スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの産後③独医療現場

ドイツで妊婦・出産カテゴリー「ドイツで出産①②」の続き・・・

もうちょっと思い出した病院での体験談。

出生二日目からはロロは私と病室に一緒にいてくださいってことで看護婦が顔だけをドア越しに覗かせる以外はほとんど丸一日放って置かれた、「これじゃ家にいるのと変わらないし、家の方が休まる」と帰宅を申し出た。冷え性の私は産後に体が冷え切ったまま調子も悪かったし。(湯たんぽをお願いできますよ)

ここからがドイツっぽいとこ・・・。

女医に言うと「産科の許可がいるからわからない」と言うし、産婆さんは「小児科医の許可がいるからわからない」と言うし、小児科と看護婦さんは「婦人科の許可がいるのでわからない」と言う。「あっちで聞いて」「そっちで聞いて」とあちこち駆けずり回らされ結局自分の寝床へバタン・・・

当時ドイツ語はさっぱりだったし、そういう(どういう?)ドイツ社会も知らなかった私は途方にくれてただ「どよ~~ん」となったっけ。ドイツで多い自宅出産、こんな経験から「次は自宅で産みたい」という発想に私も納得。出産の危険を考えるとやはり踏みとどまるけれど。

日本の出産産業を知らなければ言う事なしのドイツ出産と産後、出産中や新生児の生死の危険を考えるとドイツの医療は信頼できる。

介するのが「人間」ってところがどうも難しい医療現場。
そりゃ言葉のあやふやな患者を看る方も大変でしょう。
そして言葉の大切さを痛感するのです。


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。