スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじありょうり

wa11.jpg


ドイツでも食べられる和食やアジア料理、フォトを集めてみました。個人的に、アジア料理の中で私が一番好きなのは、和食の次にはベトナム料理。引き算感覚の旨み、お出汁と薬味での味付けが美味かなっと。

アジア料理屋さんもドイツで経営するためにはドイツ人の味覚に合わせるため、オリジナルの味付けは出来ないというジレンマがあるそうです。なんちゃって寿司で今、がんばってしまうアジア料理屋さん多いし、メニューの大半がタイ料理?という韓国料理屋さんもある現実。生き延びるための工夫についつい応援したくなってしまいます。

本格的なオリジナルな味付け、アジアンスマイルの絶えないスタッフ、都会では探せば見つかるはずですが、田舎では無理~~

スポンサーサイト

もおにんぐ

日本では、しばしば母とモーニングを食べに行ったりしていましたが、
ドイツでは≪フリューシュトゥック≫という
モーニングのシステムがカフェの目玉になっていることが多いです。

wa5.jpg

学生の多い大学街と、大学の無い街では、カフェのメニューがかなり違うように思います。私の住んでいる町はそういう面では田舎の余裕のある老夫婦向けのメニューが多いのか、競合相手もほとんどいないので、がんばってる感もなく・・。ドイツでは、高価なカフェマシーンがガンガン売れてしまうくらい、おうちカフェをする人も多いので、外で過ごすヒトトキに付加価値を支払うのが馬鹿らしいなんて人も多い。私にとっては、しょっちゅうは出来ないことだし、他人に淹れてもらうコーヒーの美味しいこと、本格大型イタリアンエスプレッソマシーンのカプチーノやラッテマキアートの美味しいこと。他愛もないお喋りの楽しいこと。癒しのひとときです。

見て満腹

マルティンスガンツ と言われる11月から始まるドイツのガチョウ料理シーズンです。クリスマスはガチョウ料理にするドイツ家庭も多いそうです。料理番組でも丸焼きのハウツーをスターコックさんがしっかりとレクチャーしてくれます。画像だけでお腹は満足。

   wa1.jpg

3-4Kg1羽を焼くとオーブンが大変なことになるし(ローマトップフを使うと絶品)、脂が半端なく、食べてもかなりこってりしているので、お肉の苦手なうちの家族では家庭で焼くことはなくなってしまいました。5・6時間オーブンに張り付いて、料理が出来ても喜ばれないんじゃがっかりです。私自身が1年に1度は旬ものということで食べたくなるので、外食してきました。

写真の上部は、ゲンゼコイレといって、ガチョウのもも肉赤キャベツ煮添え。
息子はアルゼンチンステーキ(左)、べジ夫は猪のとんかつ(右)  
  こら・・・・がっつり肉食やないかいっ

クリスマスプレゼントは、息子にはXBOX ONEのソフト。読書中の本「学力の経済学」では、ゲームを1日1時間する程度では心配することは無いと書かれてあり、渋々ですが、子供の一番欲しいものをそのタイミングであげるということも考慮し、一緒に購入し、プレゼント。

 神様が天使にプレゼントしてくれたね。
 一緒に買いに行ったじゃん・・・

今年1年お疲れさまでした。

和洋ご馳走

うちの近くにはなんちゃって残念寿司屋さんが多い。
なので、うちからは遠い遠い本格日本食料理屋さんへ。

  20160727_133525a.jpg

最近 椎間板治療でお世話になっている整体師さんが、
「ぼくの彼女が日本人でも、100%邪魔になる要素がない!!」
「日本人を嫌うドイツ人は、1人たりともいない!!」
と、揉み揉み中に熱弁。 おばさん相手に、商売上手なお兄ちゃん。

スキンヘッドでひげもじゃで、筋骨隆々、むっきーまんで
話を聞いていると、ちょっぴり右傾向?系の健康おたくの彼と食生活談話。
確固とした哲学を持っている彼は、「秩序」「社会学」の話とか大好き。
お堅い私と、なぜか意気投合していて、楽しい施療時間です。

洋食が好きな私だけれど、「体のことを考えて和食も食べようと思う」と話すと
「健康だよね!ぼくなら毎日食べるよ!自分の体に合ったものがいいんだよ!」
励まされているんだかなんだか、イエスマン!に徹する彼は、接客のプロだな~と
感心しちゃった。こそばゆいけれど、癒される~。

 
    20160727_133548b.jpg

なんちゃって和食で商売を成り立たせている人たちを責められないけれど。
お団子のようなお寿司を「安く」食べられるという田舎のドイツ人感覚をどうにか払拭したいなぁ。

   
                          

     
     同時に 美味しい洋食(肉)が食べられる幸せ 感謝~

     IMG_20160827_063823.jpg

ここす

今日は作ったよ・・・とつぶやきたいだけです。日ごろ、何を作っていいか、何を食べたいか、考えるのにも息詰まります。何も浮かばない時のために、自分への備忘録。
気分転換コーピングという心理療法だそうです。コーピングの1つに、例えば、宇宙飛行士だと、飛行中にストレスを溜めないために船内で気晴らしリストを100個くらいあげておいて、それを実行することがあります。心が折れやすい人には、瞑想とか気晴らしとか、ストレス軽減をアクティブにしてみることがおススメというのが、最近の世界の心理療法傾向だそうです。

ココスマクロ―ネン IMG_5363.jpg

          クリスマスですね。
          クリスマスクッキー作りは、ドイツの伝統クリスマス行事の一環です。
          レシピはChefcochとか、ドイツのレシピサイトから拝借。簡単です。
          卵白・砂糖・ココナッツのみ。オブラートの上で15分焼くだけ。
          半分は、ヘーゼルナッツも入れました。そっちの方が人気でした。


 料理男子になるのかい? IMG_5343.jpg
          

         息子君は、ふわふわパンケーキ作りに、今 はまっています。
         彼は日本語の料理レシピサイトで調べています。       
           日本で流行っているんだよ。
           ほんまかいな・・・?     

 
   ピンボケ半端ない・・・IMG_5298.jpg
 ベルギーワッフルは、美味しかったなぁ。カロリーが半端なかったけれど。
 私のコーピングのリストに、≪美味しいものの写真を眺める。≫というのがあります。
≪お菓子作り≫もその1つ。≪写真を撮る≫も。≪猫をなでる≫とか、えっと・・・・・・
 やっぱり書き出しておかないと、忘れるなあ。          
         

なつやさい


DSC_0583.jpg IMG_4886.jpg
       クルジェットロンド 育ちました。 さっそく定番のレシピで。。。
       天気の悪い時に育ったものなので、味はいまいち。


     IMG_4889.jpg
       ここ2日、昼間は31度になり、早朝に火を使う料理をすませ、
       麦茶も冷やし、水も冷やし、アイスを買い、猛暑準備は万端ですが、
       冷たいものを取るとお腹を壊す私たち・・・。      

    IMG_4880.jpg
    黄色いラズベリーもふっくら実がなりました。つまみ食いするほどしかないけれど。

ぐつぐつうちごはん

イノシシのシチュー IMG_4568.jpg
隣人がイエーガー(狩人)なので、お肉をわけてもらい、年に数度はイノシシシチュー。
ティムメルツァーさんのレシピがお勧めです。
野生肉は味も匂いもきつそうだけれど、鹿に比べるとイノシシは食べやすい。


       
           今晩何作ろう。毎日悩みますね。
        
             おふくろの味って何?
             カレーライス!! ジャガイモ美味しいよね~
             バーモンドカレーさん ありがとう




洋食は有り難いことに素材があるので、なんでもできるけれど、和食は。。。。。

     IMG_4573.jpg  怪しい焼きそば 何かちがう。。。
 
パスタを、カイザーナトロン(重曹)入りのお湯で茹でると、中華風麺味になる。ので、アジア風麺料理には、この方法で。しいたけやニラ(都市の市場では買えます)を入れると、有り得ないコンビだけれどもアジア風になる。
 


       おにぎりは、うちなのにフィルム?!  IMG_4797.jpg

   
コンビニ風おにぎりフィルムは、時々 癒し のために使用。日本滞在・お出かけ気分になります。胡麻だれバンバンジーサラダも時々食べたくなります。


         今日は、アジア風? オリエンタル? ドイツ? イタリアン?
          なんでもいいよ!
 
                        なんでもいいが、一番困るよね。



やっぱり洋食を食べとく?!外食だし・・・ 
イタリア人女性コックさんの!DSC_0456a.jpg ラビオリ!!
近くのイタリアン。田舎のイタリアンなので、トルコ人経営者が多いのだけれど、ここはコックさんだけイタリア人!


最近つkrぽ

日本と比べて、ドイツで旨いものの一つは、乳製品。美味しいの。学校の行事で作ることが多いケーキ、ですが、生クリーム系は禁止が多い、食中毒やアレルギーの心配があるので。。旦那の職場に差し入れとか、持ち寄りパーティーとか、みんな作れるのが当たり前のようなのは、いい文化ですね。(作れない人はもちろん購入したり冷凍ケーキを持参したり、手はいくらでもある。)

ナッツチーズケーキ IMG_4705.jpg
IMG_4717.jpg
 ショートブレッドを作りましたが、甘くなさすぎていまいち。ドイツの友人らは、私がいつも新たな挑戦をするので、ウケナイことはよくあっても、一応 「へ~~っ♪レシピ教えて!」と言ってくれる。ちゃんと建前が使いわけられる友人らに感謝。
 いちごケーキIMG_4622_201604172157009b4.jpg

がいしょく


ワンプレートというのだろうか・・・。雑だなぁ。
ドイツで「サラダ」を頼むと案外ボリュームがある。
フィレカツ、イタリアンドレッシングサラダIMG_4679.jpg

1人1皿に慣れてしまったので、みんなで大皿から取り合う食事の量とかタイミングとかバランスがわからないという・・・不器用な人になってしまった。
  IMG_4640.jpgトルコ料理屋さんのラム肉グリル

 夫が今通いつめているお肉屋さんのランチ IMG-20160304-WA0000.jpg
 
  なんて塩っ辛いんだぁ!!!  塩分が多いと食欲が失せるよね。 
  ちなみに、家庭料理は薄味家庭も、マクロビ家庭も、ベジ家庭もあるのですよ。

  IMG_20160320_122527.jpg 絶品パエリア
 
  スペイン料理屋さんも ドイツには多い。メキシカンとか意外と多い。  

    年に数回だけれども。IMG_20160326_075724.jpg 

   IMG_20160327_121216.jpg 天麩羅定食も ありえない量。

     美味しい和食を戴けるのは有難いです。


    

にくしょく

オボラクト・ベジタリアンだった夫は、肉食に変更しました。なんなんだ・・・・。周囲からは「菜食の日本人奥さんに同情して、一緒にベジなっちゃった可哀想なドイツ人夫」と見られていたので、いつも「私はベジじゃない!」と公言していましたが、ステーキを注文した私に「僕も!」だと?!なんなんだ、貴方。
  ラズベリー酢入りIMG_20160215_222748.jpg
             フェルトサラダとリンゴとガーリッククルトン
IMG_20160215_221631.jpg IMG_20160215_220943.jpg
           ステーキ                クレームブリュレ

ドイツにはワインハウス(ワインを扱うレストラン)がたくさんあり、呑み会というとこういうところでも行われる。呑み会といえば居酒屋が懐かしいけれど、こういうのも素敵。ヨーロッパに来てよかった~と思うのは洋食だらけってトコ。当たり前か。和食が恋しくない人にはいいかもしれない。でも一つだけ気になるのが、肉食国なのに牛ステーキが、案外美味しくない。値段をはればどこにでも美味しいものがあるけれど(神戸牛だっていつも食べられるものではないけれど)、結構マアマアのお値段なのにどこもイマイチ、私の減点は、イングリッシュ・ブルー(血がしたたるレア)を頼んでも中に火が通りすぎてしまうこと。「腐らせ気味くらいの肉を扱うほうが美味しい」という都市伝説(最近、ドイツでも『あれは昔の話』と話されている)が脳裏にあるのか、しっかり焼いてくれる。

「レアを食べるなんて野獣っぽい」という人もいる。心の中で(あなた達には言われたくないわ)と見下し目線がちらりと顔を出す。肉本来の美味しさを知らないんだわ、なんて小庶民の私の優越感。とろっとろの三田牛を食べたのなんて、ウン十年前のくせに。息子には美味しい和牛ステーキを食べさせるぞ!!

まろん


    爺ちゃん(義父)が山で拾ってきた栗を どっさりくれました。
    

  モンブランを作ってみました。IMG_4438.jpg


           なんちゃってモンブラン。


           でも買えない暮らしなんで。
   

     IMG_4420.jpg 栗剥きから工程は2・3日がかり。


 今回はパートサブレにクレムダマンド、(なんちゃって)クレムシブースト、その中に栗、マスカルポーネ、最後に栗クリーム。



           とはいえ、上にかける栗クリームはこちらを使用。
         IMG_4410.jpg
               フランス、万歳~~~



    今の季節だけあるBonneMamanのMaronenCremeは
    ドイツでは1.80ユーロでセール売りしていたので3瓶お買い上げ!
    

お口に合う



   日本からのお客様をご案内。
   ドイツ料理をどうぞ・・・
    
   「ドイツ料理って日本人の口に合いますね。」
 
   よかった。
         

      育ち盛りの息子 「今日はガッツリいくぞーーーっ

 DSC_0098.jpgDSC_0099.jpg

         なんて黒すぎなんだ、このソース。でも美味しい豚フィレ。
         「日本のハンバーグソースだね。」
         あっ そっか、デミグラスソースか。
         肉三昧の夜でした。
  

        DSC_0096.jpg 食べる時は静かになる
            
    英語の出来ないドイツ人の友人のヘルプでした。
    身振り手振りでも通じるのだけれど、
    言葉で思いが通じた時、言わんとすることが通じた時、
    お互いに目を見詰め合って、親しみのにっこり顔になる。
    傍にいて素敵だなと思う瞬間です。

          

げみゅうぜとしょく


  写真がたまったのであっぷ。
  ドイツっぽくないかもしれません。野菜とか食とか暮らしとか・・・。


  あっぷるしゅとぅるうでる DSC_0015_2015072319251165e.jpg


IMG_2913.jpg マーブルチョコマフィン 

 隣人の収穫物IMG_2916.jpg

  「なんで採らないのよ!!!」  なぜか先日怒られながら頂いた。
  「大きくなっちゃったじゃない、食べなさい!」  なぜ怒られるんだ・・・。
   お母さん、この人怒ってるね、どうしたの?
   ちょっと 辛いことがあってね・・・
  
  前面に感情を押し出す人間に打たれ弱い私だけれど
  それでも、こういう怖い顔に、な~~~んにも恐怖を
  感じなくなってきた。 慣れるもんだ。
  人の中の攻撃性、弱くなった人に出てくる攻撃性、家庭内DV、
  病弱になった時に介護人に攻撃する性質・・・とっても多い問題。
  それはそれで、その人の中の健全を保とうとしているらしい。

   「僕らはやさしいでしょっ」
   「怒るのはかまわないけれど、≪お母さんをやっつける≫のはやめてね。」
  
      母は太陽 女は大地    

  息子の定番料理IMG_2918.jpg
                ベーコンエッグ・ガーリック紫蘇パスタ。

         これは自慢か・・・
         息子に晩御飯を時々作ってもらえる至福。

    IMG_2902.jpg 保存料理。

                 
         作り置きおかず。 ネットでみてフォト真似してみました。
         ドイツ人義母に教わった留守中の夫への食事準備。 
         なんだか主婦してるって絵 ぐふふ 


べえれん

苺が出てきましたね。IMG_2726.jpg

乳製品大好きどいつ人に習って 苺のババロア ゼラチンを入れたけれどもモサッとしてる 失敗か。くっくぱどのドイツ版-Chefkoch-でレシピを見たらどひゃ~の砂糖・生クリーム量なのに、一応、カロリーとか気にするドイツ人。生クリームをクアルクに、クアルクをまーがー(低脂肪)に変えると大喜びされる。はてさて、でも、なぜ大量に食べたいんだい???

 
   IMG_2644.jpg移動アイス屋サン

日本人が想像するイタリアンジェラート は、なかなか田舎じゃ食べられない。 んーにゃ、じゃゃあまん生クリームアイスといったところか。んまあ・・・乾燥している欧州では、のどをゆっくり潤すアイスは散歩の途中のもちべえしょん。

にしゅ


    ベジとの同居

  IMG_2118_20150325235626383.jpgIMG_2147.jpg
   

   食べたいものが違うので、我慢せずに目の前で違う献立。
   目の前でバリバリお肉を食べられても文句を言わない夫も偉いなぁ・・・
   

   IMG_2076.jpgIMG_2194.jpg

   お弁当もグラタンも具材を変えるだけ。適当・・・・。
   でも不健康なベジタリアン? 脂は悪くないんだけれど取り過ぎー

  IMG_2178.jpg IMG_2195.jpg

     ベジレシピには欠かせない材料
     バジル豆腐は、揚げ豆腐のような食感で美味しい~。
     右はもやし系。サラダに入れたり、温野菜、野菜炒めに入れる。
          


   IMG_2169.jpg 一緒に食べられる焼き魚

   


   ・・・・・・・・・つぶやき・・・・・・・・・・・・・・

航空機墜落、10年生の子ども達がいました。
こんなことたまらないです。
毎日交通事故や病気で亡くなる子供もいるとは
分かっているけれど、二人称の死は、辛いものです。
 

とりわける

幹事慣れの友人がDSC_0105.jpgセッティングのレストラン
    画像が悪いのですが・・・・・


   『再度ご来店、うちからの感謝の気持ち』・・・・なんて
   お洒落な小鉢がどんどん出てきた。
   みんなで取り分けながら、なんて居酒屋な感じ。
     
   
   DSC_0107.jpgDSC_0110.jpg

  20名みな、アルゼンチン産ステーキか、ローストビーフ
  メニューにのっていないステーキ300gを注文できるように
  メインセッティング   ― の大食いグループ。
  (にあぶれる 夫婦。 夫はベジ、私は小食・・)
  


    幸せ   イタリアンデザート  DSC_0113.jpg

   イタリア人のシェフのおもてなし。
   みんなでお皿をつつく感じは、久しぶりだったもので・・。
   
   
   大声と食事の雑音の中、ドイツ語を聞き取って返事して
   耳と脳の機能の衰えを感じましたが・・・   

洋食半々

   息子が感想文のための本を読んでいる間、母は料理で妄想する。
   漆塗りの重箱とか欲しいなぁ~      


   00000a_20150104161735405.jpg
  ドイツのバゲットもめちゃ美味しい。バルサミコ煮の野菜でさっぱり。
   
 
  00000e_20150104161737d88.jpg00000f_20150104161739704.jpg
    ドイツ人ってピザが好きだよね。ピザで生きている知人が多い。
  
   

   0000f_20150102225433f1b.jpg
    白身魚は、ティラピア。日本人が目隠しで食べると鯛と
    間違えてしまうほどで有名な魚。東南アジアからくる魚介類は
    パンガシウスや海老なども、水質汚染・餌の大問題で一時騒がれました。
    規制が厳しいはずのドイツ  も、食料スキャンダルは多い。
    でもよくわからないのでエコtestサイト等で、ゆる~く自主管理・・・
    あまりにも気にしすぎて、食べるものが見つけられない人も多い。
    BIO製品が買えない家族はどうするんだ!保障しろと揉めている。
    知人のシチリア人は、実家(シチリア)に帰ると、
    全てが(安全面・生活面・秩序面)気になって、楽しめないそう。  
    ドイツ人って狭苦しく生きてるよね。 あ・・年初めから失礼。
    

持ち寄りで・・・

             0000a_201501011930067e6.jpg
      親しい魚屋さんで 「大晦日に新鮮な鮪が入る?お寿司用よ?」

          「入る!入る!」と言ってくれていたのにィ・・・・・
 
            店先で  やっぱ 違うってばぁ・・・ 
 
    急遽海老入りのベトナム風生春巻きへ。これはこれで目新しくて ぐー。  

        ライスペーパーに恐怖を感じていらっしゃった方もいたが・・・      
       

         0000e_20150102000146712.jpg
        
            年越し新年会  どんだけ飲むのよ  
           
            持ち寄りパーティ。 何が喜ばれるだろう 
                     


          nがー 写真だとなんじゃこりゃ・・・で失礼
          0000b_20150101193008b8f.jpg
         鯛の塩釜焼きに挑戦。これは身もふっくら美味しかった。
         内陸のここ。小ぶりすぎる冷凍鯛しか手に入らないので
        レモンやディルをのせて、尾頭付きのまま丸ごと 三尾ドン。
        泡立てた卵白と塩で包み、200度で30分のオーブン焼き。
         簡単だし、豪華感ありだし、後のオーブン掃除が楽。
            
         
         他の方々は
      人参生姜スープとか、チョコムースとか、じゃーまんジャガサラダとか
      イタリア風アンティパスティ、チキンオーブン焼き などなど          

外食


      ぷれーごぷれーご  と言われていつも撮影させてもらっている。
      ベジになってからはドイツ料理屋さんに行ってないな。。。

           001a_20141201070919a21.jpg
               きのこのブルスケッタ



  001b_20141201070920722.jpg
               海の幸リゾット
 

  001c_2014120107092341a.jpg
             リコッタチーズのラビオリ


001d_20141201070925073.jpg
                ピッザサラミ



ドイツでイタリアン というと、実はバルカン系、トルコ系、ギリシャ系の経営者も多い。ここはイタリア人のお店。「ぷれーご!」「せにょーら!」イタリア語が飛び交う。

  デザートにサバイォーネとパンナコッタを注文。

       満腹~~。

なにつくろ

      国際結婚でも和食も洋食も中華も何でもありな食卓。
      決定権は私にあるので 最近、ネタ切れ・・・・


        01_20141123185025ff3.jpg
        とりあえず、チーズがかりっとすると下は何でもあり。
     来客へ焼く場合、チーズの種類を聞きます。味が変わるので。
        


          01b_20141123192554ce7.jpg
         うちはルッコラも入れる、ジェノベーゼ。       
        これらは全部昼ごはん。夜はスープが多い。 



        01c_20141123211500fa4.jpg
        生クリームソースは、やめられない。
    サラダに入れるくるみは、毎年ご近所さんにいただく。




       02.jpg
         山羊チーズ林檎サラダとコロッケ 
       



     01a_20141123185027e54.jpg
         マスカルポーネが美味しすぎて・・・・



野菜を食べないドイツ人を沢山知っているのですが、どうやって生きているんだろうと不思議になります。1日に摂取する栄養素がどうなっているんだろう?でも貧血の息子や固太りの夫を身近で見ていると、私の料理の仕方は不味いのかもしれない~バランスや栄養って難しい。

焼き菓子

           生で食べると酸っぱすぎて不味いくらいの林檎
           だと焼いて美味しい。たるとおうぽんむ


   IMG_1596.jpg



          たまに食べたい、近くで売っていないもの
          は、和食だけではなく、フランス菓子も。
          



       IMG_1601.jpg


 
           ご近所の主婦友に配ってる。       
           うししし 下心ありあり。
        
          フランス風ケーキ話題で近所で
          盛り上がれるのはいつのことだろう?  

         
         

     IMG_1627.jpg
 
 

            焼きパンは、中の詰まり具合や外側のパリパリ感、
            ドイツのパン さいこう~~
         

          IMG_0270.jpg
 
           
           これはドイツから日本に持って行きたいとよく思います。
           友人らよ、うちまで食べに来てね。


Dashi/何つくろ・・

ドイツ語・フランス語で、「だし」について45分にわたりTV番組がありました。黄金に輝くだし汁。旨みの謎、自然の力などについて日仏共同で制作された映像が素晴しい番組でした。目の保養に如何ですか。

 Arteのサイトで動画が観られます。
Dashi, so schmeckt Japan! Le secret des saveurs du Japon (44 min)
(上の方のDEをFRに変えるとフランス語になります。)

それにしても 働き者のお婆ちゃんが多いですなぁ・・・
ここで「」を見つけて つい喜びました・・・・


    
                   


とか、言いつつ     

  2014aIMG_0307.jpg


    熟したトマトをこんなに戴きました・・・今晩、何を作ろう

     ドイツ語で  Das Rezept
     フランス語で Les recettes    
 
     レシピ検索は、具材や料理によって、独・英・仏・日で、
     でも視覚で「仏レシピ」クリック率が、多くなる。 むふふ
     
   
    2014aIMG_1198.jpg
   


       大量収穫のズッキーニを使ってライス詰め焼き。
       近所のお姉ちゃんにアイディアをいただいた。
       太陽にあたったトマト  甘~い
           



    2014aIMG_1099.jpg
          

         でも、ドイツといえば林檎
          

          洋ナシも熟れてきました。

         

      2014aIMG_0308.jpg
         

       今年は、あんまりフランボワーズがならなかったな・・・・  

しんせんとか・・

   この頃、文句が多い、だらけている夏休み・・・
  20140723_134026.jpg  20140723_134602.jpg
   初めて連れて行ってもらったお寿司屋さんで、息子と誓った。
       「お寿司を食べたかったら、ここだけにしよう。」
   
    ドイツ人に「おススメのお寿司屋さんは?」とよく聞かれます。


うちからじゃ100Km離れた 「日本人経営の店だけ!」と話し、下の写真を見せてなんちゃってアジア料理店の御寿司との差別化を促している。けど相手は困惑顔。和食の質を間違って認識して欲しくない~~~小さな足掻き。
 PICT0047.jpgPICT0009_201407260149405df.jpg

            これらは日本のです・・・
           こんな色の魚を 随分、見て無いなぁ・・。

        PICT0003.jpg
       
    ドイツ内陸の田舎で、(寿司通でも寿司好きでない私が、おこがましいが)
    最近、ディスカウントストアでも御寿司パックが売り出されています。
     その質が○○い!!ドイツ人用に酢飯など変えたのでしょうか?
 (何がイヤって、田舎の独人がそれを食べて「寿司通」を語ること。やめて~~
     

20140802_205703_2014080315095399c.jpg20140802_195247.jpg
   ライン河を見下ろすビアガーデン。こういうのがいい・・・ドイツ。
20140802_205942.jpg20140802_210536.jpg
何でも食べられる贅沢さ、食の楽しさ、お手軽感は今の経済の仕組みにはいいんだけれど、「身分相応」とか「身の丈にあった生活」というのか、果ては「身土不二」に還る教えも頭の片隅に置いておくと、私たちが美味しい和食をそうそう食べられないのは仕方がない。海外に出て身にしみる仏教的な生き方の美。ドイツ人は質素堅実なんだけどね、だけれどだからって安い冷凍寿司とか感覚が保存食じゃん・・が残念。

おーね あれす

          きゃ~~~~~~~~~~
       2014DSCF8909.jpg

            黄色い声飛び交う 午後

         暑いんで、みんなでたこ焼きをつついてみた。

           で・・・事前に希望を聞いていました、 

             蛸はやめて~~~

             ソースはやめて~~~~

             マヨネーズはだめだめ~~

             青海苔? う・・ やめて~~~
  

      ・・・・ Ohne Alles ・・・ 何にも無しで・・・・  


      アナタから食べて! いやアナタから!!
 
           きゃいのきゃいの・・・ 

           ぱくっ   オイシーーー

 
      「カレーライス食べた~い!でもカレーを入れないで~。」
         当時5歳の息子がよく言ってたなぁ・・。

 2014IMG_1058.jpg2014IMG_1059.jpg
  ブルスケッタ二種(右、にんにくを切っただけはないんじゃない?胃にキタ)
自家製イカ墨パスタとBabyセピア 2014IMG_1061.jpg

   2014IMG_1063.jpg   2014IMG_1066_2014072603550446b.jpg
 通知表の出た日。驚くほど成績が良かった(最後のおまけ?)のでお祝い。

    正直言うと、お祝いにはゲームとかが欲しいんだけどなぁ・・・
    お父さんのコーチしてるキッズバンドを手伝いに来るか?
    どうしてそうなるかなぁ・・・
    いいアイディアがあるんだ!
    もうお父さんの言いたいことわかったよ。E-Bass?    
    E-Bassを買ってやろう!生徒のお下がりがあるぞ!
    ってお下がりかい・・・・ (えっと息子はギタリストよね・・)
    ・・・・・・。
   
  こんなに空気が読めない滅茶苦茶パパを持ってご苦労だねぇ・・・息子。 

          

お受験お礼のお寿司

     20140423_190520.jpg
   お寿司を盛り合わせてもらった。久しぶりに見る「和」は和む。

   息子の受験勉強をみてくれた夫の友人とその家族を
   日本料理屋さんにご招待。安倍さんとオバマさんにあやかって?
   

20140423_190515.jpg20140423_185835.jpg
画像が悪くてごめんなさい。パリパリ天ぷら お子様メニューも。
  
   常にKorrekt(きっちり正しい)な彼は、
   受験にコネやテクは通用しない、と、学ぶ姿勢・基本を教えてくれただけ。
   うちのボヤボヤ君(息子)の目つきが変わったのも彼のおかげ。
   

お嬢ちゃんもお洒落して20140423_190526.jpg

 お寿司をみて「げぇー」と言うドイツの小さな子供達に慣れている私たちだけれど、「綺麗!美味しそう!」とお寿司に飛びついたこのお嬢ちゃん。(やっぱ・・・親だねぇ)

   夏は家族でアフリカ旅行に行くんだとか。
   あの大地と自然と動物を子供に自分の目で見て欲しいと彼。

アフリカは絶対行きたくないNono) (やっぱ親が違うなぁ・・・




ドイツのケーキを食べてる気に

   IMG_0509.jpg

 ・・・カフェに来た気になれるんじゃないかと・・・巨大にパチリ

  IMG_0510.jpg
        タルト タタン a la フレーズ

   IMG_0512.jpg
             ヌガートルテ
   
   IMG_0513.jpg
      一番美味しかった濃厚チョコトルテ


        あまいぞぉ・・・


ドイツケーキを80歳のドイツのご老人らがぺロリと
食べているのを見て、いつも自分が「XS規格外」のホビットだと感じる。
(ホビット視線:何もかも大きい、高い、長い、重たい。)

この量をぺロリと平らげるよりは、フランスケーキがドイツ中(うちの田舎でも)で
フランスサイズで、フランス本場の味でいつか食べられる日が来ることを祈る。

どこまでフランス贔屓。
ドイツケーキはドイツケーキの美味しさがあるんだけど。

時々粉類だらけ美味しい独食

   
   IMG_0327.jpg

      全粒粉のパン、サンドイッチを食べられるなんて幸せ

    夫は最近「薄力粉除去ダイエット」なんて戯言を・・・ぶつぶつ
     

   IMG_0089_201404112216177d4.jpg
    
    こういうのをずーーっと食べてるドイツ人も多いのに
    薄力粉アレルギーのドイツ人の友人も多いのです。何を食べるんだろ。    

  
    全粒粉入りワッフル IMG_0394.jpg

      
    ドイツの黒パンで育つと、薄力粉は 格下なのか・・・ 
    健康ストイックな人、身近に多すぎーーー             
  

ヴぃんどぼいてるvsしゅうあらくれむ

 数日前の早朝。

   ヴィンドボイテルを食べてみたい。寝てて夢で見たの。

   まじかーー

  
   ヴィンドボイテル・・シュークリームのことです。
   日本のとろとろカスタードのシュークリームは知ってるはず。
   私が焼くのはシュー・ア・ラ・クレム
 
   まじかーーー


      新しいカフェ DSCF8831.jpg


        デカッ  食べ方がわからないよ・・・ 
 
     DSCF8832.jpg
      
      
     蓋をとって食べるマナーを教えた。
     でかさが子供には魅力的なのか・・・?
     息子もやはりドイツ人の胃なのか・・?

     中には生クリームがどーーーん 

     ボク一度食べたかったの、でももういいわ。
    
      DSCF8833.jpg
 
     私のは、くるみクリームトルテ。うわー あまぇいっ
     今日は晩御飯はいらんなぁ。
 

いこくしょくせいかつ

     20140227_073143.jpg

       ドイツ人の食生活

       アジア系の友達と集うとついつい

       「砂糖と脂肪が旨み」と嘲笑してるけれど

       マクロビやベガン(究極のベガンは調理されたものを食べない)

       定期的に絶食したり仙人のような人もいる。

       格差社会「健康食=いいおうち」のようなイメージもある。

     アメリカの様な「体重自己管理能力=ステイタス」はそんなに無いけど。        

     20140227_134003.jpg


        
        最近 自分の中で納得してきたこと・・・

        ドイツ人にあげるお菓子は、ドイツのレシピで焼こう かと。

        人に作ることも多々あるからそこで困る。

        だはは、田舎じゃ 日本のレシピは

        やはり味がわかってもらえないんだなァ・・。

   何もかも混ざってぼんやり大味で大盛り食べたい人が多い。

       田舎の人はね。大都会のグルメ人のことじゃないよ。

        でも「美味しい」「美味しい」と

        言ってくれる人の顔が見れればいいか・・・と。

        馬鹿にして無いよ、これ必死で受け入れたこと。

        
        ただ、自分の家族には、別のレシピでいこう。

         


けーきけーきけーき



ケーキ好きにはたまらないドイツ生活かな・・・

  20140202_142336.jpg20140202_142322.jpg
   20140202_142220.jpg20140202_142208 (1)
  20140202_142333.jpg20140202_142351.jpg

半端無いバターと砂糖とタマゴの量を混ぜて作る。
だから、自分で作ると食べる気が失せてしまう。
でも人が作ってくれたらぜ~んぶ少しずつ試したい
(でも私にはほんと甘い・・・)
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。