スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイリンガル家庭の団欒②

面白いテーマを振っていただいたので・・・・

一家団欒は以前書いたように、夫と息子はドイツ語、私と息子は日本語、夫婦間はドイツ語というバイリンガルでもシンプルなパターンです。3人一緒でもこのルールでドイツ語と日本語をごちゃ混ぜに話しています。3人共通の言語はドイツ語にならざるを得ないけれど、少しでも旦那より息子に向った言葉なら日本語になります。

ルールを破ると(例えば私がドイツ語で息子に話しかけると)

夫と息子から「あなたは日本語で」と

すかさずダメだしが飛びます。

3人だから成り立つのかもしれないルール。


息子の友達が来たら、少しややこしいけれど、ルール通りに私と息子の間は日本語にして友達にはもう一度ドイツ語で話します。まだ小さいからかみんな「へ?何言ってるの?」と平気で聞いてきます。サッカーの試合でも私は一人日本語の応援です。「行けー」はみんな覚えてくれました。

大人の場合は多分これには信頼が大切なのかな。レルフィーは私がこういう調子だから覚えた日本語が多いのか、たいていのことは習っても無いのにわかっているようだし、わからないときは「ドイツ語で言って」と訳せと言って来ます。今後もそういう次元で話せるかどうかはわかりませんが・・・。

息子自身が私とはドイツ語では話せないそうです。私のドイツ語が出来ないことがなんと役に立っていることか・・。そしてパパには日本語を話せません。どうも固まってしまいます。(パパにはドイツ語でも固まっているんだけどね)

家族でそれぞれ「家言葉」があるのねとコメントをいただきました。友達の娘さんは「彼女言語」を使っていたと。「家族言語」だと二言語でも方言でも何でもありで、結構わかりあえるものなのかもね。





関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。