スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっつけくっつけふぁみりえ


初めてドイツで、「パッチワークファミリー(再婚して再婚相手の子どもたちと築く家族)」というのを聞いたとき、あまりにも前向きな、動物的家族観発想に、ほう~そうなってくるのか、と驚いたものでした。よい悪いなんて話ではないのです、周囲にも普通にいるので、「そんなもん」だと寛容な雰囲気もあるし、他人の家族の本来の姿は、戸を閉めると見えないものだし。
 Maccha cookie  IMG_4621.jpg


「パッチワークファミリー」 実は、子育て・青少年育成に焦点をあてるとそんなにうまくいっていない、というのもドイツでは児童青年心療の見解だそうで、我が子でさえ難しい子育てが、「継母は意地悪」「義理父は本来他人の子どもが邪魔」という、童話や神話に出てくるお決まりのストーリー的ストレスが今も続いているという話もあるそうです。最近はそうでもない、という話になっているけれども、DNAはそう簡単に変わるものではなく、動物の本来の習性として難しいということは言われているそうです。それでももちろん、理性や母性父性の愛情できちんと子育てしている人もいる(当たり前だ!)。ただ統計上でいうと「難しい」と一般論になるそう。そんな傷ついた子どもが大人になって「伝統的な家族ビジョン」を持てず(持たなくてもいいけれどまだ世間はそれを求めているし)、それらを苦痛に感じるということも現代の傾向だそうです。そういう流れでいけば結婚制度自体を見直す風潮になってくるのでしょうか。経済的にシングル育児が困らないようなシステムができればいいよね。ドイツも案外保守的だなぁ・・・。


        20110705 BUGA 128

何が言いたいかって・・・。私は私の経験した家族ビジョンから物を言い、それを無意識に道徳や秩序として捉え、それを基準に社会や他人を評価する資格は無いのだけれど、ふとしたときに他人に押し付けているのかもしれない。それが自分の感想やコメントの基準になってしまうのだし。その思考の枠から自由になりたいなぁ、と思ってるけれど、いつまでも自分の育った環境はついてまわるんだなぁとしみじみ思っています。自分の人生は自分らしく歩みたいけれどね。他の価値観を強要されると反発心もむくむくわく。天邪鬼だねえ。

           20110705 BUGA 129


関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。