スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放蕩息子には

昨日の答え:何も言わずに涙を流した。
「良寛・放蕩息子・甥」などで検索するときちんとした話が見つかると思います。ここでは端折りすぎてます、ごめんなさい。子供の成長を願い信じて祈り愛情を与え続けた良寛さんの話でした。


現代の子育てには当てはまらないのは重々承知です。
現実問題。躾問題はいろいろ難しい。うちだって毎日が大波小波。


今日は、クレーマーか!と自分で思いながらも、小学校教師にお話。
休憩中、登っちゃいけない、禁止されていることをして登った男児が
お約束通り、落っこちて、1m上から降って来たその子の頭が、息子の頭に直撃し、
見たことも無いようなたんこぶをこしらえた。相手はピンピン、息子は・・・
まるで飛び降り自殺の下敷きになった被害者だわ~(なんて例えが悪いんだ)
と夫と話した。不運やどうしようもないことはたくさんある。

もちろん広い校庭で起きることに、学校の責任を押し付ける気もない。
非難じゃないとお伝えして、ちょっと質問してみた。

――――以下は心の中の葛藤――――
ドイツ社会は温かい様で、実は・・・と未だに謎です。
児童福祉に力を入れている一方、人を「排除」していく集団の力は目に見える程。

落ちてきた子供。たまたまなのに、またこの子かーーーーーな子。
授業妨害と教師・友だちへの毒吐きと禁止事項を破るために通学してるような子。
結局いつもキミだよな、とレッテルを張られて悔しくないのかーーーー? 

でも何がそんな言動を取らせるのか・・・・めちゃ気になる。(野次かー)

キミは今後、もっと厳しい社会で排除されてってもいいのかい??要らぬ心配なんだが、夫の職場の一つ、特別学校の子供達の非社会性とその奥の怒りと毒や歪んだ世界観、今まで数人の犯罪に手を染め刑務所送りになってる青年(私の中では未だ子供)行く末を見てきて、なんとか幼少の時に軌道修正出来なかったのかと悔しくもなる。

男の子に多い、学校から落ちこぼれていく子。ドイツではよくこのテーマも話し合われてる。脳の発育が違うので今の学校授業の方法では男の子に不利という説。もちろんどこまで誰に合わせリャいいんだという話にもつながる。みんな何かしら癖や性格や発達の差があるんだし・・・。

   もやもやもや~~~~~

教師にその子の名前は告げないけれど、こう聞いてみた。
「約束が守れない子・人との信頼を築けない子。
子ども自身にそこを気づかせるにはどうしたらいいんだろう。」
教師は「学校は約束を守るところ・ダメはダメ。
    もう一度児童と学校でテーマにします。」と。

100点満点の受け答え。テーマにして話して気づきを待つ。
「規律」これが社会です。最もだ。

 ふむ。でもわからない・・・・。

桂子さん、うさぎの母様、k様、こあらちゃん、皆様
コメントをありがとうございます。私が投げるノーコンのボールを拾い上げてまた放り返してくださること、感謝しております。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。