スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめについて話しましょと言ったら

数日前・・・いじめについて、ママ友数人で立ち話。
(暇な主婦の井戸端会議、子持ちオバサン期間限定の直接絡んだ話題。)
こういうことはドイツでも普通にあるし、いじめは日本特有のものじゃないと思うので下世話ですが・・。

小学校の休憩時間中に、Aちゃんが、Mちゃんに
  「このクラスは、誰もあなたと遊びたくないのよ」
  「Mちゃんと遊びたくない人手を挙げて!」
  「Mちゃんが、休憩時間に一緒にいるのが嫌な人手を挙げて!」

とかなんとか、やっちゃったらしい。  むごいなァ・・・・

息子が下校して すぐに「お母さん、Aがこんなこと言って、またMが泣いたの」と報告してきた。さすがに他の子達ほとんどが「Aはひどい」とそれぞれの親に報告したらしい。子供って仲間はずれにしている意識は無いのだろうけれど、あぶれる子、無視されがちな子、輪に入れない子もいるし、ヒステリックに騒ぐMも苛められ体質だし、でもMが私たちと遊んでくれないと寂しがっている子もいるし・・

あああ・・・・女の園は、大変ですなァ。

子供達が先生に報告 「Aはそういうことを言わないの」
             「Mは、そんなことで泣かないの」 と言って終わったらしい。

この対応に、Mの保護者はきーー

攻撃してきたり、とっても他人にネガティブな子供って、ほとんどただの怖がりなんだけれどな。でも、大人ってイジメに繋がる言動を見逃すものなのかも、先生のそっけない対応にも驚くし、つらいと感じるならやはり、イジメだし(今回はひどい)。

「先生が子供たちに話題にさせて(テーマティジーレン)、その時はこうするって子供達に決めさせたら?」「Mはやめてって叫ぶ練習と、大声で威嚇する練習。自己防衛を学ばなきゃね」「この世の中が、こうだから、一生役立つスキルよ。」とかなんとかアイディアが出た。

いやァ~~自己防衛か、・・私も学び中。

Mの親が、「前の担任は、教師の中でも苛められていたから、常に子供といて、イジメに繋がる発言とか早期に解決してくれたけれど、今の教師陣は仲良しすぎて、休憩時間に子供の監督より、自分達のお茶タイムの方が大事なのよね。」と。

「そっか、じゃ職員室でイジメを勃発させたら、誰かが休憩時間に出てくるかもね」
「いいね~~~!!」 (冗談です)

躾や家庭や友達の問題は、学校は関知しません。
というスタンスは、人間を強くするのかもしれないけれど、やっぱ優しくは無いなァ。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。