スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞かれたら


日本旅行の目的の一つ IMG_4223.jpg



 わが子には知っておいて欲しい日本。
 ドイツで誰かに聞かれたら、答えられるように。
 
 日本学習の種まきはできるだけしておきたい。
 食いつき加減は、その子次第でしょうか。
 でもこれは一生かけて学ぶことになるのでしょう。
 
 アイデンティティはこういうところからかしら・・・・
 
スポンサーサイト

Japanische Esskultur

 
                  いただきます。

       DSC_0012 (2)
              さしみの もりつけが きれい です。
  
 

      DSC_0013 (1)
             おこさま ランチ も じょうひん です。

 
        IMG_4198.jpg
                牡蠣(かき) です。


          IMG_4201.jpg
               さかな の あらに です。 


        IMG_4202.jpg
          さいごに みやじま めいぶつ の あなごめし です。


              おいしかった です。


                 ごちそうさま。

          Kaisekiryouri, Haben Sie schon mal davon gehoert?
  

ぷち会席料理・ランチでした。JRのおでかけネットで旅行パックを申し込みました。往復のJR線(こだまのみ)+昼食+ホテル温泉+送迎付き、お得でした。こんなご馳走を戴け(会席コースなので焼き物や揚げ物、デザートやモミジ饅頭のお土産までついていました。)、檜や岩の露天風呂にもつかれ、日本だな~  寛ぎの時間。

Itsukushimajinja


      Reise nach Hiroshima und Miyajima.

   IMG_4146.jpg

         瀬戸内海は源平の合戦場が多いので、なんとなく
         海に浮かぶぽっこりぽっこりした島の山並みを
         海賊、那須与一、平家落人なんて言葉と一緒に
         妄想しながら眺めてしまう。
          
         IMG_4193.jpg
 
          もう数時間で、鳥居まで歩けますよ。引き潮ですよ。
          とガイドさんが大声で話している。のを聞きつけ・・・
          じゃ、その間に昼食とお風呂を戴いてこようっと。。。 

       IMG_4159.jpg
        Itsukushima-Jinja 厳島神社 何度来てもいいもんだ。

     IMG_4163.jpg
           立派な能舞台もある。
           台風で大変なことになっていましたよね、修復されたのね。

          IMG_4188.jpg
          外国人から見たら、鹿はかなりのアトラクションだなぁ。
          白人系の男の子達はカメラで撮りまくっていました。        
              

    IMG_4203.jpg
           意外と地面もぬめらずに歩ける。
           

            近づくと、でかーーーーい。


            IMG_4208.jpg

            ドイツから来た若いカップルに出会いました。
            彼女が日本語を習っていて、彼もどうしても旅行したかったとか。
            4週間の予定で、北海道から九州まで日本列島を
            ぐるりとしているそう。バッグパッカー。
            困ったことは無いの?大丈夫なの?
            ついついオバサンみたいに心配に聞くと
            大丈夫よ!食事も美味しいし、暑いだけ!とニコニコ。
            海水浴に行っていないと言うので、
            ドイツ人が海外の海で泳がないなんてことがあるの??
          と聞いたら、「私たちOTAKU」だって。コンビニ最高~だって。

            ついつい、こんな遠くまで旅行させてくれたご両親に
            感謝ね~なんて余計なおせっかいまで。
            
      

いぬがみけのあし

 


     IMG_4331.jpg
           犬神家の一族 その1  完璧


           と思ったんだけど、オリジナルを見たら
           反対向きでした・・・・残念。



   IMG_4328.jpg
           犬神家の一族 その2  おっとっと



  IMG_4330.jpg
          い・犬ぅ・・・? 1本足ィ~~なんか怖~ィ。


        瀬戸内海は波も穏やか、海遊びが楽しいのだ。
                

げげげロード


鳥取の皆生温泉へ連れて行っていただいた。そこから車で境港の方へ足を伸ばし、
水木しげるロード(観光サイトへ)へ。町興しとはこういうことなんだなぁ。な~んにもないところですが、韓国人や中国人旅行者がわんやわんや。素晴らしい。ありがたい。

  IMG_4119.jpg

ゲゲゲの鬼太郎を知らない息子の友達と息子でしたが、妖怪達のブロンズ像を見て廻るだけでも楽しい。
     
            IMG_4123.jpg
             なんてカワイイの・・・・

       IMG_4121.jpg
             ぬらりひょん様もおられましたね。

          IMG_4122.jpg
                 撮影ポイントね。

      お化け屋敷があったのですが、わんわん泣いて出てくる子らを見て、
      「ぼく入らない~」「ぼくもやだ~
      ドイツのお化け屋敷で怖がる息子に、日本のは無理でしょうなぁ~



境港の魚市場をゾロゾロ歩きました、鮮魚がな~んてお安く提供されているのでしょう。境港でもお寿司を頂きました。ドイツ暮らしでこのレベルの生魚が食べられなくなってからというもの、食欲の無い私でも一丁前に「新鮮さ」を語っています。ドイツでは関東の知り合いばかりなので、話を聞いていると日本へ里帰りをしても中国地方になんて来ることはなさそうですが、ええとこでっせ~といいたい。


山陰

  大山 IMG_3968.jpg

  中国山地を南北に山陽と山陰 といいわけます、山陽新幹線の山陽。
  山陽の者には山陰はどうも演歌の風吹く、暗い空と海の
  イメージがありましたが、夏は夏なのですね、失礼。暑いし明るい。
  今は内陸暮らしの私たちなので、潮風が心地よい。
  すぐ近くに富士に似た緩やかな裾の尾の大山もそびえ立つ。
  

     鳥取の砂浜 IMG_3993.jpg

      皆生温泉に連れて行っていただきました。ありがとう、HFamily! 
      日本海の海水浴といえば、大波小波でざっぶんざっぶんな
      イメージでしたが、テトラポットと独特の湾形の海岸で波が軽減。
      宿の露天風呂からは大山も海も見下ろせる。
       温泉がしょっぱいよ。 
      皆生温泉は塩の湯。ほかほかになります。       


  IMG_4117.jpg

         この向こうにユーラシア大陸がある。
        立つ位置が違うと、見える景色も違うとはこのこと?


          IMG_4042.jpg
            砂浜で花火。夏に花火、そっかー忘れてた。風流だなぁ。
            浴衣でよいですよ、とホテル。下駄も借りられたけれど
            私たち、歩けないもんね・・・

    IMG_4068.jpg
          温泉街の花火にキッズイベント 力が入っているよね、
          至れり尽くせりは日本人の十八番だね、
          ひょっこり乗っかって来た私たちには全て心地よい。      
          友人家族の思わぬおもてなしに感謝感謝。         

                       

          今回の日本旅行。初めて私は一切車を運転しませんでした。
          左右逆がだんだん怖くなってきたし、郷里といえども
          里帰りではなく居候・旅行。これが根無し草か。
          子どもが大きくなったら、日本にも行かなくなるかな。

Houjyou


神社の境内るんるる~ん IMG_3661.jpg

    
    なんて厳かなのだろう。下鴨神社。
    鴨長明 方丈記 ・・・冒頭しか覚えがない
    ・・・・・で、ドイツに帰ってからやっと
    「方丈記」現代語訳を@学ぶ教える.Comさんで読みました。


   IMG_3682.jpg 和 よのぉ

「方丈記(冒頭より)」鴨長明より
知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。


 ただの仮の庵のみ、のどけくして恐れなし。ほどせばしといへども、夜ふす床あり、昼ゐる座あり。一身を宿すに不足なし。
かむなは小さき貝を好む。これ身知れるによりてなり。みさごは荒磯にゐる。すなはち、人を恐るるがゆゑなり。われまたかくのごとし。身を知り、世を知れれば、願はず、走らず。ただ静かなるを望みとし、憂へなきを楽しみとす。
 

(最後のところだけ:自分の身の程を知り、世間を知っているので、野心を持たず、あくせくしない、ただ静穏であることを望みとし、不安がないことを楽しみとしているのである。)

   災害、災難においての人間模様に想いを寄せました。
   日本人的な空気の感じ方だなと思います。
   

IMG_3687.jpg
      下鴨納涼古本祭り   ・・・に用事のあった友人に同行。
      なんて機会でしょう、ありがとう ホントだ、児童書が多い。
      息子は伝記本を選び、私は姪っ子へ絵本を購入。

とぅ~りすてんインやぱん2


     市バスの中は満員。 
     みんなタブレットを持って、降りる駅などをGoogleMapなどで
     見ている。便利な時代やなぁ。ハイテックばんざい。
     2020年の東京オリンピックの言語面は大丈夫だなと思いました。
     言葉がわからなくてもみんなスマフォで動いてくれるんじゃないかしら。
     

   IMG_3448.jpg
    
      中国人の人たちが「可愛い~~」という感じの黄色い声を
      出して激写していたので、見てみると、熱心に庭作業中の方々。
      観光客目線だと、「絵になる」んだなぁ。ザ・日本人!!
     


    IMG_3458.jpg

       
       金閣鹿苑寺を見ておくと歴史の入り方が違うかな・・・・

                母の猿知恵
       
  
       行き当たりばったり旅なので、行けるとこに行っておこうと思いましたが、
       バスから見えるもの、見えるもの、「あそこに行きたい!!」
       んで、途中下車をするもので・・・・なかなか辿り着かない。              
 

   まずは、ここに来たかった。 IMG_3496.jpg

      息子のぶらりバス旅の途中下車目的は、コンビニとか回転寿司屋さん。
       お好きなように。  

       
      

とぅ~りすてんインやぱん1

 
        見るもの見るもの、にほん です。 
      
  
     IMG_3477.jpg
             立派な根っこや苔だこと。 

          IMG_3500.jpg
           うちの玄関アプローチの見本にしよう・・・・・

    IMG_3505.jpg
       
            おがあだん・・・・・・あいよ・・・・・
      
            IMG_3576.jpg
           疲れもピーク。リュックがずれ落ちても営業スマイル。


      京都市バス1日券を利用。大人500円。小学生無料。
      金閣鹿苑寺ー龍安寺ー八坂・清水寺を廻りました。
      観光客が日本人+外国人+在外邦人?でい~っぱい。
      特に中国語、スペイン語とフランス語を方々で聞きました。
      

        IMG_3597.jpg
             
                からすが鳴くから か~えろ

         IMG_3399.jpg
           あいよっ 定食一人前!!    食べきれないよぉ。

かえったね

  こんな鉢植え・・素敵 IMG_3501.jpg

        やっと帰ってきた。
        という気持ち満載でしょうか。


    IMG_3503.jpg

     今までは集合体の中の咲いた花を見るのが好きでした。
     近寄ると、圧倒される葉。つぼみの模様や満開な花弁の並びや
     花弁の落ちた咲き終わったもの(名称がわかりませんが)
     を見ているとほっとする。
     

IMG_3437.jpgIMG_3440.jpg

          夏祭りといったら これ。
          蚊に刺されまくりながら。

       パートタイム妹 IMG_3423.jpg

             やっと従妹にも会えて、ラブラブ 
             息子にとってはあこがれの自動販売機。
             空き缶ゴミ?はいはいはい。 でも・・・便利。

いしのにわ


    
        IMG_3523.jpg 
              落ち着きます。

     
         ドイツで よくイラスト写真に使われているのを見かけます。
         世界で禅や和風ガーデニングと言えば、龍安寺  かな?
         旅行ガイドにはきちんと石庭のそれぞれの説明や宗教的な哲学も
         書かれてあり、興味があるドイツ人は詳しく知りたがる。
         なので、息子に是非見ておいて欲しかった。
         

       IMG_3519.jpg

          2015年 京都最高気温の記録の出た日。
          何を血迷ったか、お母ちゃんは、ハードな京都廻り。
      
          丸1日歩き回り、2人で気持ちよい汗をかきました。
               

   2015年  夏   IMG_3685.jpg

   は、日本に帰っておりました 暑い暑い京都の夏。
   かき氷は美味しくない と言って食べなかった息子。
   ドイツ人(?!)の口には合わないのか???(なんだそりゃ)と思っていたら
   
   友人のお嬢さんのものを横から盗み食べた真っ白いかき氷に、
    え~~~!! これ 美味しい!氷がさらさら!
   小さい頃食べたガキガキに粒のある氷はイケテなかったとか。
   
   まあ・・・ 面倒くさいガキンチョだこと。

巻く



        巻けた!

       DSC_0086_20150121155323ccc.jpg


       太巻き寿司。

      DSC_0077.jpg

      きゃ~~ あたしにも出来たぁ!


       DSC_0090.jpg

         家でもやってみたい~



   自分で実況しながら動画まで撮った子もいた。
    「Youtubeに載せちゃいたい~ じまん~

   パパママたちも喜んで下さるんでは・・ 
   

ぼっけえイケメン

「ぼっけえ いけめん じゃが」20120805 (14)
ひい~~~ こんなべったべたな岡山弁、久しぶりに聞きました・・

「ぼっけえ」 は 「とても」という岡山弁です(が、私は使ったことが無いかな)
語尾の「~じゃな」や「~じゃが」も岡山弁。広島弁は「~じゃね」とちとお上品。

日本で町内学区のお祭りに行って来ました。盆踊り大会と言うのね。
あらま。パラパラみる同級生とお子たち。顔を見てわかりあえる所が嬉しい。

  20120805 (36)
女子が主導権を握る(ほんと?)今日の日本の小中学校は男子を品定めして盛り上がってる。。ほんと? 女子の話では学校中が「いけめん」だらけ、今は男子も可愛い系が人気とか。「ぼく つけメン!」とどうしても言いたくて喜んでる息子。それ古いし・・

            20120805 (33)
              お世話になりました。
     20120805 (23)      20120805 (8)
何度彼女の所に忘れた宿題を聞きに行ったかしら・・? お婆ちゃん盆踊りが好き

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

旦那が恋しくなかった?

    20120801 (86)
     あめりか旅行・・んな雰囲気?   騙せないか・・
    20120801 (104)
    大阪のユニヴァーサルスタジオに行って来ました。

日本で最終2日間おいおいメソメソ泣いていた息子。
飛行機の中でも「もおー帰りたくないよ~」 とか

言ってたのに、今朝友達がピンポーン。それから一日ハッピーハッピー

・・・もう。


近隣者数人と会い「どうだった?」とみんな興味津々。
日本のことと、この近所の情報交換、数人とはメールしてたので会えなかった感もなく、「あんな遠くまでメールが届くなんて!」と話して大笑い。一瞬で数千キロを渡る電子メール。そうだよね、すごいよね。

最後に仲良しのアネッテに会った時、
「えっと・・レルフィーをVermissen(恋しい・会いたくて寂しい)してた?」とニヤリと聞いてくる。

一瞬 私の顔もニヤリ。
「寂しい寂しいって電話を毎日してくるもんだから、時々うっとおしくて(爆)」
「寂しいって思うなら、私が居る時に優しくしてくれなくちゃね」

と答えると、「男ってそうよね、でも男は一人ぼっちはダメなのよね。」とニヤ。


週1で彼女の職場のお弁当を差し入れしてもらったらしいし、旦那さんとは数回コーヒータイムをしたらしい。他の近隣者とも2回飲み回したらしい。楽しんどるやないかいッ というかなんか有り得ないほどイイご近所さん。

ふむ、前の家の近所の「さあ 離婚かしら」と窓越しに他の女性の出現を心待ちに願い覗き見する反応とは大違い。(そういう人が多かったからドイツってそういう所だと思ってました 爆)


私は多分、旦那にというよりはこの家やこの近所がVermissen、ここに帰って来たかったかな。人より家につく猫系かな。声に出しては言えないけど・・


    20120801 (147)
   広まれ、日本の新幹線!そして日本のサービス精神!
    

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

日本から持って帰りたかった

帰ってまいりました。   寒っ 

 「寒いは、大袈裟でしょッ!!」

いやいや毎日体感37度の猛暑で「もう堪えておくれ~」という暑さからすると寒いと言えてしまいます。涼しいですね ドイツ。

空港に迎えに来てもらって田園風景の続く高速道路を家路へ走っていると「おうちに着いた」という感情が込上げてきました。反対に日本はもうこんなに遠くなっちゃったんだなぁ。


日本最終日の夜中、妹とブラブラ用事も無くデートをしに買い物に出て、「ドイツでこれがあったらなぁ・・」と思うものを発見。私の場合は整理整頓グッズ。こんなに便利で簡素でデザインがすっきりしていて、狭い場所の収納を考えたアイディアの集大成は日本にしか無い。・・気がします。ドイツでも最近少しずつ店頭に並んできたものの、日本の店頭の比ではありません。家が大きいから不要なのか。


もちろん数をあげたらキリの無い便利な日本の製品(めいどいんちゃいな?)。電化製品や食品などは欲張ったらきりが無いし。もう長く海外に居るとそれが持って来れなくても不便じゃないってことが多くて。あ・・モノが要らない私の場合はですけど。

本当に日本から持って帰りたかったものは、「本屋さん」 デカッ
実際に手にとって中身を吟味して買える(参考書の類はね)ありがたさは無いです、アマゾンとは違うのですよね。活字ってInternetでは得られないものがあります。まあ欲張ったらきりが無い。本当にきりが無いので怖くなりますが、息子がいなければこんなに「日本のモノ」に執着も無かったのかなぁ・・まあそういうの(物欲)も楽しくて良しとしようかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

流行のロングブレスダイエット

うぶぶぶぶ。。。。。。。。20120801 (225)

美木良介さんという俳優さんの筋肉を使った呼吸法(と書いたらダメ?)ロングブレスダイエットというのが流行っているんですって。おほほ とりあえず オバサンはミーハーですから なんでも飛びつきます。

それがかなり痩せるし、骨盤や背骨にも良いとか。ただのダイエットじゃあないそうです。おほほ。・・・私は敵を作るかもしれないけれど、今までダイエットをしたことが無いんです。でもやってみたくなるんです、これ。なんと言っても 美木さんが必死なんです。この方、こんな方だったのぉ?うぷぷぷぷ。ほっぺたふくらませて丹田に力を入れるそうです。今日本で大ブレイク中。お試しあれ!とかCMを真に受けている私。ドイツへ帰ったらきっと忘れちゃうんだけどぉ。それまでは一応やってみますか。

「もう帰るの?いやだなぁ~~~」
息子が毎日数回呟いています。

「母ちゃんはそろそろ美味しいドイツのパンが食べたくなってきたな。」と言うと息子は辛そうな顔。「それはそうだけど・・ぼくは和食がいい」とか。というかお弁当スタイルなのがいいらしい。DSCF4302.jpg これ和食じゃないじゃん・・

食事は確かに日本でのほうが楽しいよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

DSの漢検練習

財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 250万人の漢検プレミアム 全級 全漢字 完全制覇財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 250万人の漢検プレミアム 全級 全漢字 完全制覇
(2009/04/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


多分、海外在住の日本語学習児童の中では一般的な話題かなと思います・・が、私たちはやっとこのDS用の漢検ソフトを購入しました。種類などはよくわからないので店にあったものを取り合えず。


買ってみての感想・・・・・ホント良かったです。

     DSCF4673.jpg

毎日5分だけの約束なのに級を制覇したくてたまらない息子。(3日坊主はイヤよ~)ほほほ出端は好調。出来る級から順に進めていけばいいかなぁ・・。

文章で漢字や送り仮名やふり仮名の出題があったり、画数出題などなど出題形式も様々で飽きが来ない充実した内容です。

  DSCF4621.jpg 頭がキーーーーンとする経験をしたことのない息子。意地悪な母は素早く一気にカキ氷を口に押し込んだむふふふ。

追記
息子は日本では小3(ドイツは次学期より3年)です。この漢検は漢字習得1・2年後(2年生で10級?)くらいからの方がおススメかな。出来る体験をすると多分はまるんじゃないのかな。漢字練習帳に書くのが一番だと


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

祝福の言葉を

呪いの時代呪いの時代
(2011/11)
内田 樹

商品詳細を見る

のらりくらり読んでおります・・「呪いの時代」。家族に「いやぁコワイ~、呪いなんて何の本を読んでんの?」と眉をしかめられました。あ、そうか。そういう感覚なんだね。日本は怨霊や祝詞などの文化・歴史を持っている人種。人々の吐く言葉が言霊となる国、現代人はそんな特殊な感覚で生きていながらそのからくり自体には気づいていないので、数々の問題が無意識のまま起きている。井沢元彦氏の本では「一番大事な問題は「汚れ」という思想で解決しないまま手をつけることを忌み嫌い葬りさられる。」と読んだことがあります。(外出は着飾るのに自宅のトイレ掃除やゴミ処理の出来ない日本人が多いよね)

そしてそんな人種、こんな時代だからこそ「祝福」の言葉(自分の吐き出す言葉に自己責任を そして敬いと供養の心で問題を自分ごととして前向きに)で生きていこうという主旨なのがこの本なので、陰陽やセクト系の本ではありません。

・・・と家族には説明。(ちゃんと読んで欲しい~

不思議だなぁ~~と思うのが、西洋人は自己中とかエゴイストとか(そりゃ私が言ってただけか)そんな印象があるのだけれど、キレやすいのって案外日本人の方? コワイくらい突然陰湿な反撃に出る人や気に入らないと睨んだりふてくされる人など、ドイツじゃこういうのはあんまり見た事も遭遇したことも無いな(いや同じかな?ドイツだともっと晴れ晴れとした空の下の直接の喧嘩という感じ?それもコワイけどふてくされるのは無いかな?)ということがあり、驚いています。ここ数年で日本って何かどうにかなっちゃったのでしょうか?マナーの悪さや常識の無さ(これは私も反省)が広まってる と日本人の友人らに聞いたら「そうなのよ アナタが帰ってきてびっくりするんじゃないかと思っていたのよ」と彼女ら。ハイ、びっくりしています。

そんな中で「祝福の言葉を」を実行できるかどうか?
そこが深いんだなぁ・・。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

シホさま うさぎの母さま Legohaus管理人さま あいこさま
コメントをいつもありがとうございます。ご無沙汰しています。ドイツ発信では無いのに訪問ありがとう。そちらの夏休み・近況もお知らせ下さいね、楽しみに待っています。


        DSCF4519.jpg
     岡山といえば 桃太郎さん あとは後楽園と瀬戸大橋かな 

吉備津彦命(きびつひこのみこと)の伝説から童話「桃太郎」が出来上がったと岡山県人は(?普通?多分かな?)信じています。たまたま私の中学の時の校長先生はその研究の第一人者で、当時学校では保護者が校長を囲んで勉強していた記憶があります。温羅(うら)という鬼を退治する話で、私が欧州へ発ってからなのですがそんな歴史から≪うらじゃ≫というお祭りになり子供から大人までが鬼の格好で踊る祭りが出来上がり夏の行事になっていると聞きました。地域の絆がこうやって出来上がるんだね。

      DSCF4564.jpg
しょうも無いのですが、ファミレスは欧州在住の子育て中の人には憧れの地かもぉ私だけ?美味しさとか食の安全性とか考えたら、有り得ないのですが、たま~に行くならいっかぁ。息子が3年間行きたくてたまらなかった日本のレストランがココ。親族がお笑い。だってドリンクバーが楽しいんだもんッ

  DSCF4615.jpg DSCF4619.jpg
子供祭り。近くの養護施設の方々や福祉ボランティアの方々の出店で暑い中、カキ氷や焼きソバ、ぶっかけうどん、ポメスやアイス、ヨーヨーやスーパーボール釣り。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

母性と父性

(教育雑誌「edu」中の 内田樹氏と浜文子女史の記事より)

まず内田氏が
女性は「我が子は弱い なんとか生き延びられるように」
男性は「強弱勝敗 子供が如何に優位に立てるか」

という本能があり、女性としては一分一秒でも長生きして欲しいと我が子に接するけれど、男性は競争で負けない子供になれと接するそうです。

生き延びる安全の確保された現代では、女性も競争社会へ傾き、夫婦同じ価値観を持たなければと家族の価値観を統一させる傾向があり危険であると書かれてあります。子供たちが多種多様な人々と接し、様々な価値観を学び、子供自身の成熟度を鍛えることが重要であると。

そして 浜女史が

成熟とは・・足許の暮らしや物事をきちんと受け止める事。きちんと怒り、泣き、笑い、考える態度の継続のこと。≪母とは意思と覚悟を持って子供を受容しきる者≫、ときっぱり書かれています。育児や教育では「この子の傍にどんな大人がいたか」が全て。成熟した大人が子供の傍にいることが健やかに成長するのに役立つ。母親は子と会話し、泣き、褒め、叱り、共に笑い、そして巣立ちはスッキリと手放すこと。命のバトンを渡された子は成熟し、そして子をまた育てる。

  ひゃあーー厳しい。


子供の傍にどんな大人がいたか」   ・・胸に刺さる言葉でした。

            DSCF4558.jpg
息子の日本でやることリストに「たい焼きを食べる」があったので探してきました。海外在住の皆様~目だけでもご堪能下され~~


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

息子の日本

        DSCF4421.jpg
     水泳前の準備体操 なんてドイツじゃ教わらないもんね。

「あ~~ 残念だなぁ~ もう帰るなんて 惜しいなぁ。もっと居たいなあ。」

息子がボソ・・・。 ≪母ちゃん ニマッ 


日本滞在、徐々に冷めている私とは反対に、どんどん盛り上がってきている息子です。

周りの子達とは

    日本語喋れるん?    から始まり
    これ知っとる?     と盛り上がり
    そんなん知らんの?   と今じゃ全くの日本人扱い

そんな普通がいいのかな? 有り難いことです。好奇心の塊のような周囲の子供たちを見るのも微笑ましいです。それぞれがそれぞれでこの「何か違う・・・けどそれでいいんだ」を学んでくれたらな・・。

       DSCF4602.jpg
このアーティスト(オーストラリア人?)は息子に英語で何やらゴソゴソ あららハーフでも英語は喋れないのよね。舞台に上げられてお手伝い・・というかピエロ役。なんだかオモチャにされてて嬉しそうなドMロロ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

鬼トレ/行事だらけの日本の小学生

    DSCF4191.jpg

猛暑ってこんなのでしたっけ・・・ アツイなんてもんじゃないんですね。ぜえぜえ・・
クールビズでショッピングモールやデパートなどは外に比べると涼しいもののムシッとする感覚はあります。扇子を片手にお買い物をする方々、なんだか風流

      DSCF3912.jpg

日本の小学生って夏休みも忙しいのですね。毎日ラジオ体操、学校図書館、学校プール指導、クラブ活動と甥っ子達はかけ廻り、中学の姪オネエチャンはお弁当を持って水筒2つくらいぶら下げて登校。丸1日帰って来ません。コンクールにお祭りに、工作教室、絵画教室、植物から星座のお話、それに普通に塾や習い事・・ホント充実しているのね。(彼らのアッシーが私の仕事・・なんだかせっかくの日本滞在が慌しくてちょっとブツブツ)

        DSCF4233.jpg
           
28日に任天堂の3DS LL が新発売。買っちゃいました。息子が漢検をやるという約束で(ふむ 私も親バカ)。私・母用に川島隆太氏の脳を鍛える鬼トレを買いました。私はゲームにはどうも抵抗があるのですが物忘れも酷いし、と息子が薦めてくれました
東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
(2012/07/28)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

あれ、先日読んだ「脳の力こぶ」の著者が監修?物質主義やIT儲け主義を否定する脳科学者が監修?ま・・いいんだけどさ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

古書と息子の日本語学習支援

正直、別にちょこちょこ日本へ帰らなくてもいっかな~なんて思っている今日この頃。なんなんでしょうか この心境の変化。こうやって人は変わっていくのかな・・・。ぼそ・・。

     DSCF4562.jpg

ちょっと嬉しさ報告。 今日、友人からどっさり本が届きました。配達のお兄さんが「重たいですから!」と気を使ってくれるほど(ドイツ在住の私は力持ち!)本当にずっしりと入っていた。そして古いものは大正9年の出版なんて古書の復刻版児童書を数冊いただきました。(上の写真はほんの一部、古書は珍しいのでまた載せます)数年見込んだ国語の問題集や漢字練習帳に漢字学習ノート。算数はこういうのを買おうと思っていたまんまの小学校地固め中学生用算数問題集。本当にアリガトウー


友人のこれら贈り物の選択にぐっときました。ここ数日何件も本屋を廻ってめまいで倒れそうなくらい数冊の問題集をにらめっこしてこれからの数年分を考えて購入していますが、もう正直キャパオーバーでした。身近で相談にのってくれる時間と順応な思考力のある人がおらず(息子の状況が特殊なだけに)困っていました。私1人じゃ本当に無理な息子の日本語学習、こうやって助けてくれる人がいてこその学習。アリガトネ。また問題集などについて書きます 選択肢多すぎます~。 


       DSCF4515.jpg

坪田穣治は夢二と並んで岡山出身です。ここ岡山駅西口に穣治についての記念版が置かれてありました。何年か来ないと街が見違えるように開発されているのね。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

ちょうどこれを読んでいます。これに書いてあるとおり、戴いた本も袋とじ(線装本)になっているんですよね、驚きました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

集中力/膝栗毛の異文化体験

毎朝6時半にラジオ体操に出掛けている子供たち。元気やなぁ

おいおい ラジオ体操だよね?DSCF4267.jpg ロロ君ヘンーと言われてた

以前、≪注意力散漫≫と書いた息子の集中力欠如。いや文句を言うほどのことは無いのだけれど母親は心配をする生き物でして林成之氏(日本大学教授)によると、

統一・一貫性の本能(同じ環境・状況で能力は発揮しやすい)
空間認知脳(目線を水平にすることや姿勢の正しさで認知度が安定する)
ダイナミックセンター・コア(「考える仕組み」を生み出す機能)


の観点から、なるべく狭いいつもの場所を与えること(統一・一貫性の本能)、姿勢を正すこと(空間人知脳)によってやっていることを把握し、好き嫌いだけではない「尊敬」の気持ち(ダイナミックセンターコア)を持たせ本人が根気良く続けるということが集中だと説明しています。

個室好き(個室で無いと仕事や勉強が出来ないと言う人が多い)なドイツ人は、この仕組みを知っていたのかな~?むふふ。


       DSCF4409.jpg
        あなた達って オモロイなぁ


(「歴史秘話ヒストリア」という番組より)やじきたの東海道中膝栗毛には続膝栗毛と続々膝栗毛があったそうです。続では大阪より西南を訪れています。高松の金比羅山や広島の厳島神社など、続々は日光へ(この巻で十返舎一九は逝去)。そしてその後仮名書魯文によりやじきたの孫が旅する西洋道中膝栗毛という本が書かれ出版されたそうです。異文化体験、好奇心、そして違いを楽しむやじさん きたさんの姿勢に親しみを感じます。日本だって昔は東と西でカルチャーショックはあったのですね、それをずっこけぶらり旅調で行く二人、一風変わった旅行ガイド小説として読まれ当時のベストセラーだったそうです。こんなユーモアを持ちたいな。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

子供たちの夏(フォト)/ノート写しの要点

   DSCF4249.jpg
        登下校だけでこんなに大賑わい 
    
≪異常天候早期警戒情報≫という予報があって猛暑警戒や熱中症対策をしているようです。頭のてっぺんから汗が吹き出し一日に何回も服を着替えないとたまらない 暑い暑い・・

   DSCF4341.jpg
     花火しながら汗だく  夜も早朝も蒸し暑いって・・

教育関連の雑誌「edu」を読んでいました。そこで親は子供のノート代をケチらない方がよいというコラムに。ノートの大切さが書かれてありました。ちょうど息子の日本の小学校体験入学で「ノート」に注目したところだったので私にはタイムリーなコラム。低学年では綺麗に丁寧に、写すことに慣れることを学び、高学年になるにつれ板書に自分の工夫をこらすようなノート作りをする指導が書かれてありました。

要点としては
①丁寧に書く ②黒板を写す ③赤青黒の3色使い ④ラインを引きノートの見開きを分割・整理 ⑤プリント・資料もノートに貼り整理

テストの点数や成績表を見て叱ったり文句を言う前に、子供のノートをチェックし指導することを勧めていました。

そうか・・そうだったかぁ。ノートを使って文章を書いたりまとめたり、そういうことも今後気をつけるべきとは目から鱗でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

本人か・・/白米より黒米


息子の日本語の「書き」をどうしたら良いんでしょう?


不躾に教育関係者に会うと今とばかりに尋ねています、皆さん「支援で使う文章書きのテキスト練習帳」や「子供新聞購読」など思い思いに教えてくれました。ただ最後は本人次第。日本語で文章を書くことがただ億劫な息子なので書かせるしかないのよね


玄米や雑穀食がいろんなところで食べられるんですね。ドイツのお義母さんにいつも「日本人はどうして栄養不足の白米を食べるの?」と聞かれているのでこれらの写真を見せてあげようと思って・・(ドイツでは白パンではなくライ麦や全粒=黒パンが良い)

     DSCF4387.jpg
     五穀そばと豚たれ丼 小松菜のおひたし 小鰯南蛮漬け

    DSCF4383.jpg
     五穀米田舎定食 黒酢あんかけ唐揚げ 焼き鯖 焼き豆腐

     DSCF4384.jpg
      五穀米田園定食 京粕漬け鯛 とろろざる五穀蕎麦

  DSCF4378.jpgDSCF4380.jpg
      お子様ランチは 日本だけだから・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

にほん

   DSCF4140.jpg
昔に比べると小綺麗になった。昔は船で沖の無人島へ渡らないととてもじゃないけれど泳ぐ気になれなかった海岸、カメラ前方はこんな風景。
(・・・でもこの真後ろはゴミ溜め・悪臭でした。)

        DSCF4212.jpg
            この縄のかけ方がすてき。

DSCF4210.jpg DSCF4215.jpg
朝の市場へ行って来ました。生産者の名前や住所入り。


 にほんのなつ  DSCF4355.jpg  DSCF4357.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

アツイです/脳の力こぶ

汗だくだくです。建物の中が節電で少し涼しい感じ(冷えていない)なのがちょうど良いです。ドイツの冷夏を考えると暑さサマサマ。

         IMG_0851.jpg
        初お目見えの姪っ子。ああ・・・可愛い。

なかなか会えないだろうしと命一杯写真を撮りました、ここに写真を貼り付ける位、嬉しさ麻痺しております。

脳の力こぶ 科学と文学による新「学問のすゝめ」脳の力こぶ 科学と文学による新「学問のすゝめ」
(2006/05/26)
藤原 智美、川島 隆太 他

商品詳細を見る


海外暮らし、最近は便利でInternetで何でも探せるし、時事ニュースもコラムもなんでも探せるけれど、何が違うって、Netだと自分が探す方向へ情報が偏るんですね。日本にいると気にかけていないものでも手に取るし耳に入るし、今、本当に日本人を知らないし、日本を知らないなと感じています。

上記の本も何かの並びにあったので手にとっただけですが、川島隆太氏が有名であると後から聞きました。日本人の早期英語教育の危険を述べられています。母国語が大事、どうして大事かというところ。言語の存在意義は思考という人間的な運動の源で、言葉とはコミュニケの一部ではなく、内面形成の本質「核」であると書かれています。

IT化されている授業の危険性・・実際に脳の不活性化・・前頭前野の運動不足・・日本人サル化(脳の退行)を説明し、IT企業の金儲けだと国民に気づいて欲しい意図が書かれてあります。ゲーム脳の危険性というよりは、可塑性(能力を取り戻す力)食育・心の発達・創造能力・運動を提唱していると受け取れました。

こういう生活の基礎、心身が健全な人間であるというだけの生活が出来なくなってきているのが私たちなのだと実感しています。バイリンガル・・・いろいろ関連もあり考えました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

自分探しの旅(の落とし穴)

呪いの時代呪いの時代
(2011/11)
内田 樹

商品詳細を見る


なかなか読み進められていないのですが、内容が  濃い・・・。
考えることが多すぎて、さらっと読み流したくないのです。「下流志向」「街場の現代思想」等などでの一貫した思想展開は筋を追えるものの、今起きている事象が言語になる感覚に陶酔しきっている私がいます。なんだかドイツ風の言語使用感覚なのに、それがわたしのわかる日本語であるという不思議な感覚。(内田氏は常々「フランス語に翻訳しても通じる文章を書いている」と書かれています。そうそうそう・・本当にそうなんです。)

その中から今引っ掛かっている箇所を抜粋してみました。
現代人が自我の中心においている「自分らしさ」というのは、実はある種の欠如感、承認要求なのです。「私はこんな所にいる人間ではない」「私に対する評価はこんな低いものであってよいはずはない」「私の横にいるパートナーはこんなレベルのものであるはずがない」というような、自分の正味の現実に対する身もだえするような違和感、乖離感、不充足感、それが「自分らしさ」の実体です。

「自分らしさ」というのは「今の自分は『ほんとうの自分』ではない」という否定形でしか存在しません。ですから彼らが「自分探し」というときに探しているのは実は「自分」ではない。彼らが探しているのは、彼らの欠如感、不充足感を満たしてくれるような他者です。(内田樹著「呪いの時代」p・38-43)


この後に、自分を探しているのではなくジャストフィットする「容れ物」を探している、今の私は「ほんとうの私ではない」「自我との乖離に苦しむ」という捻れたアイデンティティを持つ、そしてこの思考回路を突き詰めていくと現代のネット上の問題や政治家の問題が浮き彫りになってくる。簡単に人を批判できる無責任な言及、破壊的な思考、自己と外部の評価の誤差。これらが言葉となり呪いとなっている。

さて・・・「自分探しの旅」シンドローム世代の私。(勝手に世代にするなって?)「個性」「個性」と主張され子供の個性に気づこうとも育てもしなかった私たちの親教師。今となっては私自身の成長が鍵で甘えていられないのですが、私たちの親教師世代もそれなりに頑張ってきたけれどやはり偏っていたのでしょう、私たち・今の親世代がもうこんな調子(変)ですから、今の子供たちの問題を問うなら何世代も遡り、軌道修正をしていくことが大事なのかもしれません。80年代一億総中流時代で働くことを軽んじた。オンリーワン強迫感、権利の履き違え、子供に可能性を与えるという有限と無限の履き違え。などなど書いている私もまだ完全に理解していないのであれ?と思われた方はこの本を一読されるようお願いします。

海外に出ている(特に近くのドイツ在住の)日本人の友人たちとよく話をするのですが、この日本的な呪いから解放されたくて心を痛めている人も多い気がします。本当に日本人の「呪い」はオドロオドロしいと感じずにはおられないのです。・・としか書けませんが。

両方の良いところを

息子の小学校の体験入学は、体力的にかなりしんどそうだったものの(暑さと一日学校生活と登下校の距離)、楽しかったようで「ドイツ語でどう言うの?」なんて先生方が気を使ってくださって(教頭先生が第二外国語でドイツ語を専攻されたそうで)、私を見てもダンケシェーン!と大声で叫んでくれる児童たちに、温かく接してもらい、下級生から上級生まで声をかけてもらったり学校を案内してもらったり、クラスにも仲良しの友達が出来たようです。

いい形で体験させていただきました。テストも一緒に受けて自分の難点をよく把握したようです。今日は終業式でまた手厚く送別の為にいろいろ考えてくれたそうです。有り難い。私が出て行くとまた先生方が気を使われるので(初め数日学校に呼んで頂き丁重にしていただいたので)、夏休み中に挨拶に行くつもりです。

   DSCF4130.jpg
         夏休みだ!

ドイツのことなど(環境問題、人権問題)を5・6年生の先生方は学びたいと言われていましたが、時間に追われ授業ややることに追われ、ある先生の提案で写真を見せながら全校生徒にドイツの子供たちの暮らし(週末・消費活動の無い過ごし方、コミュニケーション、地域活動、多文化共生とマルチリンガル)を紹介しました。
   DSCF4178.jpg

息子には、ぴりっとケジメをつけること、日本的な形から入る規律や礼儀の積み重ねでの秩序ある人に優しい社会を体感して欲しいし、反対に時間や人に流されないドイツ的な心の豊かさにも気づいて欲しい。両方の良いところを息子ともっと見つけていきたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。