スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦像/ドイツと日本・国際結婚

おとついのBlog(カオス夫を支えるドイツ人妻)に頂いたコメントで、ごめんなさい まだ承諾をいただいていませんが、どうしてもこちらに書いておきたかったので・・・


うさぎの母様より
ローマ時代、ゲルマンと闘っていたローマ軍が、ゲルマンたちの野営地に女性(家族)がおり、戦いに傷つき疲れた男たちの介護や食事の世話をしている彼女らの頼もしい姿を見て、非常に羨ましがったそうです。こうやって昔から、ドイツ人男性は女性の母性にしっかり守られ続けてきたのでしょうね。


ゲルマン人を時々滑稽に面白く言う世の中ですが、政治的にも道徳的、人間的にも当時斬新だったということはドイツでよく聞きます。ローマ帝国に歪められた歴史というものもあるんだろうな。頂いたコメントで少し私の視点も変わりました。ドイツ人男性がどうしてこうなんだろう・・・なんて疑問に思っていたこともそこからなんとなく推測できます。


そして私が興味を持ったのは、ゲルマンたちは戦争に女性が同伴していたということ。記述として残っているそうです。男女一緒に何かをするというのが今のドイツ社会にも見られる特徴なのかも。

ドイツでは従来の保守的な考えからいまも女性が子どもを産みキャリアアップできないリスクと言うのは日本並みに多いそうです。幼稚園・保育園の不足。それに加えて子どもが小さい頃というのが一番パパが働き盛りの頃という統計もあるそうです。家になかなか帰れない父親(仕事のよく出来る人ほど仕事量が増えるドイツ)。そして子どもが小学生くらいになると、これが魔の7年(7年節目)と言われるそうで「離婚」する夫婦が多いと言われています。長い間バラバラでいた結果もう一緒にいられないということ。でも休暇離婚(休暇中長く一緒にいすぎて喧嘩離婚)というのもあるから、まあ離婚が多いというのだけはわかる。

逆にそこを乗り切った夫婦というのは、ある意味戦友並の絆が出来上がるのでしょうか?夫婦力がハンパ無い。二人一組で何事も取り掛かるので絶対に夫や妻の文句は言わないし、夫か妻の失敗や他人との問題は二人で取り組む。お互いを守る力が強いのかな。だから夫婦揃って何でも一緒にする。(そういう傾向があると私が勝手に思っているだけです)

そこでドイツ人と結婚したアジア人女性全般にあることで、ここですごく目立つ特徴があります。夫の悪口が生き甲斐になっているお喋り。もちろん「私の身内は素晴しいのよ」と言うとボコボコにされる私たちアジアのコミュニケーション方法なだけで、本当に問題なら笑えない相談なのですが、気楽に「うちの旦那はひどいの・・」「うちもよー」という話になります。でもアジア人女性はみな辛抱強いし優しいからアジア人女性と結婚したがるドイツ人男性は多いかもしれません。カタログ結婚(ドイツ人男性が東南アジア女性をカタログ・Netから選ぶお見合いシステム)が旦那が死ぬまで成り立つ(離婚しない)のもなんとも・・。

でもドイツ風の夫婦像を持ったままの男性とアジア風の夫婦像を持ったままの女性の結婚生活はいつか歯車が狂って来るのかもしれない。アジア人女性が従わされて(言い方が悪いけれどアジア人は人に優しいんだと思う)成り立っている結婚というのはドイツではよく見るけれど、そこを乗り越えた二人一組的な夫婦像を持つと、日独国際結婚は長く続くのかもしれない。

個人の勝手な見解ですので悪しからず。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。