スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木蓮が咲いてる

 マグノリア/木蓮が咲き乱れているドイツ。この季節はほっとする。
 例えお天道さんが見えなくても・・・。 
    シュネーバルが咲いた。e1.jpg
e2.jpg
今年は少し庭も手入れしなくては。e3.jpg
 e4.jpg
 庭のチューリップ、切花にするのは惜しいけれど。こうやって室内に飾って愛でるものなのかな?お客さんがいるので今年は許してね・・。

いま夫の仕事の関係でフランスとセルビアから短気留学生団体客を迎えています、と言ってもうちに泊まっているのは引率教師ら大人。セルビアからの生徒達を受け入れる家族が少なすぎて、結局数人はユースホステルへと送られました。が、そこの設備の悪さにセルビア女教師らが怒った。

なので、うちももう一人受け入れ、他家族はもう3人追加とか、2人追加、合計5・6人になっている模様。こんなに困っていても無視する人たちがいるんだなぁ・・世の中ってよくわからない。


個人的にセルビア人を受け入れてる家族をチェックしてみた、
・・ら、やはりいつもの私も知っているメンバー。
つまり、人が困っている時に手を差し伸べる人たち。
自分の都合だけを優先しない、簡単にNEINって言わない人たち。


職場の同僚ら50数人の無関心や無協力に、激怒に近い怒り(どうしてここまでドイツ人って自己中なんだ!!)をずっと夫にぶつけていたので、「ドイツ人」と言っては申し訳ない。こういう人たちもいるんだなぁ・・。


カウンセリングの先生いわく。私が「外国人」と「ドイツ人」いう一まとまりに固執するあまりに、そういう怒りや不信感が沸いてくるのだろうとのこと。

凝り固まった感情を手放すことは簡単では無い。
そっか分類分けを間違えていると考えればいいのか。そりゃそうか。  

こういう機会に、反対に私が誰と付き合っていくか、誰と関わらないで生きていくか勉強したほうがいいのかも。日本では既にそう出来ているから、自分にいいことだけ見えてるだけなのかも。

幼稚園でも学校でも「誰とでも仲良く・みんな一緒」を教えないドイツ。
上っ面だけでも仲良くしている日本人の間にいて麻痺してるのは私なのかな。でもあからさまにアナタはミカタ・アナタはテキの人間関係も慣れないんだけどな・・・。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。