スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりでに来ないもの・境界を越える国々・

Frieden kommt nicht von allein. Geschichten um Frieden und FreundschaftFrieden kommt nicht von allein. Geschichten um Frieden und Freundschaft
(1994/12)
Gudrun Pausewang

商品詳細を見る


古本屋でこの改訂版が300円ほどで置いてあったので・・思わず手に取った。

平和はひとりでに来ない、べたな直訳。 

子供にわかりやすく絵や写真で説明されています。

非暴力不服従のガンジー
ゴルバチョフ、マザーテレサ、ワンガリ・マータイさんなどの
活動が書かれてある。

平和への活動をマクロからミクロへと焦点を当て
最後に、自分が発する言葉、何気なく使っているなかに浸透している
自分に身近な暴力的な言葉にきづかせるというものでした。

   罵る

私も最も幼稚で、最も効果が無いものだと思っている、汚い言葉。
そこが書いてあったので、気になった。ヘイトスピーチも
騒がれていましたし・・(反中・反韓はそこをまず止めなきゃ)。


ドイツ語ってきついな、イヤなことを平気で言うんだなと思っていましたが、成人になるとそれなりに政治家のような汚い言葉を迂回した「非難」が言える。日本人成人の使う罵り言葉(単語が多い)の幼稚さに最近、驚きました。ドイツでは罵るにも弁論力がなくちゃいけないんだな(罵らなくていいんだけど)・・と友人と話した。

ヘイトスピーチ禁止法があるドイツで、日本にソレが無いと聞いて
疑問に思っています。言論の自由・・・って何だろう。



あと、気になったのは、戦争商売について、
ドイツの武器輸出量は世界第3位だということ。
これって・・・。
ドイツ人の多くが嫌悪感を持っています。デモも決行されています。

戦争をしないために防衛力?戦争間接加担。
世界各国矛盾だらけ。

おまけ・・・
アメリカがメルケル首相の携帯電話を盗聴していましたね。
これで、いまドイツはアメリカに「自分達が相互信用を裏切ったんだぞ」と
いう態度に出る(のか出られないのか)、話し合い中。
ドイツにとってもアメリカはほとんど何も言えない目の上のたんこぶ?

誰も望んでいない戦争、なのにそこへ近づきたい加担者はうようよ。
まずは、自分の汚い言葉を吐かない。子供は学ぶのですが、大人がね・・・。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。