スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅ2


前回投稿の続き(又聞き分をまとめてみると)。----

自分とはすでに在るもので、「自分探しの旅」で自分の中身を探しても、そこでえこひいきした自分を見つけるなら、そこに意味はない。それよりは今どこにいるのかさえわかっていない自分の立ち位置を確認したほうがよい。関わりの中に在るのが自分。そこで自分という壁を構築するという話につながる。地図内の自分の現在位置が大切。自分=世界だと思わないこと。世界の中の1点、記号である。実際の世の中で働いてみた場合、自分の能力云々ではなく、関わりが大切なことに気づく。関わることで請負う役割、役割を担うこと、何に責任を持つか、そこに自分がある。仕事は自分の壁の外にあるもので、自分に合うものや自分発信での社会を考えることは日本人には合わないので困る・・・

といった鉄矢さんの解釈でした。

あと、この「自意識」と「死生観」の関係。自分が死んだら・・という発想の違いも分かりやすく話されています。命の大事さを子どもに教えること、(これは親の義務でしょうね)自分の命は自分のものかどうか、そこも考える必要がある。苛められると自分を追い込む日本人と、苛められると他人を攻撃する欧米人の違いなんて話は、「その通りです。」と頷くしかない。


自分のことに置き換えると、ここの暮らしで外界・相手(日本人ではない人たち)が違うと、自分も違ってくるので、欧米暮らしの「自」になるかと思いきや、そうなれない自分に戸惑い、と思いきや、順応し演じている自分に戸惑い、右往左往しているといった感じでしょうか。みんなどのように折り合いをつけているんだろう。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。