スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうげきがた


 《他人を攻撃する10の理由》 というドイツの記事を読み・・・・なるへそぉ。
 ドイツ語では、Jemand niedermachen runtermachen とか言う。
 なかなか理解できない、他人を攻撃してくる、見下して威圧してくる態度。
 ≪暮らし難くてたまらないのは、自分が強くないから≫とは言うけれど、しんどい。

トリュフ包みのラビオリ DSC_0457.jpg

Nimm nichts persönlich. Nichts was andere Leute zu dir sagen ist wegen dir, es ist wegen ihnen selbst.
— Miguel Ruiz   
メキシコのどん・みげる・るいすサンの言葉 「相手の言葉を個人的感情にとる必要はありません、あなたのせいではなく、その感情はその人自身の問題です。」

攻撃・見下してくる人にある心理。

1. Minderwertigkeitsgefühl  いわゆる・・・劣等感。
2. Mangelnde Selbstsicherheit  自尊心の欠如
3. So wie mir geschehen, soll es dir ergehen ぼくだけ不幸は嫌だ系
4. Neid   嫉妬
5. Antipathie  敵視
6. Fehlende Empathie  共感力の無さ
7. Die eigenen negativen Gefühle an anderen auslassen  悲観思想の押し付け
8. Jemand ist schuld, nur nicht ich selbst!  お前が悪い系 わたしが正しい
9. Gruppendruck     人間関係・派閥問題
10. Andere kleinmachen bzw. kleinhalten  他人を見下している
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに対抗するには、

1. Ignorieren   無視する
2. Konfrontieren 対決する
3. Abgrenzen   立ち入って欲しくない境界を示し距離を保つ


もう・・・・長くドイツにいる人には、これらは普通~~~~の心理なのだけれど、もちろんドイツ人たちも、こういうのはストレスになるし、どうやってここを切り抜けるか、伝授されなければできなかったりするようですね。(類友です、私の周囲にはこういうドイツ人が集まっている。笑)

ただ、どうしても学ばないのは・・・・攻撃する人。自覚がないもんだから。。
私は攻撃しない、とは誰も言い切れない。100%他人を攻撃しない人はいないと思う。
攻撃の仕方も、人それぞれだから、私自身も相手をなんらかの方法で攻撃しているかも。


いくら人間は文化的になり、優しくなった なんていう現代ですが、この人間関係の摩擦は、本人が自覚していなくても、他人にはストレスになる。でも、お互い、相手の中に「不安や恐怖」があるという想像力、感情の仕組みがわかれば、その相手に優しくなれるのかな。

 小さな声で言うなら・・・・・私はドイツ人化したくないな。 
 
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。