スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽やエコ農家で食べていけるドイツ

                
     昨晩は、  ドイツといえば 音楽   

       と感じさせる街をあげての音楽学校コンサートへ。

    20120318 023
  息子所属ちびっ子バンド。ビートルズやロッドスチュワートなどの曲目。

      
ドイツの各都市には大きな音楽学校がありドイツの団体?共同体システム、Vereinなどが設立し何十年も継続してきた事業で運営状況やスポンサーなどにもより市が管理したり民営化していたりするようです。国が音楽学校に予算を投じるのは厳しくなってきたけれど、それでも素晴らしいことだと思います。そして音楽や美術で食べていける仕事があるというところもドイツならでは。(もちろん正規雇用など難しいことは山積みだけど)


お次は うちが利用しているエコ農家。6週間に一回売り出されるBIOの肉を注文購入しています。それとは別に毎日卵や野菜・果物を購入出来る。人が注文する分だけを売り、餌や牧場にも気を遣っているエコ農家。そういう所で主に食品を買うという人がドイツには沢山いるので成り立つ商売。儲かってはいないでしょうが。


ドイツでも時々輸入野菜や精肉業者の問題が取り上げられます。この間はWiesenhof(鶏肉会社の大手)の酷い肉のニュースが大々的に流されました。それ以来ちょっと気をつけています。

          20120318 018

 BIOの製品は高額なイメージがありますがそんなことは無いです。この日買った鶏肉も1キロ7ユーロ精肉店頭の値段と変わらない。ディスカウントショップの精肉とは比較できない安全性、日本の製品に比べたらまだまだ安いし、うちの利用している農家は飼育状態を見せてくれるので安心。ここの農家主とは知り合いで早くに奥さんを亡くなされ3児を男手1つで育て(うち1人は障害児)ている苦労を微塵にも見せない豪快で明るい人。街の人たちに健康な食品をと研究、販売する姿勢に心打たれます。ちょっとそんな個人的感情もあって、ポーランドやチェコで酷い状態で育てられドイツへ運び込まれる安い肉よりもドイツの信用できる農家で直接購入することをお勧めしたかったのであります。


言いたかったのは、豊かさの価値観が違うというところ。低収入でも貧乏くさくない暮らしが出来るドイツ。こういう豊かさはまだ日本には無い気がする。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。