スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生もみの木買いますか

今週と来週は、正月飾りのように、クリスマスツリーがあちこちで売られている。

ノルドマンタンネン という種が一番人気なのですが、確か、今年のNYマンハッタン・ロックフェラーセンターのもみの木もドイツ種のものだとか。

「日の光で、つやつや光っているもみの木、触ってもパラパラ落ちてこないもの、匂いの良いもの、葉の柔らかいものを選ぶのがポイントだそうです。ロートフィヒテなど葉に灰汁が強いものはかぶれたりするし、木を固定する台もきちんとしたものを買わなきゃ、子供がいじったりして倒れるのは定番。火の蝋燭は要注意。」・・と親戚のクリスマスツリー売り叔父サンの教え-こんな寒空何時間も何日も外で立って売るなんて趣味でやってるとは思えない-。


全国平均価格は、
1m        10-20ユーロ
1m70cm-2m 21-30ユーロ
3m        50-80ユーロ

4mの高さのある部屋に3m以上のもみの木を置く家も普通にある、圧巻です。

ガリレオって番組で面白いもみの木業者話。老舗も多い。

もみの木の種は、100ユーロ/Kg
1番目の業者が、種を植えて芽を出す。一本あたり5セントの儲けで売る。
2番目の業者は、その芽を苗にする。一本あたり20セントの儲けで売る。
3番目の業者は、地植えする。成形したり、まっすぐに矯正して育て、
        8~10年後伐り、一本3・5ユーロの儲けで売る。
4番目の業者は、販売者。その人の儲けは、一本あたり4ユーロ。

ふむふむふむ・・・・ そういう仕組みでしたのね。クリスマス経済効果に茶々を入れる気は無いんだけれど、これが1月に道端にガンガン捨ててあるよね。業者が取りに来てくれるんだけど、ゴミよね。環境国ドイツ、矛盾をあげたらきりがないけれど、お祭りムードでこういう揚げ足取りはやめとこか・・。
 そろそろクリスマス 20131213a.jpg


関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。