スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下流志向2/不快貨幣

1の続き・・・内田樹氏著の「下流志向」を読んでいます。

本の帯には 学力低下、ニート増加の深層!
学ばない子どもたち、働かない若者たち、勉強を嫌悪する日本の子ども、「自分探し」イデオロギー、勉強しなくても自信たっぷり、IT長者を支持する理由、クレーマー化する親、ニートの未来
 とあり、2007年の出版なので、PISAショック(とドイツではそう言う)と新学習指導要領後、また少し変わってきているかもしれません。

まず 「自分の知らないことは存在しない」「わからなくても気にならない」という子どもの現状が書かれてあります。(あ・・・私もそういう子だったよな)ここが既にもう若者たちのわからない性質だと書かれていますが、私が幼児だった頃すでに当時の社会が子供達に時間的な速さや合理性・便利性・有用性を重視することを体得させていたので、感覚的に「人生に無駄」だとして排除することの一つとして学んでしまっているのだと思います。恐ろしい傾向ですがそういう親たちに育てられている今の子供達にはもっと悲劇かもしれない。


そして諏訪哲二氏著の「オレ様化する子どもたち」から、昔の不良は悪いことが見つかると「悪かった」と自覚をしていたのだけど、80年代以降の現象として悪いことをした生徒が「やってねえよ」と平然と主張しだしたことをあげていて、その理由として抜粋すると、

彼および彼女は自分の行為の、自分が認定しているマイナス性と、教師側が下すことになっている処分とをまっとうな「等価交換」にしたいと「思っている」。(・・)そこで自己の考える公正さを確保するために、事実そのものを「なくす」か、できるだけ「小さくする」道を選んだ。(諏訪哲二『オレ様化する子どもたち』)

内田氏は続けます、
「どうして勉強しなければならないの?」「どうして人を殺してはいけないの?」(・・)こういう問いに子どもにわかるように説明しなければならないと考えてしまったのがそもそもの最初で最大の「ボタンのかけ違え」で、答えることの出来ない問いには答えなくてよいのです。(P35)

そしてこの最初の成功の記憶(問いを大人をぶつけることで得た)によって、子供達は以後あらゆることについて「それが何の役に立つのですか?それが私にどんな『いいこと』をもたらすのですか?」と訊ねるようになり、その答えが気に入れば「やる」し、気に入らなければ「やらない」。そういう採否の基準を人生の早い時期に身体化してしまう。こうやって「等価交換する子どもたち」が誕生します。(P.36)

現代の(親世代から続いている)子どもたちの消費感覚、買い手側の損得心理で教育や人間関係を築いてきた私たちはそもそも教育がすぐに得られる利益という考え方には当てはまらないことに気づきません。何しろ生まれ持ってそう価値観を植えつけられているのだから。


少し内容は飛びますが、そこで買い手側の子どもたちが学校教室で支払う等価交換の貨幣は「不快」であるというところを読んで愕然としました。ああ・・・私のヨーロッパへの印象。皆が出し合う「不快貨幣」で普通の生活が成り立っていて、大きい声で強く不満貨幣を支払うことがここでは生きやすくもなる。どうしてあっちでもこっちでも皆怒っているんだろう?と不思議でならなかった欧州社会システムがようやく見えてきました。それについてと「不快貨幣」については次回に・・



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。