スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州の多言語教育

20110518 001 紙ナプキンをくっつける工作で
           植木鉢を飾った。(サビエッテンテクニック)

移民の多いヨーロッパではバイリンガル、トリリンガルは珍しいことではないから普通に多言語話者・児童への指導は実践例が多いし、やり方も浸透しているらしい。移民児童の文化融合を勉強している方に教わった家庭で出来るバイリンガル教育、例えばこんな感じ・・・

「この白い円いお皿を食器洗浄器の中に立てて入れてくれる?」
「分厚い教科書が国語で薄くて赤い教科書は算数ね」示しながら。

他にも使えて楽しい例、猫がテラスに座っていると、
「僕は今日も暇を愛するんだよう・・でも誰か遊んでくれないかなぁ・・セミちゃんがいないとつまんないなぁ・・あっ郵便屋さんが来た!隠れなくっちゃ・・あ・でも面倒くさいから寝たふり攻撃だ、グースカピースカ・・・」

「ロロの脱ぎ散らかした洗濯物が床に転がっています、洗濯籠にいつゴールするのでしょうか?ああ~今日も放りっぱなしかぁ~?おっ蹴っ飛ばした、敵(私)の素晴らしい守備でなかなか籠まで到達しません、得点ゼロか?あ~入った、ゴール!!」

とにかく大人は状況や見たもの触ったもの感じたこと(新しい形容詞・語彙・接続詞などを意識して)を喋り続ける。子供に答えを求める前に。インプットがあってのアウトプットということなのかな?話し出すという能動の学びがなかなか出てこないようでも、耳で聞き体験する学習というのをあきらめないでと話されます。

もの足りなく思えるドイツでの外国人児童へのドイツ語指導。(ただ遊んでるようにしか思えないという話をよく聞きます)でもその遊びからが一番、言語を体得しやすいそうです。手や目を動かしながら新しい言葉・言い方を学ぶことがどんなに大切か。(絵本読みの大切さにも通じる) 小さい子には遊びや運動が言語にどんなに大切か、そして大人がそれにどう関わったら良いか、いろいろ考えさせられます。

だからってずーーーっと遊んでる私達はそろそろ学校の言語学習にきりかわらなきゃいけない・・・そこがうちの壁なんですが・・とほほ。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ  バイリンガル育児をされている方々のBlogへ

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。