スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・習い事を続けさせるコツ/趣味が生涯の友

    0000_20130902043056c21.jpg
          クラリネットを演奏する女の子。

お客さんを招くと、そこのホストの子供が楽器を習っているなら必ず演奏する。

  
日本のようなお金をかけた発表会が普通で育ってきた私には、新鮮です。いつも練習しているものを演奏するだけがいい。学校の入学式や卒業式・学校祭でもぽろっと演奏する。やりたい子がやるという子供の自発性が見えるのが微笑ましい。

   気負った演技めいた着飾った発表会じゃなくてもいい。
   楽器演奏しながら踊らなくても、照明を浴びなくてもいい。
(これ最近のヤマハの発表会で、子供が商売道具なんだなと驚きました)
   いいけどね、日本のやり方でも。
    大人からの拍手喝采独り占め。これがやる気の原点かと。
   本来子供ってどこでも、どんな場所でも本当は演奏したいはず。
   褒められたい。やってることの楽しみが溢れている頃に自信をつけさせたい。
   大勢の大人が褒め称える過大評価でも、本人は自分の人生に刻む。
     

   お年頃で習い事をどんどんやめてく、やる気がなくなる子達・・・
   何故だか考えたことがありませんか?
   「親にやらされた」と子供が言うなら、そう育てた親も反省すべきかも。
   やめたくないけれど、勉強の兼ね合いでやめざるを得ないなら
   「ちょっと休憩しよう」と提案しても親子で傷つかないのでは・・?
   好きなことなら自分からまた手を伸ばすし。

    ・・・・夫の音楽学校教師コメントの受け売りです・・
ここが上手くいく親子関係を作れるように早くから他の大人を巻き込んでおくのも手かと。
    

   「あなたすごい!!」って子育てしていくってなかなか親には
   難しくなっていくけれど、こういう機会を利用するのもいいんじゃないかと。   


0000a_20130902043101d34.jpg
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。