スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人の5月/旧東西ドイツの心の壁

日本は新入学の時期だと言うのに、ドイツは学年末の時期。同じ4・5・6月でも全く違う雰囲気になるのですね。子供達はもう学ぶ気力を失いつつあり、夏休みの予定を日数を数えながら待ち、習い事も学校も〆の行事行事で授業が進まず、そして気の早いグリルパーティがそこかしこで開かれるので、親も子も落ち着かないようです。


この季節は本当に長い冬を体験する地方の人には待ち遠しくてウキウキするみたいですね、私もなにかしらちょっとオープンな気持ちにもなってしまうトコが自分で面白いし、普段言い出せないことでもちょっとその気になって言っちゃおうとかやっちゃおうとか。アルコールが入らなくても気が大きくなってしまい失敗をする時期。


最近、引っ越してきたこの密集した住宅地ではやんややんやと皆道へ出てきてお喋りにハナが咲いているようです。そんな折、お隣さんのウヴェが

「気をつけろよ!迂闊に何でもペラペラ喋るんじゃないぞ!自分と相手の境界をきっちり引いて親切にしとけよ。相手が変な態度で来たら胸を張って威厳を示すんだぞ。」

と私に耳打ち。奥さんのアネッテには私の悩みとか愚痴とか良く聞いてもらっているので、「ドイツでの生活の要領」をよく教えてくれるウヴェ。物知りの要領良し。私たち夫婦がよく人間関係で地雷を踏んだり爆破されるのを見てるので気になるのでしょうか


彼らは二人とも二十歳前後でベルリンの壁崩壊を経験し、すぐに東から西の大学や仕事場へ移ってきたそうです。アネッテが「アナタの言う事が多分、心の底からわかるのよね、私たちも西では≪外国人≫だったから、泣いたことなんて沢山あるもの」と話してくれたことがあり打ち解けました。人間関係のディスタンスの計り方、信頼度の違い、価値観の違いなど、彼らも沢山悩んできたとか。

あまり旧東出身の方のそんな話を聞いたことがありません、旧西側の負担や負荷がメディアでは取り上げられていて旧東側の人間性を疑うような報道をちらっと聞いているくらいでした。

私にも真相はわかりませんが、≪外国人≫であることはそう簡単じゃないってわかる人が身近にいるだけで本当に心強いですね。ただ人間関係というのはどこでも同じなのでしょうか。「親友は2・3人いたら多い方だよね」なんてドイツ人や日本人、フランス人からも聞いたことがあり、そういうのって場所や国が違っても同じなんだなァなんて不思議なような面白いような改めて「人間って」なんて考えてしまいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。