スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放した言葉

日経新聞から・・・2014年2月21日付 社説から一部
モンゴルの遊牧民は、引っ越しに特別の感情を抱かないそうだ。年に4回も移動するのだから当然だろう。物をため込めば、運ぶのが面倒で置き場所もとる。日本人ひとり当たりの所有物の数は約1万個だが、モンゴル人は約3百個だという。おそらく多くの日本人は、本当は要らない物に囲まれて、窮屈に暮らしている。

「放した馬は捕まえられるが、放した言葉は捕まらない」「百歳の人はいないが千年の言葉はある」。モンゴルの格言である。物に執着しない人々は、その代わり言葉を大切にするという。言葉とは、心の記憶であり想念であろう。見習うべきかもしれない。引っ越しは、自分にとり何が本当に大切かを問う好機でもある。

 
この春の人事異動などの移動・引越しがテーマでした。言い放った言葉は捕まらないかァ。最近「言葉乱用の問題」をいう知人に聞いた。言葉を大事に使えない人も増えてきているそう。

さて、私は身一つでも移動できる性格だけれど、移動と聞いてすぐ心に思うのは、震災で移住した方達のこと。物や家など捨てたのではなくて、失った形。その方々には当てはまらないだろうな・・。ここで苦しんでいる方には傷つく所じゃないのかな。喪失感は非常に辛い。

それでも突き詰めていくと、最後に残るのって、
「自分に何が大切か」という問いなのでしょうか。

「執着」って何かといつも考えています。仏問答か・・

・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・

 旦那さんが「いい天気だよ、散歩でも行けば?」と

 いい天気 って・・・20140223_153113.jpg 旦那よ まさか
             
     
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。