スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒れたクラスへ

 
     つ・つ・つかれました・・・  ゲソ 

息子が通ってた前の学校のクラスの保護者から電話がかかってきて、
「ちょっと時間ある? 余興にきてくれない?」
ドイツではよくある 手品・一人劇・人形劇・・などの余興。まさか『折り紙おばさん』とか陰で呼ばれてるんじゃないよねぇ 
 折り鶴を帽子から出したり、踊りながら折ったり出来ないよぉ? しなくていいよ。


工作が主体なら子供のお守り(以前よくここに書いていた、私を悩ませた学級崩壊のクラスですから)は出来ないよ!と念押し。気の置ける友人らが傍にいてくれるらしい。
(児童同士のいじめや暴行、教師をやめさせる、若い新任教師に言うことを聞かせる保護者・・幼稚園からずっと見てきて子供達は変わらないし保護者同士の溝も埋まらない、ただあと1年半を待っている寒い状態。)


・・・3日間 紙の準備、測っては切って切って切りまくった・・・・・・・
結果から申しますと、なんとか小3の工作にしては素敵なものが出来上がった。
(正直に書くなら、手のつけられない子は女親が言っても聞かないので男親がつまみ出し廊下で教師が相手。その子らの親は我関せずお喋りしてお茶してた。誰もこれについては後日も話題にもしなかった。誰かが口火を切ったら皆憤慨して嫌な気分になるから。)

でも この疲労感。 疲労原因は・・ 

大人のお守りに来たんじゃありませーんっ
 
「こういう偶然で集まる多様な大人を見ると社会勉強になるね」
「ロロがこのクラスにいないからって貴方、随分他人事ね」 友人

こういう風になんだかんだと言いながら揉み合いへし合いしている健全さも忘れちゃいけないと先日のアメリカの小学校の事件で思いました。人に関わるって時々今時の言葉で言えば『うざい』のかもしれないけれど、少しくらい(このクラスはもう目に見えるほど険悪だけど)うざい関係もいいのかもしれない。まだ子供に直接関われるうちはなんとかみんなで均衡を保とうと出来るのかもしれない。ニュータウンの大量射殺事件、むごすぎて・・・。

  1c.jpg
 子供を殺されて許せますか?これを受け入れるしかない親たちを想うと辛すぎる。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。