スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また銃(銃規制論Waffen-Debatte)

辛くて辛くてたまりません。アメリカニュータウンで起きた惨事に、ただただ涙して落ち込んでいます。

銃規制論についての声がアメリカで上がっています。応援しています。ドイツでは「またか」「大量射殺の後の一時の騒ぎ」「おかしいけど変えられないだろう」とも。社会が忘れると、銃規制についてもまた忘れ去られる。
そこまで銃所持肯定派が強いのは、どういうことなんだろう。今回は酷いし低年齢児なので社会は騒ぐしオバマ大統領も何らか言わざるを得ないだろうけれど・・

アメリカでは毎年平均3万人が銃で亡くなっているそうです、そのうち60%が自殺、40%が事件事故。これでは外国で戦争で使われ相手を殺害する数よりも自国での同国民による銃死亡者数の方が大きいと下記リンクN24。その比較も怖いけれど、敵は外ではなくて中にいるという良い例えか。
N24 USA stehen nach Massaker vor Waffen-Debatte

同年齢の子供がいるだけに私には辛すぎる。
亡くなった子供達が親元へ帰り安らかにご永眠されますように。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。