言葉の使い方を間違えた?差別/生テレビ出演

    昨日は、夫が生放送番組の仕事。

    大丈夫?    そう言われると不安だよ~

ここまでやるのかって位のリハーサルを重ねての本番なので大丈夫だとは思うけど、緊張度はハンパじゃないそうです。そう言えばずーっと前にしくじった芸人が干されてしまったことがある。面白い人で公演で大人気なのにそのテレビ局だけは立ち入り禁止。


     いやはや・・・怖い世界。

私には無理だなぁ、度胸ない ってか 芸が無かったんだーーーっ 

   20121231 (11)


さて、時事情報・・・・
いまドイツを沸かしているのは、アラーフ ヘラウ! も だけど
アジア人の外見をした大臣」 あららら・・
フィリップロゥスラーさんは、副首相兼経済テクノロジー大臣。彼は若い。それよりも彼がメディアに出てきたときの衝撃は私も覚えています。「何ジン?」 ベトナムの戦争孤児で養子縁組でドイツへ渡ったという移民児、軍医から政界へ進出した人。移民系のドイツ人で初の大臣。見た目が100%アジア風だからつい同じ政党FDPのハーン氏が怒りに任せて放った「アジア風外見の大臣(でも我慢してやってんだ)」という言葉。後でそういうつもりじゃなかった、なんて覆水盆に返らずですよね。Integrationminister自身が差別語を使ったという汚点。ロゥスラーさんも外見のことは慣れているようです。他にも「Hate-Mails」を受け取ること、道端での心無い差別罵声を受けると移民系政治家たちが発表。多くのドイツ人たちは「そんなことがあるの~?」と驚いている。

が、大騒ぎされるのはいいことかな。私がいくらドイツの「アジア人差別」を語っても独親友などは信じてくれなかったから。そう「私たちは人種差別反対!」と訴えている人達も大勢いる。そして移民が政府に入れるという寛容さ、私が温かく社会で受け入れられていることも声を大にして言わなきゃいけない。中国の反日運動と同じ、一部の愉快憎悪なんですよね。その憎悪に引っ張られない強い誇りを持っていればいいんだとロスラー大臣から学びました。


関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR