スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の覚悟と安定感・バイリンガル教育

息子へのバイリンガル教育、どんどん意識が薄れていく自分が嫌だったのだけれど、あまりにも自分にエネルギーがなくなり、内へ内へと向き続けていました。あ、まだ進行形か。バイリンガル教育だけでは無いのだと思うけれど、親の安定がまず一番で、子供との関わり方で毎日が変わっていくんだなと反省。

ただドイツ生活に限ってのバイリンガル教育でのつまづきやすい点というのは最近見えてきた。

ここからは本気でバイリンガル教育を考えている人だけに読んで欲しい。私の自慢とかそういう次元で捉えられると全くお門違いなので。


基本は自分の母語で育てる。これって勇気がいるのです。私の場合、さんざん色々なところで中傷されました。救いは息子のドイツ語力ではなく、息子がコミュニケーション能力が高いこと、単に口数が多いだけが免罪符でした。ただのラッキー。ちなみに筆記は並、今後要注意です。でもこれ、筆記試験や読解はできても口数が少ないお子さんをお持ちだと正反対の評価なんですよね。単に世間体で心理的にやられてしまうかもしれません。ドイツ社会はしゃべってなんぼなところがあるのは仕方がない。そこでバイリンガルを誓ったのならやることをやるしかないし、フィードバックを受け取る覚悟と解決策がすぐに出せるんじゃないかと思う。(うちの場合ドイツ語に支障が出たら日本語は直ちに休憩は当然と思っている。)


特にもう一つの言語が重要な現地校の成績が思わしくない場合。学校側からはステレオタイプな「家庭でドイツ語を喋らないのではね」というコメント。それも一理ある。「だからバイリンガルで育てるって言ってるじゃないですか・・」とこちらが主張してそれなりの子供の環境を整えるしかない。入れ物がなければ箱を作ってあげるのが私たち親の仕事。移民受け入れを頑張っているドイツで、そういう入れ物を作ってくれていることに感謝しなくちゃいけないし、有効活用出来るこちらの情報収集能力も鍛えないといけないのかな。

子供たちがモノリンガルと同じテンポで育っていくものだと思っている世の中の想像力の無さもある。親自身がこれを想像出来ないとなると子どもがかわいそうに思う。


息子が9歳になりました。小学校4・5・6年生からのバイリンガルの険しさを、今自覚しています。実はこれからがバイリンガル教育本番なようです。日常会話の言語ではなく、思考の言語になってくるから。

でもそれまでにしておくことは、

次回へ・・・
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。