スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校検査2

スペインのある学校でも同じような学校評価アンケート実施という情報を戴きました。
コメントをいつもありがとうございます。ヨーロッパに視野を広げると共通項も見えるかも。
「親の不満」というキーワードをありがとうございます。

実際に、私たちも情報の提供や支援や教師とのコミュニケーションに十分満足しているかと問われました。

校長・教師が保護者の話をオープンに聞く姿勢と早急な対応を心がけていれば、問題を最小に留めて、学校全体を健全な状態に保てるんじゃないかと思うのは世界共通なのかな。親の私だって子供の育児の判断や決断って難しいと思うのに、家庭環境・宗教・民族を背負ってくる子供が一つのクラスにいて、価値観の違いを親とコミュニケーションするのは難しいことなんだと思う。

もちろん権威あるものの横暴・教師の犯罪も無くは無いので、子供達を守るというのは大切なことで、学校が点検されることに私は異論はありません。オーデンヴァルトの学校事件なんてこともあるわけだし。最近では特別学校の教師が裁判で訴えられています。体罰かもしれないし冤罪かもしれないという話。特別学校はドイツの教育問題が凝縮されていて行方が気になります。

あとは、我が子を基準に「学校は」と語る、私たち親自身が、今は今、ここはここ、の問題が本当に見えているのか、要求度合いも学校というシステムを考慮した上で発言しているかどうか・・疑問なこともある。私なら日本の教育方法など「例えば・・こういう方法もある」とよく他人に話すけれど、それは学校には要求しない、なるべくここのやり方に沿いながら良い面は感謝し不足分は補う。でもここのやり方を無視する民族の人たちも多い。学校や教師は、どれだけ踏み込めるのか。気の遠くなるような課題もある気がする。少々悲観的・・

ぐだぐだと話がそれてきました。こんな看板が駅の前に
20140618_193916 (1)
  
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。