スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな食材を自分の口へ入れるのか/独ベジ・精肉業事情3

わしは、野菜を食べるのだ!ママァ~、パパは決めたのだぁ~

バカボンのパパ口調に聞こえる旦那の叫び。
はいはい わかりました。だから自分で献立しなさいってば

さて、第三弾は強烈です。この動画を観たんですねうちの旦那。これは酷い映像で注意するか心理的に無理な方は避けて下さい。(25分から10分間と40分から10分間位、現実味が実感出来るだけの映像でこれらを避ける時点で十分内容は実感できています)。でもこういう現実を知るのと知らないのとでは、≪自分の口に入るもの≫への関心も違ってくる。  

   
 「こんなト殺は許せない、こんな映像を見たらもう食べれない。」
 「でも問題はそこじゃない!業者のモラルと資本経済や社会経済の国際問題!!」
 「だから、業者や社会をすぐに変えられないけど、自分が変わるんだ!」
 「あ、そっか。ほう~、時にはいいこと言うね」
 もう・・・(アナタがいつも聞いてないだけでショ!!)

なんてなことを話し合った。結果、私は知人の養鶏所の肉だけを引き続き購入、肉菜食維持。
夫はオボラクトベジタリアン(肉以外は何でも食べる)になる。

放送内容はこんな感じ

精肉業者と殺生モラルの話は別問題と。それを混ぜて討論してはいけないことを発言(そりゃそうだ)。動物がいかに新鮮にト殺されるか、電気ショックで麻痺させる方法が多く取られているそうです。

それでも世界中で飼育状況やと殺の酷さは、隠しカメラで報告されています。立ち入り検査を実際に受けて公表・検挙されるのは少数でしょう。(特にショックを受けたのは東欧、南米の状況・・もちろん他国でもきっと似た様なことはされているのだろうけれど)さすがにこれを見ると考える。

続きは、もう少し詳しい番組内容を明日・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。