スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〇〇思考型言語教育

読みきりました~~~!(最後のページに辿り着いたというだけ・・)


Mehrsprachige Kinder. Ein Ratgeber fuer Eltern und andere BezugspersonenMehrsprachige Kinder. Ein Ratgeber fuer Eltern und andere Bezugspersonen
(2006/11)
Raffaele DeRosa、Claudio Nodari 他



最後の数ページはバイリンガル教育の不安を少し取り除けるような悟りの境地を開けるような内容で大満足の本でした、

何から書いて良いのかわからないけれど、私が一番知りたかったのはバイリンガルの子供の国語力をどう伸ばすのか。それは「論理的思考」が鍵であるということと、混ぜて喋ることや言語干渉(各二言語の言語間での問題)をどうしたら良いのか「無理やりに一言語を喋らせるよりはその子の言語と概念をまず育ててから」という具合で、今の状態がバイリンガルを育てる過程で当然なんだということ、教師と親が連携して子供の状態を理解しながら長丁場で取り組むものだということが書かれてありました。

内容が濃いのでここじゃ説明しきれません、是非この本を読んでみて下さいね。各パターン(現地語・親語・多言語)の説明もあります。
また別の機会に書いてみま~す。



関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。