スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道と自発性と協力とお金

    20130526 (13)
      年1回の地区柔道少年少女交流会でした。

柔道部お抱えコックと彼の娘 20130526 (9)
                  ドイツと言えば、ソーセージ

    20130526 (1)  20130526 (7)
こういう所に寿司を出してもげえーとか言われなくなってきた。ポピュラーになってきた。みんなはサラダ持参。ドイツでは冷凍寿司を食べて「寿司通」な人もいるからなぁ・・冷凍寿司・・なぜだー

最後の片付けは、やはりいつも通り決まった人だけだった。
なぜ片付ける人を目の前に「ちゅーす」と帰れるんだろう?
柔道を習っても・・・これかぁ。(ついついこういう思考回路になる)
      
どうーーやっても、どうーーーなっても、集団で協力ってことがない場所にいると、みんな帰れなくて面倒くさい日本の共同作業が懐かしくなる。 なはは 勝手だなぁ 私。


このコックさんの娘ちゃんは、私の日本語の教え子でもあるからよく会う。ドイツ学校社会、女子高生事情を教えてくれます。彼女が「高等科(10年生以上)になると本気で勉強したいやる気のある人が集まるし、残るから教室の雰囲気が良いの」と。いろんな所で思う、この教育方法。やりたい奴らだけついて来いタイプのドイツ社会。やらない奴はどんどん置いていくぜ社会。


だから上記のことだって、みんな手伝わない・・んじゃなくて手伝わない奴らはやる気もソレ位だから放っておけばいい、やる気の無い奴らとツルム気も無い、位の見方なのかな。ドイツで出来る人にカリスマを感じ惹かれることは多々ある。

自発性ってこういうことなのかな。

日本のやり方でもドイツのやり方でも自発性は育てられると思うのだけれど、ただ日本のやり方の方が後々の全体人間関係がこじれないんじゃないのかな。「みんなで何かを一緒にやる」ことから始まることもあるのにな・・と斜めにドイツ社会をつい見てしまう。人の文句ばっかり言い憎しみや無視や皮肉の応酬をし合う毎日の職場や学校生活にする位なら、「みんなの義務」のような空気は集団生活では悪くないと思う。ただ報酬が発生するときちんと出来るから、そこにがっくりしてしまうのかなぁ私。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。