泣くタイミングが・・

小4児をお持ちの皆さま ご苦労様でした。
今日は卒業式。小学校生活が終わりました。。子供のなのに、感慨深い。

   2014IMG_1049.jpg

入場(らしき・・・)から数名の女児らがヒックヒック肩を震わせて泣いてる。

数ヶ月前から
「やっと 卒業できるわ もう~~小学生なんて、やってらんない」
とウダウダ言ってたメーデルズ(ガールズ)がボロ泣き・・・女心と秋の空。

2014IMG_1041.jpg途中スケッチ(コント)なんて出し物。
息子の自作自演コントが大ウケ。(どこが面白いのか私にはわからなかった


下級生がお別れの歌を歌いだし、女児らが、わーんわん びーびー 泣き出した。
また歌詞が、明るく辛い 「さようなら」のリフレイン・・・。
嗚呼 もらい泣きしそう・・・ 先生も保護者も、父親らだってボロボロ泣き出した。

   2014IMG_1052.jpg


卒業生がお返しに、歌って踊りだした。また手拍子で盛り上がる、
すると卒業生、そのまま教室に走り去っていっ

     って・・ ・・あれれ??  

      まさか?
     
     卒業生の言葉とか校長は・・・ あれ? っ ? 


     ざわざわ~と保護者も立ち上がり、だらだら 退散。 



「あれ?珍しいね、泣かなかったの?」パパ友。「感動したねー!」ママ友。

         
              ま・・・・・・ 

     

       まじかーーーーーーー   (これだけかいー


    どこで泣くのかも わかんなかった。  まじかーーー   
   
この1週間は卒業祭りです。 2014DSCF8916.jpg
 グリル会に、ボーリング会に、ディスコパーティ、大人が知恵を吹き込み過ぎやん・・・

   2014DSCF8914.jpg 愛しの愛しの両先生にクラスからの贈り物。
    可愛い先生たち。本当にありがとうーーー。息子と ぱちり

スポンサーサイト

取説を書く~ドイツで学ぶ作文力~

生活改善の延長で長らくお休みしていました。Blogをやめる方向で考えていましたが、「海外で我が子の二言語。」の課題は続けるべきか・・と、まだ悩み中だけれど一応続けることに。右往左往。

日独ハーフ、ドイツの現地校で頑張る日本子女の二言語環境・アイデンティティ・共生を考えるマニアックなブログに軌道修正してみようかな(主観が入りすぎたら読み流してね)。更新も週1くらいで。

前回記事にコメントを下さった方々、個人的にお一人ずつ感謝コメントできませんが、ありがとうございました。励まされてちゃっかり戻ってきました。皆様の子育てやお子さんの成長も是非お知らせ下さい。コメントを嬉しく待っております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子、ドイツの国語で「取り扱い説明書」の作文練習をしています。
これ、別に説明文、とか表現の練習ではなく、つなぎ言葉の練習。

順番に・・・
Am Anfang 
dann 
danach 
nun  
anschliessend 
jetzt
darauf
als Naechstes
hiernach
im Anschluss daran
hierauf
schliesslich
zum Schluss

もちろん、取説の書き方注意もある。
例えば、
・準備する用具をすべて書いたか。
・順番通りに組み立てられるか。(時系列の訓練:作文では重視されている)
・同じ動詞(例:作る)ばかりの羅列になっていないか。
・文頭の語彙を変えているか。
・その説明に適した専門用語(名詞・動詞)が使えているかどうか。
・感想や思いは入らず、説明の文章だけで書けているかどうか。

そして他の作文と同様の注意
・言葉を修飾する語が使用されていて且つ正しいかどうか(主に形容詞)。
・時制は統一されているか。
・文法の間違いが無いか。
・正書法で書けているかどうか。
・段落形成。

最後に、読みやすく綺麗に書かれているかどうか。
自分で読み直したかどうか。

・・・一言だけ・・・・・
ここまで習うんだもん。書けないわけが無いといつも感心する。ドイツでも作文を習わない小学校もあるので、やっていなければ練習はしておいた方がいいと聞く(上の学校に行って大変だったとよく聞く)。担任教師に言うとしてくれると思います。「やってくれない」んじゃなくて、だいたいはコミュニケーションで解決することだと思う。

性教育のあと

ドイツで小4の息子。

1組も2組も同じテーマ「性教育」で始まり、3週間後。

1組の先生が病欠。次の週から2組の先生が病欠。


そして、来なくなった。


7週間経ち、二人の妊娠が明かされた。 おめでとーーーー


それにしても
「う・・・・ん、なぜに性教育中に・・・・。」

嘘のような話に保護者もびっくり。でもこの先生方は新婚、30代初め、4年生が卒業したら出産して育休に入ることを望まれておいでだったので、保護者は「残念だけど、進学成績時期をクリアし、ここまでよく粘ってくれた!」とやや慰労の空気。


子供達は「よっぽど研究熱心なんだねー。」おいおい
 大人は「う~~ん なぜ性教育中に・・・・。」

慌てているのは校長。校長の毎日のヒステリーぶりを見ると、もうあの学校で二度と性教育がテーマにのぼることはないだろう・・・。下世話に書いてすみません・・・先生おめでとーーでも一言子供たちに挨拶くらいには来て欲しい(子供達にとって小学校と言えば『貴女』の思い出しかなかったのだから。)・・もう無理か? 2年前から計画して楽しみに予算も積み立てしてきた修学旅行ももちろん中止で、ママ友たちはご立腹。

「ここドイツだし。」と茶々を入れると怒られそうなくらい保護者達は怒ってる。大人にレスペクトが無い子供が増えるのも仕方が無いと思う残念なフェードアウトでした。大人が子供を裏切ることが多すぎますってば。残念。
 

        IMG_0413.jpg

かんぺきな人

     01b_20140327153153e77.jpg
      おかあたん とっても いいにおいね  


息子の話・・・

クラスの男子ラースの日直当番の仕事ぶりが酷いと、女子から文句がきたそう。
担任不在(病欠5週間)の今、息子は学級委員さんとして
「ちょっとぉー ラースに言ってよ~ヒドイのよぉ!!」と責められたそう。

息子は
「皆が君達みたいに完璧な人間じゃないんだよ。」
と言ったら

女子は 「確かに!!」と納得したそう。
完璧な女子たちは、気持ちルンルン、ラースは女子の非難を免れた。


ラースは、いつも先生に怒られてて、
クラスメイトの女子にも生活指導を受けている。


 ・・・・そういう子もいるよね・・・・・・

「お母さん、聞いて。 続きがあるんだよ。」 と息子。

病欠の担任の先生に代わって、代理の先生が代わる代わる来られています。
たまたまその日の先生、めっちゃ厳しい先生だったそう。

「ラース!!! きちんと書きなさい!!」 と先生。

「みんなが、あんたほど完璧な人間じゃないんだよ!」とラース。

先生は髪の毛を90度逆立てて、ラースを叱り飛ばしたそう。

 「ラースは何を学ぶんだろうねぇ・・・。」




SU授業/生命

SU 日本人にとっては生活科 というのかな。
息子の小学校では、今 「性教育」テーマで勉強中。
かなり詳しく学ぶので、私より用語も知識も詳しくなるんじゃないかと・・・。
日本では「生命の誕生」は4?5?年生の理科単元ですよね?
クラスでは生理用品を渡して説明したそう。

先日はお産婆さんが来られて、2時間の出産授業。
子供達は、様々な質問を準備しておいて、
お産婆さんがそれに答えるQ&Aコーナーも。

出産の過程を学ぶ子供たちの一番の関心は

「自分が生まれた瞬間に・・」

家族はどう思ったか、誰が一緒にいたのか
世界はどう変わったか、誰に一番に抱っこされたのか
へその緒が切れたら痛いのか、お母さんが破れないのか
ぐるぐる出るって、ぼくはどんな感じだったの?

  哲学してる? 
  自分への愛は?
 ・・想いはまっしぐら。


 家庭で我が子の出産についてもう一度詳しく語れる。
 命の大切さと性の責任。
 小4、これくらいから少~しずつ始めていくのが適齢なのかな。


悪い人にならなくていい

      20140110a.jpg

先月、12月に 息子は、クラスの子に蹴られて大怪我しました。
息子の教室では、暴力について話し合ったそうです。フォローがありがたい。

担任教師も「悔しい、ずっと話してきたことなのに」と思わずぽろり。
州をあげて行っている教育。心と体の健康を脳科学や認知科学な味付けで指導。
薬物依存防止という話も聞いた。薬物・アルコール中毒の保護者に育てられる子もいる。


さて、クラスでは子供の学級委員や親の学級委員が、先生や学校と児童保護者間のフィルターになるという仕組みがドイツでは一般なようです。

今年度は、息子が学級委員だったのです、先生を守ろうとある子を注意したら、先生のいない所で蹴られて怪我したというわけでした。

でも仕事は仕事。先生の不在中クラスを静めさせるのは、学級委員さんの仕事。
怒らずにみんなを静かにさせる方法をいろいろ伝授したつもりだったんだけどな・・・。
いいのか悪いのか「コントロールされる」ことが大嫌いなドイツの子達。9・10歳思春期の賑やかさと始まりを感じます。夫はしきりに「オマエは体型で不利なんだから相手をよく見ろ!」と。男の世界と秩序はデカサが基準なのか?

最近、先生が息子に「わざわざ嫌われ者にならなくていいのよ、悪い人役を買って出る事はない。警察みたいにならなくていい。」と話してくれたらしい。

正義なんてまだわからないだろうし難しい。先生も考えてくれてるんだね。

 悪い人にならなくていいんだってー。でもね、「このクラスは最高って、先生が喜ぶようにしようよ」って話したら、クラスが静かになって、入ってきた先生がウインクしてくれたんだよー。

 すごいよ・・息子ー。(すみません 素直に嬉しかったもので。)

プロセス

私の勉強の仕方と息子の勉強の仕方があまりにも違う。

息子の小学校では、新しく「メソッド」という「家庭学習方法を教わる」ありがたい授業科目ができ、ついに私の勉強方法が王道なんだと確信を持ったのも束の間、そればっかりじゃ子どもには合わないこともあるというのも、ようくわかった。

まずこれはお互い納得の共通学習法。
「書いて覚える」ということを口を酸っぱくして息子に言い続けてもやらなかったのですが、小学校のメソッドで、「書く」それも「たくさん書く・嫌でもとにかく書く」をみんなで学び、それは素直に受け入れ実行。すると頭に残るということは気づいたらしい。

でも・・・
最初から答えを推測し、そのプロセスを逆計算する私と、
プロセスをバーチャルしながら考え答えを導き出す息子。


図や表にして写真のように脳内に撮影して、全体から細部を見つける私と
うだらうだら詳細を口頭で言いながら、メモ無しで全体を見渡す息子。


視覚優位の同時処理タイプの私。
聴覚優位の継次処理タイプの息子。

ドイツはどちらかと言うと、下の教え方が多いように思えるので、私は時々待っていられない。例えば時計は60分と聞いて1分を学ぶほうが、1分と聞いて5・10・15と数えて60分だと教わるよりスカっとする・・という感じ(わかりますか?)。

大人になった私は、ついついピンと来る速さが速いものだから、息子のようなタイプの子の大切な「考えている」時間や過程を奪ってしまう。息子は学ぶ前から(母ちゃんの気迫に押され)「出来ない~~~」とヒスを起こす。

これが聴覚優位の継次処理タイプの夫の場合だと、うだらうだら二人で喋ってるだけで、「復習OK!」「試験勉強OK!」となる。夫も呑気に「あいつよく分かってるじゃん!」と。息子はもちろんパパと学ぶほうが簡単。けれど、なんと、点数が取れるのはママとの学び方だと、二人とも気づいてる。(しばらく夫に勉強を任せておいたら、英単語が全く書けなくなった息子)

確信犯二名。

いやぁ・・やっぱ 読み書きの学びはアジア人の十八番なのか。

独小4理科社会

Sachunterricht 日本の小学校で言う、生活科、理科社会をまだ混ぜたような科のことを略してSUと言う。小4息子のSU授業、前回は「自転車」で自転車めんきょ試験も終わったので、そろそろ次の単元へ。

  「エネルギー

ったって、物理をやるわけではないよね。

エネルギーって何?初心者編」ってな感じ。

まずは、コンセントがついているものは何がある?


電気はどこからやってくるのだろう?

  がお次のお題。

 息子はこれで調べている
Das grosse Lexikon Natur und TechnikDas grosse Lexikon Natur und Technik
(2001/10)
不明

商品詳細を見る


電力について、水力、火力、ソーラーなどから原発まで。

先生は初め、「チェルノブイリについて知っている人はいるか?」と質問したそう。
息子はさっそく、「ぼく!知ってる!」とはりきって説明し、福島の原発事故のことにも触れたそう。先生が後で「話してもいいかなーと心配したんだけど、良かったぁ 授業しやすいわ。」と気遣ってくれたことを教えてくれた。

でも今後、何を話すんだろう。先生の着地地点が気になる気になる。

ドイツの子供たちは、脱原発の方向の社会の空気を当たり前として学ぶのだろうな~。

また報告続けます~~

続きを読む

おゥードイツの国語ゥ小4/作文

ふざけておりません・・真面目に感動のドイツの小学校国語授業紹介。

 人物描写をしています。DSCF8114.jpg
 DSCF8112.jpg 今は形容詞。単元としては人物描写作文。

これだけあるんや~~~。絵からわかる当てはまる形容詞を考え、説明する。絵が描けるほどの詳しい描写を徹底的に3ヶ月しています。これええなぁ~~。

顔のパーツの説明、目の色、髪型、鼻の形・四肢・体つき・肌・服装・何の染みかまでしていましたが、今は、形容詞を重点的にならっています。絶対に自分の意見は入れてはいけません。

   う~~~~日本人には逆に 難しい!!

   怒りっぽい人、とかは どう?(Aussehen系)

   そういうのはね、聞いていないよ! 予想じゃダメだよ。

   と息子にダメだしを受ける母・・・。


息子の宿題・・・・・
  DSCF8111.jpgDSCF8110.jpgDSCF8109.jpg
    学校国語でこれ? なんてセンスの無いイラスト

     DSCF8115.jpg
悩んだのが、このオバサン。ぎょえーー「網タイツ」とか、ドイツ語でなにさー??
でもって・・・・女王様って何よ~~~ドミナ? 
魔女だよ・・・・あんたの頭がオカシイよ・・・
あら、おほほほほ
「こら~親!!これは吸血鬼女なの!!」

   うそだ・・・・。(正解は吸血鬼女でした。)

追記
ちなみにこの形容詞を日本語に直して、息子のこの日の日本語学習は終わり。この1週間、宿題でドイツ語で書いた作文を、日本語に直すことをしたけれど、日本語じゃ書けないもんなんだな~とびっくり。
ちょっと楽ちんな日本語学習。ドイツの国語様様です・・・

ドイツ小4国語/作文と語彙

作文勉強は、自分が教わっていない(ごめんね小学校時代の先生。学校で教わったのかもしれないけれど、書き方指導は覚えてないよ~)から、息子が習ってくるのを見ていつも感激。

    小4、今は、「人物像」というのが課題。

  頭のてっぺんから足の先まで、感情の言葉を一切含まない、人物説明。

   その描写がまたすごい。

   笑っちゃいけない、鼻の形の言葉の多さ

   だーーー長い鼻の人たちの国だものーーー


まずは、語彙や書き方を挙げて、指導されて、その通り書いてみる。
漏れがないか何度も、いろんな事例を練習していく。

子供たちは忠実に書くだけ。

驚くほど簡単なことなのに、明確な指導があるからわかりやすい。
それを応用して、詩も書いたり、物語に人物描写の表現を入れたりする。
書くことを重ねると、話す時の語彙も増える。

ちなみに、未だ、小4で読解なんて本格的にしていない様子。
小学校の先生曰く、内容を読解して描写や文章を分析するという文学課題は
中学生からでしょと。

書けない・出来ない子の理解力が無いのではなくて、
子供が書けるように指導が出来ていない・・
出来ていなかったんじゃないのかなぁ・・
今の日本の小学校は違うのかな。
     20130915-1
     20130915 -2
     20130915-3
         女は強し

なんでしなきゃならないの

      
ドイツでは新学年の新学期です。

いろんなところで、いろんな声。
昨日は進学して5年生になった息子の友だちが「新しい先生に虐められた」と
小学校の先生に相談に来た。イジメかどうかは疑問だけど
男性の威圧的な態度に慣れていないと10歳児にはKOだよね・・・。
4年生から5年生、別の学校へ進学するといろいろショックだとは聞くし。

 新学期のドキドキ  20130809 (69)

先週、音楽教師夫が帰宅してぶつぶつぶつ・・・・

夫 「また・・有り得ないクラスに出会ったよ」

ある小3女の子が「やりたくない」

夫  「でもやるんだよ」

女の子「○○先生は、やりたくない時はやらなくていいって言ったもん」

夫  「その先生は今ここにいるの?」

女の子「・・・いない。」

夫  「いないね、じゃ 僕の授業だと やりたくないことも やるの」

女の子「あっそ」

こういう子どもが半数。

私からすると、夫はなぜ慣れないんだろう・・・と学ばない夫も不思議。
確かにドイツには、やりたくないことは、やらなくていいと親が
言い切る家庭も少なくない。もちろん教師は「親が放棄してどうするんですか?」
と何度も話してる。でも・・手遅れ。

これ・・・・・驚きます。

私のような鬼母は悪いんだろうか?と自分を振り返り、
「いやいやいや・・・違うっしょ」と首を振ってしまう。
優しさと甘えと厳しさを勘違いした親の多いこと。
やって欲しい時は、お願いしてご褒美までぶら下げる躾って・・・

担任の先生が「やりたくないならやらなくていいわよ」と言うなら
そのクラス、そこの子供たちって不幸せだと思う。

 

独小3生活科

ラベンデルが咲き始めた20130609 (22)


ドイツ小学校3年生の息子

国語は手紙を書く事を習っています。簡単な手紙だけれど形式を学び、テスト。封筒の書き方もやった。
そして今 「主語述語」小学校に入ってから何度も動詞は学ぶようだけれど、動詞に活用があるからか、活用の似た形で分類分けして新語勉強。これは文法というよりも言葉の決まりという感覚でしょうか。

算数は、割り算。約数につながるのでしょうか?じっくりやっています。

生活科ドイチェランド
一番高い山、山脈、長い川、どこからどこまでと基本中の基本。
16州の名前と州庁所在地。
そして住んでいる州の地理について。

日本の小学校社会理科の教科書を持っている私たちとしては、あまりにも物足りない生活科授業。

でも何がドイツで良いかというと、住んでいる地域の人々の口数と知識が多いこと。普通にそこらへんを散歩しているのに、はちみつ業者おっちゃんの2時間くらいの講習をなぜか受けていたり、真向かいさんが工事をしているというと様々な専門的な問題なのにいちいち私や子供に説明してくれたりする。別のお隣さんの電気職人さんにケーブルの繋ぎ方を教わったり、近所のお爺ちゃんに何の渡り鳥がどこからどう飛んでいるかレクチャーを受ける。

みんな歩く大百科辞典。

時間の流れが違うなあといつも思う。

「早く」「早く」で育てられた私は、立ち止まることをもっと意識しないといけないくらい時間の流れが違う。何なんだろうねこの違い。


スポーツ

小3は落ち着いてくる0000.jpg
 ドイツにあって、日本に無いもの、先生の語らい。この先生って生徒のそばでいろいろなことをずっと語ってくれる。バタバタと職務だけに追われていない時間の経過の仕方が、ドイツっぽいなと思う。子供の心の成長に関わってくれている大人の態度だと感じる。

「話を聞きましょう~」「静かにしなさい~」と号令をかけ続けて、無理やり話しかけたり、ありがたい話を語らなくても自然に先生の元に集まり、たわいもないことで盛り上がる。話し手が大声を出さなくても児童は話を良く聞く。これは毎日の先生の姿勢の賜物。

もちろんダラダラしているトコロはあるし、こんな先生ばかりでは無いけれど、メリハリがあるから出来るんだと思う。

0000b.jpg0000c.jpg
うちのガリガリ君、跳んだ。この子はクルド人(トルコ人と言うと怒られる)、も跳んだ。

    0000a.jpg
     みんなでサッカー。 休憩時間ありすぎ・・・・。
     きっちきちにスケジュールが無いイベント、
     こういう方が、子供って本気の集中力を出す。
     
     真面目な日本人には信じられないだろうな・・・。

「作文」「天気」「ゲオメトリー」

小3息子、先日テストがありました。テーマは「天気
今回、試験範囲は16ページで「虹の仕組み・色の順番」「天気という概念・語彙」「水の循環」「温度計」「風・風力計」「天気予報」「嵐の名前」「トルネードの成り立ち」「方角」

男子は理科好きや雑学好きも多いので「天気にちなんだ話」で覚えていくという勉強の仕方だけれど、女子は16ページの暗記になっているそう。台詞のように覚え、練習で書かせているとか。

先生が児童らに「丸暗記の勉強の仕方はダメよ、丸写しも意味なし」と今回は注意したそう。「どういうこと?」と驚いて先生に聞いたら、「テスト勉強で書かせすぎなのよ」とぽろっと先生がこぼしていました。明らかに100点を取ることが目標になってると。

あまりにも書かない息子はこうやって差をつけられてるのかー下顎ガクガク

作文の方は「山場」クライマックスの練習。起承転結の「転」の練習。もう3・4週間はこればかり。はっとするという種類も「驚いてびっくりする」山場から感動の山場、事件性の山場なんて、書かせながら先生がアドバイスしている。さらっと書くけれど、作文勉強、日本とのこの違いは何だ!!!と私愕然としています。


「算数」はゲオメトリー。幾何形体?こんな感じ。小3です。
soma.jpg
算数科の教諭(たまたまクラス担任なく算数だけ教えている)が育休に入りました。男かと見間違えるほど外見も口調もさっぱりしてて私ずっとレズビアンの方だと思っていて(そういうことここで書くなって・・)、算数の授業中、他・躾の事もいろいろ教わった(息子は字の汚さをようやく指摘され直された、他のやんちゃな男の子達もしめられた)。その先生が「私が学校に帰って来るときは、キミ達はもう卒業しています。誰一人として私と会うことがないように祈っています」と語ったとか。学年にはもう3人留年候補がいるのよね・・。

なかなかドイツの小学生生活も大変そう。

小3年生進路決定

   Rさんコメントをありがとう。
     私も何度あっても慣れないけれど、心が乾かないようにケアしないとね。
     元気になりましたか~。


「がいこくじんとはあそばねー」と息子に言ってきた上級生の話を先日書きました、その後息子はその上級生の担任教師が息子のクラスの体育の先生なので授業中に先生にそんな話をしたらしく、その教師が3人で話をしようと時間を作ってくれて、「二度とそういうことを言ってはならない」とその子にきつく言ったそうです。息子もそれで気が晴れたらしい。

    2aa.jpg
              抹茶クッキー


息子、幼稚園に入ってから小学校入学でわーわー騒いでいたら、あっと言う間に次の学校進路決定時期。

  ・・・・早過ぎますワ。


そんな母バタバタな中、次の学校を、お受験
  
     することに決めた息子。どこからどうしてそうなった?

ドイツにもあるんですね、お受験。「お」は要らないけど

     
     まあ びっくり。


1年弱受験勉強期間があるので、まずは調査しなくては・・。予定にない展開でまだ現実味がわかない私。通学には遠いし、友達は誰も行かないし・・どうしてわざわざそこ??大丈夫なんかえ~~。


遠くの息子の友達が去年受けて不合格、それ以来気になっていたらしい。息子のやりたい学科重視の学校で、べつにそれで一生が決まる訳でもないらしいから、厳しくてもやりたいことに時間がかけられるというのは、まあいいかもしれない。けれど倍率高いお受験。受かっても席が無いと断られた生徒もいる。(・・じゃなんで合格通知出すのー?補欠ってことか)ま・・受けるだけならいっか(母悲観的)。

さてさて どうなるんでしょう~~~~~。

ドイツ小読解問題から見える暮らし

1週間学校に行ってはダメと医者から言われ、自宅療養になった息子、
気管支炎と、ウイルス発見。(14名のクラス半数が感染中、学級閉鎖は無さそう)
高熱は引いたので、布団の上でバック宙の練習をしています。。。こらっ

 22223.jpg
 ベッドで寝込むのも退屈してきた・・ゲームでもやろうか・・。

学校の内容丸まる1週間教わらないのは、危険なので 少しずつ家で前の日に習ったところをクラスメイトにきいてやっていますが、その時だけは大重病人になる息子。(いらっ

直説法過去を学ばなかったのに、過去分詞に入っちゃった。 ひえ~~
   Haben と Sein   で「なんで?」と私に突っかかる息子。
    私が文法作ったんじゃないんだぞっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読解問題も やりはじめている様子、宿題の読解問題に笑った。

「TとAといつも怖い近所のオバサンVさんの話、募金を呼びかけたけどVさんに叫んで追い払われたとT,でも募金のためならともう一度Vさんを訪問したA。そのVさんは怖い顔で睨みつけたけど「あら学校のスタンプが押してあるのね」と最後に言い「それなら募金するわ」とお金をくれて、TとAには意味がわからなかったけど、お金をもらえて良かった。」なんて話。

ドイツじゃ~~~~~~~~~~~~

最初から、子供を睨み叫んで追い払うVさん・・そんな設定 あり?

あるあるある ここはドイツ~いるいるいる ここはドイツーー。  無いと言ってョ

息子を困らせた問題は
「どうしてVさんは学校のスタンプがそんなに重要だったのですか?」

 「子供達が考えたと思ったからだよ!」

   ??????   息子の言いたいことがわからない・・

つまり、子供達の作り話(って言いたかったらしい息子)=嘘とオバサンVは思い込んでいたこと、学校のスタンプという信用ある書類を見せられて初めてオバサンVは、子供の言うことを信用したこと。

     こゆこと大切? 学校授業用読解問題として・・選ぶか? 

読解問題は、内容理解や心象のくみ取りを学ぶことがポイントだけど・・・
           例えがめっちゃドイツすぎー オーマイガー

母ちゃん負けんでー ウボンゴ面白い!222.jpg
このゲームの良さは、形の練習、そしてサイコロ運でバリエが広がり気を抜けない、集中力、発想の転換、時間制限の興奮度、勝てるかどうかは最後に運で。考えられたゲームが沢山あるのですね。

小学校ドイツ語・ぷれてりとぅむ

≪Praeteritum≫ 直説法過去 を今学んでいる息子。物語文を書くときに必ず使う。
laufen-lief,schreiben-schrieb,trinken-trank,....
活用させなさい、そして直説法過去形で活用させなさいという宿題。

使っているようで、ピンと来ていない息子

あ~また、親が教えるんかいーーーっ(あ、ワタシ無理無理

ここをきちんと習っていなかったのに物語作文テストをしてしまったので、児童らは時制をこんがらせて減点されました。なので、ここをやり直しますと始めたのに、息子は今週高熱で休みました。

来週月ようびはこの動詞活用テストだと宿題を持ってきてもらう近所の子から聞いた。あちゃ~結局習っていないぞよ息子とほほほ子供は病気なんてしてる場合じゃないのねー、週末はおさらいです。
(ギムナジウムでは病欠が原因で留年もよく聞きます、フォローは無いと思って置く方が腹も立たない、わからない生徒は篩い落とされる。自己管理能力がこうやって鍛えられていくのね。社会適応能力ってやつかしらー。)

・・・と書いていたら私も風邪がうつりました。早めに葛根湯をのんでいたので1日の高熱ですみました(今晩熱が出なければ・・)が、頭と関節が燃えるほど痛い。皆様どうぞお体ご自愛下さい。

寝込んだ私に代わりお世話になったサイトを。

おススメ
   Verbtabelle(最強の過去分詞リスト)(最強ドイツ語学習サイト)
   online-lernen.levrai.de
(ドイツ国語でおさらいしておくと子供の弱点がわかるし、問題集探しも焦点が絞れる)

準おススメ
   Toms Deutscseite 独英比較で親には見やすい
   mein-Deutscbuch.de Online練習

ひどいテスト結果

以前書いたのですが、担任教師が6週間休んでいるのに次々とテストがあるという話。そのひとつ作文テストが返却された。

     「おーーーとぉ」 と思わず出た私の一言。

  「ぼく授業中にもちょっと涙が出たの・・」と泣き出した。

  「泣かんでもええよ、どこをどう間違えたの?」
  「怒られないのがわかってるから辛いの~」と息子。

  怒って欲しいんかーーい?

面倒くさい息子。自分に悔し泣きというヤツか?落第点なんかじゃないのに、子供って1しか取っちゃいけないような空気なんですよね。周りの大人や子供同士で「何点?」と聞き合いいろいろ噂話をする。だから反対に言えば子供達から家庭事情は筒抜け。親同士の張り合いに子供も巻き込まれているのでしょうか?

そして、極め付けが先生のコメント、
「こんなに出来ないとは思っていなかった。これはみんなひどいです。平均5(1-6の採点で6は落第点)くらいしか書けていないけれど、不在期間を考慮してサービスで数点をあげています。」
 

時々、私を含め大人って見当違いな、子供が今出来ることのレベル判断 をしてしまいますが、先生も相当な見当違いをしていたのね、自分が6週間休み、テスト内容をしっかりと教えられていなかったことは振り返らないこの前向きさ、ああ、残念。なぜテストを強行してしまったのか?ま・・事務処理の関係でそうなったのでしょう。

私としては、先生が辞めなかったということでホッとしているのが本音です、クラス平均点が相当悪いので今回のテストに文句をつける親は沢山いる、先生が「教えたはずです」という言い分を通す限り平行線。

周囲の騒ぎようをそのまま大袈裟に書けば大事件にもなることだけど、
こんなドイツに慣れちゃった。

私は、どんな点数をとっても怒らなかった自分の母親を思い出し、夫はどんな点数でも継母に褒めてもらえなかった幼少期の辛さを思い出し、そんなことを交えながら「悔しいなら練習しいや」と息子と話しました。

子供の点数一つで親が鬼と化したり天使や神のようになったり、
人間って弱い生き物というか「評価」に振り回される生き物なんよなぁ・・
現実をどう受け止めるか、大人にだって難しいんよな。
ひどい点数と自覚するなら勉強するしかないぞ、息子!
 ううん、もう大丈夫!  アンタも前向きやね

ドイツの学校の現実

ドイツ小3・息子のクラス、冬休み前、物語文作文テストがありました。

え・・・6週間担任教師は病欠のため来ていないんですが・・やるの?

入れ代わり立ち代り非常勤講師が授業、作文はその間一度だけ添削してくれたけれど、それは担任の先生は知らない。あとは親が添削しただけ(じゃうちはアウト)。

2時間ほど用務員さんの授業もあったというから笑ってしまった。
(彼の授業が一番楽しかっただろうな・・)

 もう・・・慣れては来たけれど、

   ドイツコホン カオス満開 やん~~。                    

 「ドイツでも普通じゃないよ!!」 「・・・・・・」
近所のMさんが「他の学校もこうなの?」  「M校 E校 T校・・冬はね」
Mさんは保護者代表、「じゃ、私騒ぎすぎた? 私たちの学校の時と随分違うよね」
 「昔はこんなの無かったよね・・・」
      

ここのカテゴリー「ドイツの学校で習うこと」を再確認・・

  子供は学校で与えられる以上に自分で努力して勉強する。
  大人は耳年増になり、授業の補足資料を探しまわり家で我が子に教える。



        ・・・・・・

パパが医者や弁護士の子供達、彼らは家で2学年上の勉強をしていると聞きそれもかなりビシバシと聞き納得。教師の長期病欠・途中退職沢山みてきました、「体調」は理由ですがだいたいが大人の人間関係・職場のストレスが原因。そんな学校の環境になんて左右されないよう親も必死。


       弱肉強食格差各層連鎖社会ってこういうことなのね・・今更・・。
       ついていけない親子は蹴落とされるわけか・・・。

    それより今の私の心配は、

 担任の先生はこのままフェードアウトしてしまうのかぁ・・・
     
  今と昔変わってきてる、ドイツもいろいろ問題を抱えているのね。
      
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

物語文・結末の練習・独小3

もう3作目。物語文を書くことがテーマの息子のドイツ語(国語)授業。

どうやら息子ロロの弱点が見えてきた。

オチが無い!」(というかそういう閉めはドリフやんと突っ込む母。)  

ちなみに先生の添削「結末をもう一度考えてみましょう」センセもツッコミしてええよ

「『桃太郎』の結末知っとる?」と聞いてみると

「あ~~!じゃあ家へ帰る途中に宝船が重すぎて沈むとかでもいいの?」

「ぐぇ母には有りだけど学校でどうかなぁ?みんな幸せになりましたが基本ちゃう?」

「あ、知ってる!ハッピーエンド!」

「それそれ!なんでもええから登場人物みんな幸せなる結末にしとき!」

「うん!」

ああ・・文章の書けない親の浅はかな教え。ドイツではきちんと教わっております。

「文頭と結末の一致と興味を引く展開。本当に言いたい結末は隠すともっと良い。」
 
 そんな結末の余韻とか構成力を求めてるのですかー?レベルを下げて下さいー

来週はテスト。物語文を2時間かけて書くテスト。ご苦労様です。「大人が喜ぶ様な、そうあるべき健全な精神の子供の考えと結論」を日本ほど求めてはいないのですけどね。採点基準は勉強して押さえているのですが、その時の題材により運不運・没頭、調子にのって規則を忘れるなど不安定。マカーバー(皮肉たっぷりなブラックジョーク)が好きなのか、どうも最後はみんな沈没とか上から物が落ちてくるドリフ系の息子のオチ。読む先生も大変やなぁ・・。こればっかりはこんな小さな子供が急に学べることではないから、センスのある子と無い子の差やね。(あら見捨てモード)

 今後の練習課題です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

作文練習3批判精神

作文を書いたので、それで終わりかと思っていたら・・
また面白い授業をしていた。

「どこがダメでしょう?」 課題 ≪Text beurteilen≫ 

「あなたが小学校の先生だと想像して御覧なさい。」

  「・・・児童が書いた文章・・・」

① この文章には具体的な説明(いつどこでだれが・・)はありますか?
② この文章は順番が合っていますか?(時制)
③ 文頭はいろいろな言葉が使われていますか?
④ 興味が出てくる話になっていますか?
⑤ 誰かが言った言葉「」が入っていますか?
⑥ 結末についてはつじつまがあっていますか?
⑦ この文がいいと思いますか?
⑧ その理由を述べてください。


これに全部≪Nein≫で答えさせ文章を訂正させている。文章を書く時の注意点を気づかせるためとはいえ、授業で「人の作品にダメ出し」を教わるのよね、とそこに引っ掛かる私。斜めに見過ぎ?健全な批判精神・知性のレベルならば良いのだけれど、そこまで教わるのかしら?というのに興味がある。

     201212062.jpg
        小学校のニコラウス祭り。子供達が歌って踊った。


ここでまた私の勝手な妄想が始まる・・批判精神を育てるドイツ社会・・        
 
先輩友人に教わったドイツの討論の仕組み「消去法」。
アイディアを持ち寄り「これダメ」「それもダメ」と否定していき、ダメだしされた方は必死に「ダメなわけがない!」という理由をしっかりと述べ、最後に残った抜粋されたもので決定する。(反面、成功すれば自分の手柄、失敗すればすぐに逃げられるよう決定の時組む人を考え、自分の損得も考慮している。)


日本語はどっちかと言うと、答えはある程度決まっていても「それいいねえ」「あ、これもいいですねェ」とアイディアを拾っていき、最後になんとなくみんなの合意を得られそうなもので決定する。流れで決まっちゃった感。(反面、失敗すれば全体責任 つまり誰も責任は取らない)。

そこまで斜めにこじつけなくてもいいのでしょうか? ちょっと考え過ぎ?

でも息子のノートのNEINがいかにも楽しそうな踊っている字でびっくりマークが2つもついてるので、人の文章に「こんなの駄目ぇ!さいあくぅー!」とメチャはしゃいでいたであろう授業中のクラス児童が想像でき、ぶるぶるっと震えた私でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

作文練習2

昨日の続き(小3の息子が作文について習ってきました)もう少し具体的に。

絵を見て、一つずつ抜き出し、それを描写する言葉をあげていきます。

車 メルセデス、VW、古い、新しい、買ったばかり、大切に乗っている、
  お気に入り、道路、駐車場、車を売りたい、ピカピカに磨かれた 等々・

嬉しそうな顔をした男の子  叫び声をあげて喜ぶ、大声ではしゃぐ、
              両手をあげて、口を大きく開けて、のけぞって、
              嬉しそう、幸せそう、待ち望む、等など・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次にMimikとGestik(顔の表情と感情を表す体の仕草)を読み描写


嬉しそうにはしゃぐ、鳩が豆鉄砲を食らったように立ちすくんだ、怒りに満ちた表情、激怒、雷に打たれたように、驚き飛び跳ねる、転げて笑う、顔を隠しながら笑う、恥ずかしそうにうつむく・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、まとめたい結末を閃いた題名に繋げる。

「冷えた飲み物で生き返った。」  で例えば「暑い夏」
「どうしてこうなっちゃったんだろう」 なら「ついてない日」
 
          なんて似た様な別の語彙で言い表す。


これらの例えをそのまま使いなさいと指導して、話を書かせたようです。


これは話を書くという課題なので、感想文やレジメなどとは違うのでしょうが、興味深くて私も勉強になった。こんな風に習うと、ポイントさえ押さえれば、最初からある程度の量は書けるということでしょうか。

そして「親は一切口出ししないで下さい!」が親への宿題でした。
ほほほほ・・・どうしても口出ししたくなる親たち、お口チャック出来たかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

独小3の作文練習

小3の国語、突然A4に1ページびっしり書かれた文章を暗記してきなさいという宿題。

   ひえ~~~~~~~~~~~~~~

息子のミミズ字が既に読めないので、お隣さんに「ちょっとちょっと手伝って!」

全力投球ウヴェが「こんな宿題を出すなんてナンセンスだ!」

   あ・・いえ・・そういう討論はどうでも宜しいのです・・

ウヴェ「こんなの覚えるくらいならゲーテの詩を探してやる!」

   いやいやいや・・そうじゃなくて・・。 ややこしくなっちゃったな

 「あ、じゃ同級生のリスのパパ・ヨーグに聞いてみる・・」と即効逃げた。

ヨーグ 「そうなんだよ・・大変だよね~ じゃ明日リスとロロでやろう」

次の日、結局彼の所へ数人の子が集まって、みんなで覚えた。ありがとう・・。


・・・・・・・・・・・前置きが長くなりましたが・・・・・・・・・・・・・・

この暗記は、4コマ漫画のような絵に話をつけていく時の規則だったようです。ミミズ文字を書き直させてようやく理解。

キーワード要約したらこんな感じ。

 1、 各絵をじっくり見る。
 2、 絵の順番を守る。
 3、 絵の中の登場人物に名前をつける
 4、 登場人物が何を言って何を思っているか想像する、考える
 5、 この話に合う言葉・名詞と動詞と形容詞を沢山さがす
 6、 各シーンで2文以上書く
 7、 シーンとシーンの間に起こったことを想像して書く
 8、 時制を統一させる、時間に気をつけて書く
 9、 文の始まりは、同じ言葉でなく違う言葉や接続詞を用いる
10、 結末をまとめる
11、 題名をよく考えて決める(短くて好奇心をそそるような一言)
    


これはつまり『話を書く』作文練習、絵を見て文章/話を作りましょうという課題です。突然「あなたもお話を考えて書いてみましょう」ではなく、こういう風に段階的にそして最初は絵を使って連想する言葉(名詞・動詞・形容詞と区別しながら)をあげたり、接続詞の練習を外国語並みにさせたり、そして書く時の注意や方法を教えてくれる授業に感動。わかりやすい。

そしてドイツはだいたい小3から作文を習い始めるそうです。それ以前は習わない。感想文や遠足の作文などは時々あったものの日記なんて指導も無い。少し心配をしていましたが、こんな風に教わるならと安心しました。

長い文章が書ける様になるわけだぁと感心しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

ポスターセッション(調べ学習)

ずーーーーーっと前に書いた息子ドイツ小2の生活科調べ学習の続きというか結果。1月の終わりごろから取り掛かりこの間と言っても3月始め頃に発表してやっとテーマが終わったようです。犬や猫の種限定での調べということで、ポスターを書き、発表するものでした。ポスターセッションという名も教わりました。


女の子が5人寄ったグループは親の指示通りのポスターを自宅で1人が用意し、発表も親が考えたまんまの準備した文章を1人ずつが読み上げたそうです。・・・完璧だったでしょう・・「どこまで詳しく書かないかに悩んだ」と1人のお母さん。親が電話しあってほとんど役割を決めたようです。


息子のグループは男の子と女の子の混じった5人のグループで、準備やポスター作りも授業中だけの時間で済ませ、皆で集まってやろうという雰囲気も無く、気を使った親(こっそり打ち合わせ)がそれぞれにPCから探し出した内容をコピーして持って行かせました、さっくりまとめ、それぞれが担当項目と他の子の茶々も入れながら発表したようです。(様子が窺えるナ・・

途中で担任の先生が2週間病欠だったので、思うように進まなかったのですが、子どもたちには作業が楽しかったようです。未だに自分のやった品種のことはいろいろ語っているようです。

先生の話では、読んで理解する、要点をまとめる、伝わるように発表する、質問する力などをみたようで、みな意欲的に取り組んだようです。


これは、レルフィーに聞いた話ですが、ギムナジウムでもレポートをまとめたり、自主研究の発表・レファレンスなどはよくするそうで、ぱらっと見せてもらったところ実に優秀な出来なんです。レベルが高い。提出用には画像を取り込みカラーコピーで十数枚にも及ぶ詳しい資料をバインダーで(バインダーにも絵が描かれてあったりする)作り、音楽や映像などをバックにパワーポイントで発表するなんてことも・・・。

子どもの学習、ドイツっぽい学び方など、楽しみなんですが、はっきり言って私には手伝えないなぁ・・・。

ドイツ語が書けないのかぁ・テスト

 息子、小学校入学以来初めての生活科のテストがありました。
   今まで算数と国語だけだったので わくわく。


    20120227 (20)

    ドイツって事前にきちんと出題範囲を教えてくれるのです。
    それもせま~い範囲・・・まぁ低学年。
  (でも家で子どもにおさらいさせる勉強家?な親が沢山います)


なのでほとんどが好成績かと思いきや、ドイツ語が書けなくてポロポロと点数を引かれていく。先生も甘くみているけれど、かなりの量の文章を書かせるので、やっぱみんなポロポロ点数が落ちてく。

  

  アルファベットの並びってそんなに難しいのか?



            「僕 こういう間違いしたことない
   近くの主夫友も 「うちの娘も普通に間違いすぎだよ

     
     20120227 (17)
      グゴーーー スピーーー いびきうるさいよ。

        
    
     もしかして ゆとり教育ってやつかしら??

   


    ヤンヤヤンヤワイワイガヤガヤ
   「ドイツ語なんとかしなきゃねぇ
    
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ


   

ドイツ小・調べ学習と発表

小2の息子のドイツ国語で「ペット」がテーマになっていますが、生活科の方でもペットや小動物について勉強をしているようです。

それも調べ学習発表が主になっていて、事典や図鑑やWikiやNetで資料をそろえて下さいな日々。彼のグループは「ダックスフント調べ」 え・・犬とかじゃなくてダックスフント他のグループはハスキー犬とシェパード。その選択理由を知りたいわ 先生~。

images.jpg(テーマは狭く絞った方が良いそうです)


私の30年来の宝本、学研の「犬のひみつ」を差し出したらロロに「日本語は学校に持っていってもみんなが困る!」と却下された。はいはい、ごもっともですぅ。



「僕ら小2なんだからそこまで詳しくなくてもいいんだよ。
   知ってること全部書かなくてもいいんだよ。
   子どもが書けるような言葉でいいの。」



 ハイよ ハイよ アンタ 最近つれないねえ。
   でも「子ども言葉で」って自分でレベル下げてどうする

(出来るだけ手と口を出さないように努めたいが、この口がぁ・・・)


「みんなと同じでいいの。」


(出たーーー みんなと同じがいいのかー キミは日本人か!)


「そうだよ でもそんなの関係ないんだよ」


  言ってることが支離滅裂じゃん・・それ私かぁ


ただいまみんなで資料を持ち寄って、下調べをしている最中です。
もちろんみんなの親が必死に調べております。ひえ~~

「丸写しは嫌なのにぃ・・・ぶつぶつ」
   「ま、ぼくが発表係りだからぼくがまとめて喋るけどね」


 (って、おい! なんじゃその傲慢さ~~ キミはドイツ人かっ)
 ( 丸写しでも良いそうです。まとめられたらもっとGOOD。)

「 オカアサン だいじょうぶ?」


調べ学習の目的は情報処理。自分で好奇心を持ってものごとを捉え、考えまとめ人に伝える作業を練習するのですよね?後はなんだっけかな・・人の発表を聞くことも勉強になる。


グループで発表をするので役割分担して、調べて大きな紙に書いてまとめるそうです。授業ではうさぎ、馬、猫などの習性や部位なども読んで言葉の練習(名詞の初めは大文字で書く、動詞は変化する)とあわせて勉強しているようです。

ああ 手を貸しちゃダメだけど気になるぅ~、授業楽しそうだなぁ~。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

国語テーマ「ペットの飼い方」

小2ドイツの国語はテーマ「時間」が冬休み前に終わり、今は「小動物、ペット」がテーマでそれについての物語や散文などを読んでいます、そして先日の宿題はペットショップ屋さんに行き、ハムスターを飼うことに決定したときに、お店の人に質問する文を作ることでした。

        20120110 (38)
       Was、 Wie、 Wann、 Wo、 Wie+形容詞、Werを使う練習。


例えば  「家やハムスターのおもちゃなど何が要るか」
      「ハムスターはどれくらい生きるのか」
      「いつ、どんなエサをあげたらよいのか」
       なんて感じ。

その次の質問は
「事典やInternetで調べて、それに自分で答えなさい」でした。

「お母さん、ググって!」

「その前に事典を見てご覧」

Alles was ich wissen will 1 & 2Alles was ich wissen will 1 & 2
(2009/10)
不明



最近、ドイツで子供用に「マニュアル本」が沢山出版されています、サバイバルからテーブルマナーまで知恵本というのか、親が好むのかな。上記の本はマニュアルというよりは事典ですが、これも日常生活の細かな知識が書かれていておススメです。(クリスマスに近所の方から頂いた)

そこから質問を見つけて答えを自分で要約するという作業は初めてなので上手くまとめられないロロ(書くという作業をなるべく省略したい人)。「単語で答えてはいけません」と先生からも指示があったそうです。

「本のまま書くと写しただけで自分の言葉にならないし、自分の言葉で書くとこの人 のチェックがぁ・・・


ふははは、頑張れ小学生!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

宿題・お化けの予定表

今 息子の小2の国語(ドイツ語)は「時間」がテーマです。

季節から始まって、月間、週間、一日、一時間とズームというかミクロ化しながら時間について書かれた童話や話を読んでいるようです。

   20111206 (51)

先日の宿題は、他の子のママたちと
大変だった~~~」と話しました。


量が多かったのです。簡略して書くとこんなのでした。


お化けの週間日程表

Montag 2-3 Uhr Party bei Vampir(吸血鬼宅でパーティ)
      4-5 Uhr Stinkesocken s.vorbereiten
              (臭いソックスを準備)
Dienstag1-2 Uhr Schlangesuppe kochen(蛇スープを作る)
      4-6 Uhr Spinnennetz sammeln(くもの巣を集める)




おもしろいよね。 コワイのを書いていた人がいて
ロロは「ぼく今日は眠れない」と今日帰ってきて泣きべそかいてた。


私自身がドイツ語を外国語として習ったときに、初級の頃ってどうしてもこういう問題や宿題が多かったので真面目に困ったものですが、慣れてくるとただ文法や正書や言葉の訓練として書くものだったんだとわかります。

そして外国(欧州や南米)の生徒たちはスラスラ書けるというのにアジア系の生徒たちは眉間にシワを寄せて困ってた。


だってヘンに道徳心が邪魔するんだよね。
単にセンスが無いのか? ・・・自爆





            


日独絵本読みの違い 2

国語力の基礎は絵本の読み聞かせだと言われていますが、その絵本読みにも日独の違いを感じています。

(注意 私の視点は、一般に見られる傾向(標準値の差)を書いています、日本でも各国でも家庭や学校によって違うという想像力で読んで下さい、日本教育批判でも誇張したドイツ評でもありません。)

さて昨日書いた読み聞かせの違いから見えるのは、日独の親・教師指導力の問題では無く、「教える・教わる」の姿勢について。

これは肌で感じることなのですが、教師が子供に何かを「教える」と、子供が何かを作り出し、何か発言したり覚えるものだと受身で待っている教師が日本には多いんじゃないのかと思うのです。(おいおいモンスターペアレントか私は)いえ、親だってそう。子供の発言を待ってる私・自分がいる。


ドイツの絵本読みで親は自分の感想を言い、質問しながら自らも答え、体験談や関連の話なども千と語るドイツの大人の姿勢に、「能動の指導・教える」を実感します。正しい方向へ導くこと。教授中の集中力・瞬発力を鍛えている。


そして子供は「能動に学ぶ」姿勢を教わるのではないかと感じます、卓球のように問えばすぐに返答がある態勢。

実際にギムナジウムで教えていて彼らの自習力・発言に驚くことがあります(教えている最中に「今習っているのはこういうことなのね」とまとめや関連事項を発言する生徒が多い)。

「教える」と「学ぶ」が半々で成り立つとよく話されます。生徒児童が自ら学ぼうという意欲(質問・発言・意思表示)を見せなければ教える側には限界があるとドイツの教師は子供たちに話しています。日本は今どうなのでしょうか?私たちの頃とは変わったのかな。


私の言葉が足らないのですが、答えを教えるということではなく、考える癖をつけてあげるということかな。一人で読み取る狭い読解学習ではなく、広げた世界を見せた上で「じゃあ、あなたはどうなの?」と子供自身へ回帰させるということかな?

早くに答えを知らせちゃうと子供の想像力の芽を摘み取ると思われるかもしれませんが、実は想像することはしていても、それらの視覚認知と描写表現を繋げる訓練を育てていないのに子供から何を引き出せというのかという話。(でもこれはもっと難しい話だね 私の納得のいかないことも沢山ある)

まだまだ尽きない話なので、またフラフラ書いてみたいと思います。あ、コメントを沢山いただいたのでお礼をここに。日独国語に興味のある方が沢山で嬉しいです、アドバイスも嬉しいです。もっとアドバイスも欲しいです。そしてお付き合いありがとう。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ


日独絵本読みの違い

ドイツの友人や親族に多い、ちょっと気になる、一味違う絵本の読み方を書いてみます。

文章を読みきかせることは日本とは変わりません。朗読はドイツ人の十八番。その他に絵本を使って遊んだり話したりする時間をとっているようです。


例えば、

・絵を見て文章に無いことを沢山親が話します。これは何?これは○○。
・何をしているの?○○をしている。
・どうしてしているの?○○だから。
・生活に基づいて状況説明をよくします。それも細部事細かく。
 例「寒かったのかな、この人はコートを着ているよ」
・これは嫌、これは好き。
・関連の話や体験談。
・絵に沿った他の話を話して聞かせる。

一人の友人(男性)は絵本読みでいつも巨大マペット(リサ)を手にし第三者の声を登場させる。ほとんどがボケ役のリサ。子供に容赦なく突っ込みされてドツかれている。


原因と結果、主体と客体、主体の動作や様子、細かい描写の表現。教訓。


幼少の頃からこうやって「国語」を学ぶのではないのかなと推測しています。親が言葉のシャワーを浴びせ続けている。(誤解しないでね、子供の代わりに意見をすることとは違います)


親子の絵本読みから見える「教える・学ぶ」についての
関係を次回に・・・・続く。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR