スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンブルグ6

 
外食はトリップアドバイザーで調べました。魚料理人気店で出てきたのがココ。De Visbar
なんとなく周囲の雰囲気に流されて魚介類の大皿(30ユーロ/人はお得)を頼もうかとメニューをにらみながら家族会議。でも広島の牡蠣でさえもひと口試して残りを実母に押し付ける偏食娘と内陸育ちで鮮魚を知らない貝類は無理な子供舌夫です。「無理はしないでおこう。」と。

     20160721_192025.jpg
       前菜用に生サーモンと海老グリル焼きサラダ。ぷにゅっぷにゅの食感。
       これをメイン(増量)としても頼める。


      20160721_193620 a
私と息子は迷わずお寿司と刺身。試してみたかった。こちらは前菜用寿司。13ユーロくらい。

       鰻を中にアボカドと鰻ダレのロールは美味しかった。

       20160721_195300 a
       こちらはメイン用寿司と刺身セット。22ユーロくらいだったかな。

     
    やっぱりお寿司は日本人の板さんのものに限るね~ と3人でコソコソ話す。
    悪くはないんだけれどね。工夫しているところが素晴らしいんだけれどね・・・。
    この値段だし、ちゃんとしたお寿司なのかなと思ったけれど・・・残念。
    欧州あるあるだけれど、どうして本物を再現してくれないんだろうね。
    頼み方を工夫すればよかったのかなぁ。まぁ、この写真だけで満足・満腹 

    人気店らしく大盛況。予約したほうがよさそうです。ドイツ語・英語 通じます。
    
         20160721_190556.jpg
            「肉と魚」 が同時に頼めるアラカルトもあります。
            鯛の1尾グリル焼きは、美味しそうでした。
            お寿司以外のものならよいかも。


       20160721_210247 aa
      Oase Domburg という海岸レストランも 普通に良かった。
      日本とニース以外で久しぶりに、海岸沿いカフェに入り、心が満たされました。
      グルメでない私たちには、おススめとかわからないけれど、牡蠣やムール貝なら
      パーティー皿を鮮魚店(例えばココ:クリック)で頼むと、目もお腹も懐も満足するかも。
      ドンブルグのカフェ・レストランは、どこも清潔で、親切で、値段もそこそこで
      気取らずにバカンスを楽しめるところでした。      

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。