スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイリンガル・柔軟な頭か

我が子が日本語とドイツ語、二言語を学習する様子は不思議です。学者や科学者が解明したいと思うのは自然からくる「なぜ?」かと。なぜ人と違うのか。どうなっているのか。

先日観劇したテーマ「才能」に繋がる、手に入れたくなる才能。
バイリンガル(マルチリンガル)の認識システム。


私が9歳の息子をみていて思うのは、幼少期は聴覚がとても大事。12・3歳の臨界期はまだきていないので、よくわからないけれど、ハード面の耳と脳をつなぐ神経とかよく聞く発音の課題も(かなり)大事だけれど、ソフト面の認識システムが作動するように持っていくことはとても大事なように思える。音声を言語として捉えて、その意味を捉える時、例えが悪いけれど目に見える物なら、りんごはりんご、ApfelはドイツのApfelなのかどうか。それともりんごもApfelも一つなのか。自分の思いを伝えるときに発するのはどっち(りんごまたはApfel)なのか、それとも別物なのか。暗記の学習は一応勉強をすればいくらでも出来るけれど、思考になってくると積み重ねたものを組み合わせる力はモノリンガルに比べて複雑なんじゃないかとか・・。

概念の言葉に置き換えてみるとなかなか難しくなってくる。
バイリンガル教育とは言えど、「母語レベルの学習」に繋がるかどうか。

こんなニュースを小耳に挟みちょっと考えました。興味のある方へ。

バイリンガル(2カ国語を話す人)は、1カ国語しか話さない人に比べて思考が柔軟である可能性が高いことが、米ペンシルベニア州立大学心理・言語・女性学教授のJudith Kroll氏らの研究でわかった。
バイリンガルは柔軟な思考が出来る?(ヘルスデイジャパン医療ニュースサイトより)

More Info 英文
Bilingual Effects in the Brain(National Institut of Helthサイトより)

バイリンガル教育をすると賢くなるなんて単純な話ではありません。
一応・・・。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。