スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究めたバイリンガルは・・・

長らく放ったらかしだったこの本、
今日の午後集中して2ページ読んだ。 ぜーぜー
                
      ・・・・・・・・・・ご・ごくろうさま 

Mehrsprachige Kinder. Ein Ratgeber fuer Eltern und andere BezugspersonenMehrsprachige Kinder. Ein Ratgeber fuer Eltern und andere Bezugspersonen
(2006/11)
Raffaele DeRosa、Claudio Nodari 他



理解する・聞く・読む  ・・・は受容の学び(全く受動ではない)
喋る・書く       ・・・は生産・能動の学び
文法・語彙      ・・・は認識の学び

理解したり、聞いたり、読んだり出来るのに、自分で文章を作って話すことが難しいのは当たり前。ある人が外国語をカタコトでも喋れるならその5倍は受動(読み・聞き)なら理解しているとみて良いそうです。

そしてバイリンガルはこれを2乗するわけなので、うまくいかなくてセミリンガルになるという恐れや精神分裂なんて多くの学者が非難するけれど(母語を脅かす二言語教育は危険性大という意味)、この著者はやり方に気をつければ、実はモノリンガルよりもっと言語を通して認識力が高まり、社会性・認知能力などにおいてとても良い効果があると主張しています。教える人ひとりにつき一言語が気をつける点。

例えば、「山」の一言も言語/言葉=場所(国)=人が違えば匂いや規模・認識や慣習や情景・常識・相手などが全て変わってくるので、それだけの情報がバイリンガルには成長期に得られているというということが、悪いわけはない。それどころか認識の幅が広い分、頭が柔軟になるのでその分学習能力も高くなるだろうというわけ。

(京の友へ、これがリービ英雄さん、多和田葉子さんなどが話されていることなのですね。)

面白い章に辿り着きました。 深いなあバイリンガル教育。

ついつい貼り付け忘れちゃうこのボタン・・・・
私のBlogってここにカテゴライズされてもいいんでしょうか?
自分でもあまりよくわかっていないのですが、バイリンガル育児をしていることには変わりないからいいのかな・・。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ


    
関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。