スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどいテスト結果

以前書いたのですが、担任教師が6週間休んでいるのに次々とテストがあるという話。そのひとつ作文テストが返却された。

     「おーーーとぉ」 と思わず出た私の一言。

  「ぼく授業中にもちょっと涙が出たの・・」と泣き出した。

  「泣かんでもええよ、どこをどう間違えたの?」
  「怒られないのがわかってるから辛いの~」と息子。

  怒って欲しいんかーーい?

面倒くさい息子。自分に悔し泣きというヤツか?落第点なんかじゃないのに、子供って1しか取っちゃいけないような空気なんですよね。周りの大人や子供同士で「何点?」と聞き合いいろいろ噂話をする。だから反対に言えば子供達から家庭事情は筒抜け。親同士の張り合いに子供も巻き込まれているのでしょうか?

そして、極め付けが先生のコメント、
「こんなに出来ないとは思っていなかった。これはみんなひどいです。平均5(1-6の採点で6は落第点)くらいしか書けていないけれど、不在期間を考慮してサービスで数点をあげています。」
 

時々、私を含め大人って見当違いな、子供が今出来ることのレベル判断 をしてしまいますが、先生も相当な見当違いをしていたのね、自分が6週間休み、テスト内容をしっかりと教えられていなかったことは振り返らないこの前向きさ、ああ、残念。なぜテストを強行してしまったのか?ま・・事務処理の関係でそうなったのでしょう。

私としては、先生が辞めなかったということでホッとしているのが本音です、クラス平均点が相当悪いので今回のテストに文句をつける親は沢山いる、先生が「教えたはずです」という言い分を通す限り平行線。

周囲の騒ぎようをそのまま大袈裟に書けば大事件にもなることだけど、
こんなドイツに慣れちゃった。

私は、どんな点数をとっても怒らなかった自分の母親を思い出し、夫はどんな点数でも継母に褒めてもらえなかった幼少期の辛さを思い出し、そんなことを交えながら「悔しいなら練習しいや」と息子と話しました。

子供の点数一つで親が鬼と化したり天使や神のようになったり、
人間って弱い生き物というか「評価」に振り回される生き物なんよなぁ・・
現実をどう受け止めるか、大人にだって難しいんよな。
ひどい点数と自覚するなら勉強するしかないぞ、息子!
 ううん、もう大丈夫!  アンタも前向きやね
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。