スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留年について

ドイツでは留年制度があります。多分ドイツ社会の受け取り方としては日本で騒がれている程の特別なことでは無いという感覚です。2年生から1年生に移った子も3年生から2年生に移った子も、そして飛び級で上に上がった子も本当にちらほらいます。もちろん重ねた話し合いの末の決断でそうなるわけで簡単に決めたものでも子どもにとってそれが本当に良いかどうかも本当のことはわかりません、探りながらの流動性なことですが、留年に対して明らかに観念が違うのかなと今日本で騒がれているのを聞いて少し馳せて思いました。


ドイツでは「子どもが出来ないこと、躓いていることを無視して無理やり上の学年へ送り込むのは可哀相」だという考えを持っているようです。子どもがよく勉強内容がわかり自信がつくように親や教師がその子に目を届かせてその子の進度と学年を調整しているということになります。そして子どもたちも割と淡々と受け入れているような感じです。もちろん本当のところは私にもわかりません。


ここでドイツの留年に対する反論も書いておきます。聞く話では児童生徒を落ちこぼしすぎ同時にずば抜けた秀才を出す学業格差の著しい州では、教師側の指導力不足を懸念する声もあるそうです。一概に留年制度が良いとは言えないかも。


個人的には、一応我が子のことは「留年」を既に念頭においています。バイリンガル教育をする時点でそれは起こり得ると思っているし、その位で両方の言語をバランス良く向上できたら十分です、反対にそういう経験があってもいいかなとも思う、浪人してでも大学を受け直したかった私の経験もあるのですが。そんな私でも日本に住んでいて、日本人社会の中での我が子の留年になると、かなり違ったスタンスで考えるかもしれません。留年にすぐにYesは言えないかもしれない、そういう雰囲気があるのはわかります。


一般的な「留年=落ちこぼれ」を「留年=落ちこぼされないためのサービス」と少し世間の目が変わればな・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。