スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他国民と自国民/移入と受入

 20120322 (56)

昨日朝ドイツ人のある夫婦と話してて≪外国人をいかにドイツで受け入れていくか、言語の習得や文化の理解、相互努力、多文化共生を街の先頭に立ってやっている方々なので、私の一意見だって真面目に聞いてくださる。私の意見は表面的なことだと思うので、専門家がそこから掘り下げてくれればいい。≫


長い付き合いなので本音で話せるのですが、ドイツ人だろうとトルコ人だろうと他外国人であろうと、個人単位では素晴らしい人間であると百も千も語れるけれど、集団になったときのあの・・・違和感。どうにも埋められない亀裂が入ったり嫌悪感の生まれる瞬間を話しました。努力しているドイツ人には悔しくてたまらないのですよね。


集団になると変わるのは、トルコ人だけでなくドイツ人だってそうなんだよ とそこで私はとても親しくしている信頼のおける人たちだけには普段から言ってます。それを残念がっている外国人でドイツにとけこもうと努力している人たちも大勢いる。多分人間って大なり小なり赤信号もみんなで渡れば怖くなくなる。仲間がいるのは素晴しいけれど何か人と違うと別集団になるのは動物本能で仕方が無いんだな。言葉は人の精神にも繋がってるとよくわかる。


そんな一つの例を見ても多文化共生やIntegrationは思うより難しい。それでも理想を掲げて努力する人達には素直に尊敬。小さな個人の一歩だけれど大きな視野のドイツ人はたくさんいることが嬉しいし、外国人としてドイツ人の助けになることもしたい。




  ここからは矛盾の呟き・・・・・ 

ただ、ドイツという国は日本がやたら尊敬するような国だけあって優しく甘い・裕福な国だと思う。これだけ人道的で民主主義な国でさえ自国民のアイデンティティが揺るがされているくらい難しい移民問題。日本に二の舞を踏んで欲しくない。いっそ日本は鎖国でもしたらどうかとさえ思う・・・おっと私たちは帰れるのか?夫のレルフィーは出島くらいには寄らせて欲しい。鉄砲もイモも売らないけど。
アメリカなんて外国人入国ヴィザの規制は厳しいし神経質。「アメリカ国民になることが名誉だ 貧乏になるのも個人の自由だ」くらいの誓いをさせるのは移住させるなら実は有りなのかもしれない・・・。でも私はそんな国には住みたくない。だははは・・・矛盾してて私自身がもうわけわかんない。


正直な話、みんなお金があれば優しくなれる。お金が欲しくて移動する。
お金を払ってでも人に優しく努めようとしているドイツと日本は、世界でも稀で、失敗云々はおいて置いて誇れる素敵な国だと思う。今の時点、私の頭ではそういう感じ・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。