スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校に行くことを考えるフィルム

学校への道のり Auf dem Weg zur Schule
        Sur le chemin de l'ecole 


12月5日からロードショーされているこのドキュメンタリーフィルム。
しばしば、放送局Arteで登下校シリーズ化して放映されていました。

学校に行く事、子供の日常 という点を、
こういう目線から見ると
自分の置かれている環境や住む社会が(普通なのか)どうなのか
考えるきっかけになるのではないかな。

パスカルプリッソン監督は、動物を撮る人だそうです。
アフリカで動物の撮影チャンスを伺っていると、現れる子ども達。
気になって聞くと登下校中の子供たち。
そこでこの企画を思いついたそう。

ケニアのジャクソン君、15キロの道のりを2時間かけて歩く。
毎日この道で良いのかどうか、動物達に出くわさないよう判断しながら。

インドのサミュエル君、4キロの登下校道を舗装されていない土や川を
車椅子で1時間かけて、弟達が押し、通う。

モロッコのツァヒーラ、22キロの山道を4時間かけて通う。
アルゼンチンのカリット君、18キロの道のりを馬に乗って妹と1時間半駆けていく。
生きた鶏を持参し、乾燥果物と交換してもらう。
食べ物をもらうために学校に通うという子もたくさんいる。

もっと自然を撮っているのはこちらのシリーズ

この道のり、毎日いってらっしゃーい って子供を送り出すのかa・・。
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。