スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日独絵本読みの違い

ドイツの友人や親族に多い、ちょっと気になる、一味違う絵本の読み方を書いてみます。

文章を読みきかせることは日本とは変わりません。朗読はドイツ人の十八番。その他に絵本を使って遊んだり話したりする時間をとっているようです。


例えば、

・絵を見て文章に無いことを沢山親が話します。これは何?これは○○。
・何をしているの?○○をしている。
・どうしてしているの?○○だから。
・生活に基づいて状況説明をよくします。それも細部事細かく。
 例「寒かったのかな、この人はコートを着ているよ」
・これは嫌、これは好き。
・関連の話や体験談。
・絵に沿った他の話を話して聞かせる。

一人の友人(男性)は絵本読みでいつも巨大マペット(リサ)を手にし第三者の声を登場させる。ほとんどがボケ役のリサ。子供に容赦なく突っ込みされてドツかれている。


原因と結果、主体と客体、主体の動作や様子、細かい描写の表現。教訓。


幼少の頃からこうやって「国語」を学ぶのではないのかなと推測しています。親が言葉のシャワーを浴びせ続けている。(誤解しないでね、子供の代わりに意見をすることとは違います)


親子の絵本読みから見える「教える・学ぶ」についての
関係を次回に・・・・続く。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
バイリンガルをされている方たちのBlogへジャンプ

関連記事
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle
太陽が大好き、子供も大好き、のんびり暮らしています。

Nana ナナ

Author:Nana ナナ
「ドイツ永住予定日本人」こんな新種を発見された方、是非ここで遊んでってくださいな♪カテゴリーをご覧下さい。貴方の興味のある事柄が見つかるかも。☆☆☆☆☆☆☆

sidetitleフォトギャラリーsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleご訪問ありがとう!sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleダジャレ図鑑sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ここをポチっとおねがいします!

FC2Blog Ranking

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。