スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を考える医者/3Gaenge Menue(コース料理)笑

Arzt mit Herz und Seele: Ein persoenliches LesebuchArzt mit Herz und Seele: Ein persoenliches Lesebuch
(2012/10/09)
Dietrich Groenemeyer

商品詳細を見る

ブックメッセでこの著者で医師のグリューネマイヤーさんが講演。
ここクリックで音声で聴けます。

「病気」と「健康」の概念、現代病、人生観、ホスピス的な医療を考えたとき、この方が根本にしたのは、「魂を元気にすること」。身体だけを診る様になった現代医療について話しています。「心」が大切。慢性的な心の過負荷が体調を崩す原因になっていることがある。心を元気にするいろいろなトリックを臨床例を挙げながら話している。
古代中国では、医者は患者を診てもお代は戴けず、患者が治ってから報酬を得た、そうです。現代と違って患者に向き合っていた予防医療の世界。
ドイツ語の「セラピー」は、「s.kuemmern um」「気にかけて」世話をする、面倒を見ること。実際に彼個人のモットーは「個人」をみること。その人の生活文化背景をみた治療を心がけているそうです。
病院の受付の問題もテーマに。患者を邪魔者扱いする不親切な対応ではなく、自分たちの言葉を与えるのではなく、患者の言葉を理解しようと努め、エンパシー(共感)を持つことが大切だとここでおっしゃられている。エンパシーとは、瞬間的に目の前の患者を好きになること。

ドイツで医者に行けるのは元気な人だけ。あとは死際に救急車で運ばれるか。なんて皮肉があるほど不親切な対応は普通に私たちも経験するけれど、外国人差別を受けた経験や、言葉の壁で医者に行けない移民のニュースは気になる人(自らが移民)にしか届かない。私は親切な受付のいる信用しているホームドクターがいるので、一概に酷い社会だとは言いたくないけれど、ドイツ人でも良い医者に出会えず困っているお年寄りなどを知り、ドクターを紹介したことがある。お医者さんにばっかり求めるのも酷だけれど、でも社会全体でこう変わって欲しいとはよく思う。医療費などのテーマはもっと難しいものだろうけれど。


  IMG_0538.jpg
   ある古く美しい街へ~ふぁっはべるくすとらーせ・木組みの家街道~


 IMG_0539.jpg
 大聖堂はゴシック建築とロマネスクの様式が合わさっている。3・4種類の石で建てられ、色も違う。


 IMG_0546.jpg
   プロテスタントとカトリック教徒が集まるのでこういう十字の構造。 

    IMG_0556.jpg

   3品コースメニューの看板が・・
                    1しな目  茹でソーセージ
                    2しな目  じゃがサラダ
                    3しな目  辛子
                        
                   4.8ユーロなり(600円ほど)


  
     まぁ うちでいうところの
                    1しな目   おにぎり
                    2しな目   お漬け物
                    3しな目   塩       


            かわいいー

   
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。