スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつについて

エミリーディキンソン (クリックでWikiへ)の詩

わたしは葬式を感じた、頭の中に
わたしは葬式を感じた、頭の中に、
そして会葬者があちこちと
踏み歩き―踏み歩き―とうとう
感覚が破れていくように思えた──
そしてみんなが席につくと、
お祈りが、太鼓のように──
響き―響き続けて―とうとう
わたしの精神は麻痺していくような気がした──
それから彼らが棺を持ち上げ
またもや、あの鉛の靴をはいて
わたしの魂をきしみながら横切るのをが聞こえた、
そして天空が―鳴りはじめた、
まるで空全体が一つの鏡になり、
この世の存在が、一つの耳になったかのように、
そしてわたしと、沈黙は、よそ者の種族となって
そこで、孤立して、打ちくだかれた──
それから理性の板が、割れてしまい、
わたしは落ちた、下へ、下へと──
そして落ちるごとに、別の世界にぶつかり、
そして―それから―知ることを止めた──


これを知ったのが こちらの講演(掘り下げたい方に。)。

自死だけはさけて欲しい。

IMG_0319.jpg
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。