スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話すということ2

「外国語を身につけるためのレッスン」(三森ゆりか著)読後感想 続きです。 充実した内容の本なので、こんなところに割愛したものを書くのは恐縮ですが。まぁ・・・だれもそんなとこを期待していないということで、共感したり学ぶところを書き留めておきます。

著者は「中間日本語を身につける」大切さを主張されています。

中間日本語という概念は、中津燎子氏がその著書「再びなんで英語やるの?」に記され≪外国語に移行可能な程度に最小限整理された日本語≫を意味するそうです。命名は東大・国広哲弥言語学教授。
中間日本語の要素は
(構造的に)主語と目的語がはっきり表されていること。
(内容的に)自身の意見表明をすること。(借り物ではない意見)
(「外国語を身につけるためのレッスン」P52より )


母語である日本語話者同士ですら理解できない、相手に意図が伝わらない、曖昧である話し方では、別の言語には置き換えられない。 つまり、外国語学習者はこの点に気をつけよ、ということでしょうか。その技術訓練方法が書かれてあり、とてもためになる。ワークブックも出てあり問題集として楽しく学べる。

日常で、ついつい主語や冠詞抜きで話し、じっくり聞いてくれていたドイツ人の友人が「えっとぉ・・・途中から誰の話になっちゃった?」なんて苦笑いしている。そして自分の意見は未だに「Egal-何でもいいよ」とつい答えてしまい、「なんでもよく無い!!」と突っ込まれる。そんな私は開き直っているので、性質悪い。

でもね・・・ちょっと待てよ、とも思う。確かに曖昧だし、思慮浅く、深入りせずに言葉を音の共鳴のようにやりとりしあう日本語かもしれないけれど、それはやはりスモールトークであって、そんな言語だけで日本人は生きていないことも心に留めておきたい。深い話では思慮深く明晰に主述を明確に話せる日本語もある。反対に、ドイツ語で「Warum?なぜ?なぜ?なぜ?」と聞く割には、相手の発した音だけに依存し、自分で想像したり考えようとしないドイツ語圏の人たちのスモールトークや少し突付けば浅く偏った思考の上の主張もよく経験するし、そしてもちろん思慮深く専門性に富んだドイツ語会話もある。

そんなことは著者は承知だと思うけれど、この本の主旨が、外国語学習をするのであれば翻訳できる中間日本語を心がけると習得が楽ですよ、という内容なんだと、再確認しておきたい。あちらさんの規格と、日本人の規格が違うので、規格外製品に融合させるためにアダプターが必要ですよ、という認識であれば、人種問題にまで被害妄想や連想がいかないのでは、とも思う。著者も何度も優劣比較ではないと書いているけれども、案外難しいので、私も念押しで書いておく。

論理的思考力を鍛えられてきている今時の日本の国語教育をみていると、全般的に教育がそういう流れなのだなと感じる。福嶋先生の「ふくしま式」など思考力を鍛えてくれるものには、必ず「その言葉の奥を考えよう」風な導きがある。今時の子供たちは学ぶことが高度で良い半面、要求されていることも高度で大変なのかもしれない。ーこれはドイツで言われていることですがー。

私たちが子どものときにも「今時の子どもは自分で考えない」とよく言われていました。子どもながらに「なぜ私は考えられないんだろう」とよく考えた(笑)ものでした。≪子どもというものは、朗らかで素直で正当で感受性豊かで立派な発言が、自然に湧き出てくる生きもの≫と思っていた我が母や教師に苦しめられたものでした。我ながら「私って残念な人やなぁ。」と開き直っていました。大学で覚えたのは、教授が欲しい答えを察知する力まででした。意見表明やディベートテクなんて未だに習得していない。

言葉を道具としてうまく扱えるように技術を教わる という科目があってもいいよね、と真剣に考えさせられる一冊でした。

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。