スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みすてりぃからたーとぉると

 タイミングよく、旬のテーマにのっかった。
「今回のTatort(犯罪推理刑事ドラマ)はどう?良かったそれとも酷すぎ?」


  IMG_1472.jpg


「タランティーノがシェークスピアに出会ったか・・・」「こんなの観たことが無い・・・」放送中からFacebookやTwitterへの「何コレ・・・」な書き込みが多くて、次の日には新聞に載るまで話題になったドイツの刑事ドラマについて。視聴率は26%もいった。(ワールドカップは90%弱、いったけど・・・)

カジノを集団で襲った組織と警察が銃撃戦になり大量に人が死に最後は解決というストーリーなのだけれど、その演出や表現や劇的語り、音楽、歴史やサイコがごちゃ混ぜ。 エンターテインメントなので、楽しめたらいいんだけれど、ただ今回の演出は 超大作だったのか、知ってる調味料を斬新に足しすぎて不味くなったご飯のよう だったのかと世論が飛び交っている。(・・のを面白がっている私。) 

     IMG_0190_201410112058401b1.jpg

 
私はと言えば 「10倍返しだ」が流行ったドラマを観た時の後味の悪さに似ているかな。やられたらやり返す、武器には武器で。 男性的感性をもつ作品を誰にでも受け入れられるように制作するのは難しいのか・・。
 

     2014aIMG_0309.jpg

  以前「キャプテン・フィリップス」というトム・ハンクスの映画を観ました。
  これは「武装」の意味を真剣に考えるきっかけになりました。

  
キャプテン・フィリップス [DVD]キャプテン・フィリップス [DVD]
(2014/03/21)
トム・ハンクス、バーカッド・アブディ 他

商品詳細を見る


 ( トムハンクスは、役によって七変化する名俳優さんですね。)
  
フィリップ船長は後に「ヒーローは米軍だ、ボクじゃない」と話しています。 この映画で、最後にエリート隊のコマンドーの精巧さ淡白さと、船長のショック状態のコントラストがありますが、トムハンクスの名演技もありでリアルでした、軍をヒーローものに仕上げていないのに、助けられた感が沸き立ちました。
    
男の子を育てていて、あまりにも女性視点の世界観を押し付けまいと気をつけているけれど、なかなか受け付けられない「武装」テーマ。ソマリア沖での海賊行為は普段は猟師の10代の青年達が脅されてやっていることなど、フィリップ船長も何か別の選択肢があるのではと海賊に呟きますが、貧困、教育、思想、武装・・・今すぐの解決にはならない長期の話。身近な話ではドイツ各地でクルド人らによるIS対策要求デモがあります。最前線の人たちを救う手立てが即急に必要な時のためにもう少し真剣に考えなければならないんだなぁ・・・。
独り言にお付き合いくださいましてありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。