スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BurnoutSyndrom

   カフェしながら おしゃべり・・・の時間が一番の精神安定剤。
   20120227 (12)

関心を持っているからでしょうか、友人知人にこのバーンアウト(燃え尽き症候群)が多い気がする。昨日も友人がこれで自宅療養になったと話してくれた。鬱症状が酷くなり医者に行ったそう。知人たちはそれぞれに離婚、リストラ、家庭・仕事のストレス、病後と原因があるよう。


先日の新聞にも女性弁護士さんの記事が載っており、彼女がどうやってバーンアウトになりそれに気づくまでの心理、鬱症状、治療を開始しどう今に至るか(また仕事復帰)が書かれてありました。


燃え尽き症候群はうつ病の一種と言われていますが、鬱も身近に多い。


という私も子どもとの死別は乗り越えられなくて万年鬱、波長が低く沈みっぱなし。対人恐怖なんてものまで授かり、知らない人にはなるべく会いたくない。・・なのに生活していると知らない人とドイツ語で話すことは多く、ドイツ人に対人鬱っぽい人は多い(ガイジンと喋れないだけ?いや旦那もよく言う)ので反対に気遣い次の日胃痛なんてのらりくらり鬱生活やっています。


知人の多くは仕事復帰へと治療に専念しています。年金者や失業者、私のような主婦、家が中心の人になるとまた難しいんだよね。社会に「必要とされていない」感覚が体中に染み渡っちゃってどんどん引き篭もる。



聞くところではドイツは日本に比べると復職しやすいのかもしれません。1人の友人(公務員)は1年半仕事を休み、クアにも2ヶ月行って職場を変えてもらい復帰、復帰後も半分勤め、回復次第で仕事時間を増やすそう。上記の彼はとりあえず医者の指示で3週間自宅療養のため会社を休みます。知人の1人は会社に籍を置いていますが復帰は未定。復帰できるポストがあるのはまだいいかもしれない。

人にもよるかもしれないけれど、社会性の感覚を失った人は周りの助け無しでは這い上がれないのです。でも最後はもちろん自分がやるしか無いのだけどね。そこまで行けば回復なのかな。ドイツではオープンに話せることがまだ周囲の理解を深めているのかな。こればかりはなったことのある人にしかわからないだろうな。


「自分で自分を褒める」「最悪なことは考えない」
「≪これしか出来ない≫を≪これだけ出来た≫に置き代える。」
心理カウンセラーの方に教わったことでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。