飛べば?
 あ、大丈夫、騒いでるだけ。日本に飛ぶ元気もお金も無し。

  あのぉ 日本の人口が一気に増えてません・・・?
   ここはドイツ人が増えた気がする。

同郷の友・民族縁。
日本人と顔を合わせて会うとやっぱり何か奥深く思っていることが通じる気がする。でその時間は体に張り詰めている緊張が解けるほど、優しい気遣いや心配りや笑顔の元気をもらう。(反対にかなりドイツ暮らしで拳闘中で愛情飢渇状態にある友人の状態も手に取るようにわかる みんなでそっと包んで癒すのが日本人かな。)
同化していくような心地良さ。これは日本人の独特のものかなぁ。




   5-2108YS (42)

     ドイツに帰ってきて~
   3-1908YS (51)

     早く帰ってきて~~~


ドイツご近所付き合い

毎日こんな日照です。20130920-3.jpg
               人間が白くなるわけだ・・・

なので、夏休み後、次々に南へ飛ぶ方々も多い。ギリシャ、クロアチア、北アフリカ(情勢が悪く不人気だけど)、カナリア諸島・・・ちゅーす

で、ご近所さんはを預かり、
郵便と草花の水遣り当番。ペットの世話も。

2週間ほどの留守だと、シャッターを開け閉めしたり、夜にタイマーで電灯を
つけたりして、誰か住んでますよ的なフェイクもする。

泥棒に入られないように。これだけが心配。
なんだか物騒ですよね、泥棒被害が増えてます。

田舎の一軒家に住み始めて、街のマンションに住んでた頃と、人付き合いが変わったなぁ・・とよく思います。同じ価値観で、出来たら同じような境遇か年代か・・という身近な友人はどこに行っても何ジンでも必要なのかも。弱って以来めちゃ保守的な私。

庭仕事をすると遊びに来る娘。20130920-1.jpgあれれ
 何してんの? 20130920-2.jpg オバちゃん遊んでー
  

  新しく越してきた真向かいさんの猫が、うちの故猫オスカーにそっくり。
  ご近所みんなでびっくり。でも女の子で、モリーさん。
  模様も性格も太さもうり二つ。顔は、モリーさんがカワイ子ちゃん。
  オスカーくんは、おっさんだった。
  モリーさん、もうちと痩せたら べっぴんさんなのにぃ・・・

「がんばれ」言語は違っても同じ・・・

20130810 (14)

       がんばれーーーー  ってドイツ語は 
 
       Halt durch! Kopf hoch!  な感じ。



知人ドイツ人女性の1人が癌の闘病中。
    励まされてかなりメゲたとこっそり話してくれた。

    がんばれ(Halt durch)! に
    「Ich muss nicht....」(頑張らなくちゃいけないことはないの)と。     

    「私は闘っていないし、強要されてるような感じが疲れる。」と。
    「元気そう、頑張りなさい、生きなさい、強くなるのよ。」
    
    当たり前のような良いような言葉が彼女を苦しめてる。
    治りかけの彼女を見て、彼女を無視した自分の感情を語る人たち。
    それがコミュニケーションなんだけど、今の彼女には辛い。    
    
    一緒にゆるやかに時間を過ごし、祈るしかない時なんだろうな。
    
    そうか、『はるとどゥるひ』は闘病の方には止めたほうがいいのか。
    
    言語が違うと、まだ感情移入出来ない(母語じゃ無いし・・)から

    気をつけなくては。

    
    ちなみに、私はきっと日本語で言われたらメゲる言葉でも
    ドイツ語で言われてもちっとも応えない。だはは二言語音痴は楽ちんだ。
 

静まりゆく時間/神戸ビエンナーレ展

  時間に追われる私 20130809 (7)

昨日仕事で帰って来たのが22時半。メールもしなきゃ明日の準備もしなきゃ、猫のトイレもまだだ、車を別の場所に停めとかなきゃ、・・・頭の中の小容量がアップアップで車を降りたら、お向かいさんがテラスで食後のヒトトキを過ごしてた。

「おいでよ、まぁ座りなさいよ」

「やめとく」

「いいから座れ!」
「ナナは、ネズミみたいな時間でバタバタ生きてるから太らないわけだ。」

 大笑いされた。

「もう外で座れるのも、こんな時間が取れるのも数日しか無いんだから」

       そうだった・・・・。

最新宮崎作品、なんていう題名だったっけかな・・
日本のよき時代の時間の流れ方がテーマだと何かで読んだ。

「早くしなさい」で育てられた私。とにかく早く早くが身体に染み付いています。
で着席してから1時間半。12時までテラスで他愛も無い話で盛り上がった。 

  夫の叔父が 神戸ビエンナーレ展出品  hans.jpg
 
   テーマは 「静まりゆく時間」 The slowdown of Time

「SAKU」が課題だったので、芽吹く様子に焦点をあてて、その時間に自分が入り込んでいくと、自分時間がその芽吹きの時間に ゆっくりと合い、なにもかもがスローモーションのように時間が流れていくことを連想したそう。もうちょっと一秒一秒を感じながらゆったり生きていけたら・・・

sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR