独子育てある一面

予め・・・・ある一例話で、一般論ではありません。


友人夫婦の息子、9歳、この子がとうとう警察に捕まった。
捕まらない捕まらない警察から数人来て、両親に注意をしたそう。

小さい頃から すごいな・・とは思っていたハチャメチャぶりですが
最近、物を盗むことが続き、通報されたらしい。
学校でも近所でも有名な、いわゆる悪がき。でも盗みをしたら犯罪。

これに対して「社会性はともかく、頭がいいんだ、これを書類にされたくない。」
と訴える彼ら。紙社会のドイツは何でもプロトコルされて一生くっつきます。
こんな個人話を例に挙げる私も失礼ですが、日本人が陥りやすい「外国は素晴しい」という妄想を打ち砕く言えないような子育て話は沢山ある。どの国でも同じなんだな・・

時々思います。
「自由」「その子らしさ」を考える親に多い落とし穴は、
「責任無視」「ルールが無い」子育てをしてしまうこと。

あと、
人間ってそれぞれ他人との境界線の感覚が違うんだと思う。

他人にとっては、おおらかでいい人なんだと思うけれど
「自分も許すんだから、相手も・・」と、自分にも他人にも甘い人。
自分や身内に厳しくて、他人に甘い人もいれば、
他人には厳しくて、自分や身内には甘い人もいるし、
世界全てに厳しい人もいる。バランスって難しい。

小学校は、この子の進学にあまり良くない内申書を出しています。ドイツ社会も子供の社会性「協調性があるかどうか、お行儀が良いかどうか」というのは、重視されているというのは今回息子の進学という節目からも、はっきり感じました。良いか悪いか私にはわかりません。ただ表面しか見えていない子供像でもって、うちの子もドイツ育ちなんだから同じように自由奔放に・・で子育てをすると案外そういうのはドイツ人が好んでなかったりする。何でも適応・順応しなきゃと頑張る日本人には注意が必要かもしれない。

 なんて勝手に心配しただけです・・・。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR