スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はだしの〇〇私雑感4コメントより

戴いたコメントをまずは掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現状としては「はだしのゲン」だけがそこに横たわった問題ではないという感じかな。今児童書と一般書の境が正直なくなってきていて、少なからず日本は本だけでなく、様々なものがボーダレスの時代になってきています。
それをどのように扱うかというのが学校図書館として議論されています。それを踏まえた上で「はだしのゲン」を焦点化してみると、私たちが小学生だった時代よりも随分子どもの感覚が変わってきているので、「はだしのゲン」はとりたて騒ぐことではないと思っているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「うっかり読む」ことって必要だと思っています。この「うっかり読み」がなくては、自ら本を選ぶという感覚がなくなると思っています。司書の手元にあるということは、それは何某かのフィルターがかかっていると、その時点で子どもに伝わってしまっているということ。そのフィルターで、「読む」「読まない」を判断するのは、かえって与えられたものしか読まないという方向に流れるような気がするのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
閲覧制限は「読みたい子」にも制限をかけることになります。先にも書いたように「フィルター」を作ることで、本当は読みたいんだけど、わざわざ先生の手元にあるというのは、実は「先生は読ませたくないのでは」と子ども達は考えちゃいます。先生の手元にあるのを「読ませて」とはなかなか言いづらい。それを押してでも読みたい子だけ読めばいいという考えもあるけど、なんだか、それは自由の制限でもあるような気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子ども達が傷つく作品って「はだしのゲン」だけじゃないし、片親家庭の子どもや被虐待児にとっては、両親が仲良くしている作品にも過敏に反応して傷つくし、いじめを受けている子はたとえ、いじめからの再生の物語でも傷つくし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原爆後の描写は、4年生の子供には時にとても強烈過ぎ、なんとも言いようのない嫌な気分に襲われたのですが、それでもその先にはこの嫌な気分を払拭してくれるような、何か希望が持てるものが描かれてるかもしれない、そうであって欲しい、という思いも強くあり、気持ち悪さに辟易しつつも最後まで読み通しました。地元が広島なので、小学校から毎年夏休みの課題に必ず原爆帳という薄い冊子が全員に配られ、もう嫌になるほど原爆当時の状況については勉強(させられ)していたので、他県の子供たちよりは受け入れる下地はあったかもしれません。だから子供心に傷つくような気はしませんでした。むしろ、げんの生きる力に人間の勇気をもらった方が大きかったように思います。まだ頭より心で読んでたと思います。子供によって受け取り方に違いがあることはしっかり考慮して、せっかく「はだしのげん」と出会うのなら、その子供にふさわしいタイミングを大人は見計らってやるべきなんでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私もそうなのよ。読んで気分がとても悪くなりました。絵を凝視出来ず読破しなかったと思います。なぜか終わり方は知っているので、最後だけ読んだのかもしれません。ドイツで子育てをしていて思うのですが、日独の違いを良くも悪くも多様な視点で語れる本でしょうね。特に書籍からメディアなど子供の安全管理に関しては日独雲泥の差ですものね。



まず、みなさま丁寧にありがとうございました(掲載許可もありがとう)。パジャマパーティでも開きたくなるような(夜通し話したい・聞きたい)貴重なご意見でした。

今回、「はだしのゲン」に限った話ではないなと気づいたので、テーマは飛ぶかもしれませんがまた関連したことで書いてみたいと思います。いつもお付き合いありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。