スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のドイツ語・母語ちゃうし。

息子のクラスにポーランドからの男の子が昨年、転校転入してきました。

ドイツ語はわかるようなわからないような。簡単な会話は通じるけれど、授業についてこれるようなドイツ語では無いらしい。特に算数。文章題などをやっているから計算なら出来るのに、もうお手上げらしい、可哀相に。

そこで、算数は休憩時間に息子が手伝っているそう。
先生曰く、「私が説明してもわからないのに、ロロが説明すると解ける。」

その子の算数は出来ないんじゃなくて、先生の言葉がわからないのだそう。息子は多分、外国人のドイツ語がわかるんだと思う。外国人にわかる拙いドイツ語が使えるというのかな・・?

出所は・・・私か。

私にもよくある、ドイツ人のドイツ語より、外国人同士のドイツ語の方がよくわかる場合。勘だけでもなく、んまあ語彙の少なさをカバーする言い換え術が似たり寄ったりなのかな。一つの単語を聞いて10パターン広がる単語認識力は外国語だからこその知恵。威張れないが。母国語の人にはしばしば通じない。ああ自爆。

私の不味いドイツ語を聞いている息子は、不味いドイツ語もわかるんだと思う。
う・・・・やばい。
外国人のお母さんと笑い話で「子供に文法を直される」とよく聞きます。
なので、私は息子にドイツ語でなんて話しかけられません。だから日本語頑張れ
ハズカシヤ・・・母のドイツ語を真似ないでね~~


残りの携帯フォト20140202_132657.jpg 画素は良くても平面過ぎる??
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。