スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーと言えば・・

「北欧ミステリーがすごい」を1時間に渡って、スウェーデン人の奥様を持つドイツ人男性と、司会者がラジオで話していました。社会問題を背景にしたストーリーが多く、社会批判表現の一つだという話、ふむふむふむ・・・面白い。のっかってつぶやくドイツ暮らし。


IMG_1445.jpg

浅学な私のここで聞く北欧のイメージと言えば思いつくのは、例えば移民問題、教育、福祉、暗い、シャイ、性にオープン、閉鎖的、大きい人、子音の多さ、アルコール依存・・・・ 

ウトヤ島の事件から排外思想などの深い問題が浮き彫りになりました、人種で限定する必要は無いけれど、ドイツ人にとっては「なぁんだあっちもかい」という反応もあったりしたけれども、まだまだ異国で未知なスカンジナビア気質なのだそうです。スカンジナビアと一くくりにも出来ないのでしょうが。


    IMG_0164.jpg

とても閉鎖的な地域だと言うイメージがあるのだけれど、社会問題を声高に訴えられ、解決策をみなで建設的に語れるからこそだいう解説を多く読むかな。ドイツで、いや世界で北欧のミステリーが流行るのは、まだ他国ではぼんやり曖昧になっている恐怖や不安を言語化、映像化しているからなのかな。社会が生み出したひずみをいち早く察知し、推理し捕獲という解決へ向かう表現方法がウケテいるのかな。そこだったか!という風な社会へ対する考え方(批判)の気づき― 欧州人に共通する「智」価値の一つかな。


        IMG_0177.jpg

なのでかな? ドイツのTatort推理犯罪ドラマなんて、サイコ精神の病的な面だけをデフォルメしたものが増えてきた気がします。オドロオドロシイ人間の地味な悪の部分をこっそりと垣間見るような不気味なストーリーが多い。日本人には元々好きな「怪談」パターンだけれど生身人間解決バージョン。違いは「恨みは永遠に」とならずに、最後はおちゃらけた普通のおばさんおじさんが、ボロボロになってぶつくさ言いながら一件落着と終わるんだよね・・・。ダイハード並の逞しさや意志視点はこの辺の人たちの何から来ているのでしょう・・・。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。