スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

500g以下の星の子たち/ドイツの天使パパママの運動

こういうこと・・・だったんだなぁ 

Sternenkinder(星の子たち)とドイツでは言うのですね・・流産した子供のこと。
Ein Mensch - auch unter 500 Gramm(Sueddeutsche誌)
(人間ー500グラム以下でも)

記事によると、3回流死産を繰り返した夫婦が、500g以下の胎児は病院内廃棄物として処理されることに耐えられず、Internet上で呼びかけたところ、反響があり4万人もの署名を集めた請願書を提出し、法が改正されるという話。

星の子は何グラムであれ、名前が与えられ、戸籍に載せられること、そして公式にお葬式がだせることなどが変わる。

ファミリー大臣は「この法で子供を失う痛みは和らげられませんが、親としてきちんと子供とお別れをすることができる」と。この運動をした夫婦も「同じように苦しまなければならない夫婦たちのために」と長年頑張ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・年前の話
何度も「私の子供に会わせて」と懇願したのに会わせてもらえず、妊婦の沢山いる病棟での入院に気が狂い「家に帰る」と駄々をこね夫や看護師を困らせましたが、誰一人として味方がおらず、例えは悪いけれどまるで誘導尋問の冤罪被害者のように、最後は怒られ入院したあの夜、私の中で何かがぷつんと切れました。「痛い」。見えない体の一部が生きたままもぎ取られたような激痛。

戸籍にも載らない、ゴミとして廃棄された我が子、
そこが私の苦しみの原点なのかな・・・。

こんな形でそう気づいたけど、この夫婦の実行力には参りましたね。
知識がない、思考力がないって損ですね、解決出来たかもしれないことも出来ないと自分で限界を作っていたのかもしれない。自分の苦しみに対して生産的な具体策は思いつかなかった。辛い辛いと泣いてるだけで精一杯だった。

勉強がどうして大切なのか? 私は身に沁みていますね。。。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。