スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独・感想文を書く1

息子の5年生クラスでも始まりました読書感想文。

冬休みの宿題。初めはメモ程度の感想文だけれど月1で提出していくそうです。Buchvorstellung「本の紹介」などの準備期間なのでしょうか。Steckbrief zu einem Buch(感想文)でプリントに書き込むし、以下の項目が設けられているので、まだ親切。

  ・Hauptpersonen (mit Erlaeterung)   
   主人公について。人物像、何をしたのか、気持ちの変化を読み取る。
  ・Inhaltangabe
   あらすじ
  ・Angaben zum Autor/in
   作者の・・云わば経歴(どういう背景で書かれたものか。) 
  ・Ein Kapitel, das fuer mich besonders wichtig, spannend oder
     interessant war.Mit Begruendung.
   最も心に残った所、興味・関心・大切な所、その理由も。


ドイツ語では初めてなので、自由に書かせるのもいいかな・・と思ったけれど、読み方・書き方を一応教えることに。日本語ではやってきているんだけれど、ドイツ語のサイトで探してみると同じようなことが載っていた。お国を越えて同じらしい。でも個人的には読み取りは日本の十八番、それを書き出せるのは悪くない。ドイツ十八番の分析解釈はもっと上の学年でやるのだろうし、多分日本人の好む「共感系」じゃ物足りないのだろうし・・。ここでは作者について調べて書くようになっているので、そこはドイツっぽい。

  作者についての生き方を知らなければ、
    作品を語れないよ。


       そうなのかぁ・・・・


 
   DSC_0031a.jpg

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。